【マイルチャンピオンシップ2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/11/19 広告・おしらせ , , ,

管理人です。

いよいよ今年のマイル王を決する1戦、マイルCSの発走が近づいてきました。今年は安田記念に続いて春秋マイルG1制覇を狙うサトノアラジンやスプリンターズSを制したレッドファルクス、昨年2着惜敗の雪辱を期すイスラボニータなどG1馬5頭が揃う好メンバーが集います。果たして先頭で駆け抜けるのはどの馬か、予想オッズからの注目馬をチェックしておきましょう。

マイルチャンピオンシップ2017予想オッズ人気上位の注目馬

イスラボニータ

今年のマイラーズカップで久々の勝利を手にしたものの、続く安田記念では1番人気に支持されながらも8着という結果に終わり、皐月賞に続いてのG1レース2勝目はお預けとなったイスラボニータ。秋初戦は昨年と同じ富士ステークスを選択して昨年同様に2着という成績から臨むマイルCSということになりますが、一昨年3着、昨年2着ときて今年は待望の1着を獲ることができるのか注目してみたいところではあります。京都コースは(1.1.1.0)と崩れなしに安定して走ってきている舞台だけに条件的にもベストと言え、鞍上は引き続きルメール騎手とくれば期待も高まるところではないでしょうか。

サトノアラジン

前走の天皇賞秋では不良馬場で全く走れずしんがり負けを喫しましたが度外視したい1戦。今年は安田記念で初G1制覇を遂げており、このマイルチャンピオンシップではマイルG1春秋連覇がかかる1戦。マイルCSでは一昨年4着、昨年5着とイスラボニータにはともに先着を許しているももの、堅実に結果を残してきているだけにこの舞台での巻き返しを期したいところ。距離もマイルの方がレースはしやすいはずで力を発揮すればここでも上位争いは十分に可能な1頭であることは間違いのないところでしょう。

サングレーザー

4連勝で一気にスワンステークスを制してマイルCSの有力候補として名乗り出たサングレーザー。伸び盛りの3歳馬がその勢いで一気にタイトルを奪取してもおかしくない位置につけていると言えそうです。ただ、ベストの距離は現状1400mでマイルはやってみないと解らない部分もあり、連勝の舞台はともに時計のかかる舞台であったことを考えると、良馬場で上がりの速い競馬になった際に多少不安も残ります。血統的にディープインパクト産駒ということで良馬場でも十分に決めてを秘めていると見ても良さそうですが、果たしてどうなるか見ものです。

エアスピネル

前走は不良馬場の富士ステークスを制して今年の京都金杯に続いての重賞2勝目を挙げたエアスピネル。悲願のG1制覇へ京都コースは(2.1.1.0)と崩れ知らずのベストとも言える条件。ある程度前につける脚があり、そこから堅実に脚を伸ばす競馬で崩れ知らずの安定感がある反面、勝ち味に遅い部分があるのも確か。マイルチャンピオンシップでも上位を賑わす存在となることは間違いなさそうですが、勝ち切るかどうかは武豊騎手の手腕にかかっているとも言えるのではないでしょうか。

レーヌミノル

今年の桜花賞馬が距離不安も囁かれる中でオークス・秋華賞とクラシック3冠を戦い抜いたのは誉めるべきというか、誤った判断というべきか。明らかに距離が長かったというレース振りだけにマイルの距離で改めて見直してみたいところ。今回は距離短縮だけでなく3歳牝馬で54kgと斤量面での恩恵もあるだけにここは迷わずに桜花賞同様の先行抜け出しの作戦に出てどこまで粘れるかという競馬に徹すれば前残りの可能性も有り得るのではないでしょうか。

ペルシアンナイト

皐月賞2着・ダービー7着のペルシアンナイトは休み明けの富士ステークスから注目を集めましたが5着に終わりここは多少なりとも評価を落としそうなところ。とはいえ不良馬場でも5着と頑張れたと評価すればここは叩いた上積みもあるでしょうし、巻き返しに期待のできる舞台。エリザベス女王杯を制して勢いのあるMデムーロ騎手が選んだのはレッドファルクスではなくこの馬であるということも考えれば、その持っているポテンシャルをまだまだ見限るのは早計と言えるでしょうし、デムーロ人気である程度上位の人気に推されてくる馬となることでしょう。

レッドファルクス

前走スプリンターズSでは連覇を達成したレッドファルクス。1200mに強いスプリンターというイメージもありますが今年は安田記念でも3着と好走しておりマイルG1でも十分に活躍できるのではないかと期待は高まります。ただこれまで京都コースでの実績はなく、長距離輸送とコース適性には不安を残すところであるのも事実。更に今回はMデムーロ騎手からCデムーロ騎手に乗り替わりという点も考慮すると不安点が多くはなってしまいますが、今季3着以下なしという安定感を見せているだけにここも好勝負を演じても全くおかしくない実績馬であると言えるでしょう。
新聞

マイルチャンピオンシップ2017データ分析からの注目馬

マイルチャンピオンシップの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

マイルCS必勝データ①ディープインパクト産駒に注目

ここ5年で3勝とディープインパクト産駒が圧倒的な成績を残しているマイルチャンピオンシップ。しかも5年連続で馬券に絡んできており、馬券に絡んだ15頭中7頭と約半数がディープインパクト産駒という圧倒的な結果を残しているだけに、今年のマイルCSでもディープインパクト産駒には注目しておきたいところではあります。なお、今年エントリーしている馬の中ではディープインパクト産駒はサトノアラジン・サングレーザー・ディサイファの3頭となっています。

マイルCS必勝データ②3歳馬は不振。4.5歳馬を中心に

過去10年をみても3歳馬で馬券に絡んだのは2010年のゴールスキーただ1頭。2014年にはミッキーアイルが1番人気で敗退していたりと全く活躍できていないのがデータからの結論。今年はサングレーザーやペルシアンナイトあたりが人気となってきそうですがこれはデータ的には不安な馬ということになります。馬券の中心は毎年好走馬を輩出している4.5歳馬から狙うのがベターと言えるのではないでしょうか。

マイルCS必勝データ③京都コース実績は必至

過去10年の勝ち馬を見てみると10頭中8頭が京都芝コースで勝ち星があり、残る2頭も重賞で2着という実績を残していたことを考えれば、京都コース実績はマイルチャンピオンシップにおいては必至といえる条件となりそうです。今年の出走メンバーでは京都コースで勝利も重賞連対もないレッドファルクスやペルシアンナイトにとっては気になるデータということになるのではないでしょうか。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山競馬場

★2016オールカマー(G2)★予想オッズはゴールドアクターVSマリアライト!

管理人です。 G1へ向けた前哨戦が次々と開催され盛り上がりを見せていますが、 古馬G1戦線の

記事を読む

札幌競馬場ダート

★2016エルムステークス(G3)★予想オッズ1番人気はモンドクラッセだが…

管理人です。 北海道シリーズの砂の王者決定戦エルムステークス。 層の厚い古馬ダート戦線でタイ

記事を読む

札幌競馬場

☆2016札幌2歳S(G3)☆予想オッズはインヴィクタVSコリエドールの一騎打ち!

管理人です。 2016年札幌競馬の最終週は札幌2歳ステークスが発走となります。 来年のクラシ

記事を読む

S__4595721

【レパードステークス2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 レパードステークスへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されまし

記事を読む

美浦坂路

★2016セントライト記念(G2)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 セントライト記念へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 春

記事を読む