【エリザベス女王杯2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 管理人おしらせ , , ,

管理人です。

今年の最強牝馬を決する時がきました。今週末はエリザベス女王杯が京都競馬場で発走となります。戴冠を狙いエントリーしてきた馬の中にはヴィブロス・ミッキークイーン・クイーンズリング・ディアドラとG1馬4頭が名を連ねてまさに女王を決する1戦にふさわしいメンバーが集います。果たしてこの大混戦を制して今年の女王に輝くのはどの馬なのでしょうか。

エリザベス女王杯2017予想オッズからの注目馬

ヴィブロス

今年のドバイターフで圧巻の勝利を手にしたのは記憶に新しいところではありますが、京都コースでも秋華賞を制しており同馬にとっては相性もいい舞台。久々で帰国初戦となった府中牝馬ステークスではクロコスミアの逃げを捉え切れずに2着という成績でしたが、臨戦過程を考慮すれば前哨戦としては上々の成績。1度使った今回は状態面もかなり上向いてくるはずで、ルメール騎手も騎乗2回目となればこの馬の癖を掴んでいるはず。ここも堅実な末脚を誇る馬だけに確実に上位争いをしてくるのではないかと期待が高まるところです。

ディアドラ

破竹の3連勝で秋華賞を制したディアドラはその勢いでエリザベス女王杯制覇も狙います。秋華賞もその前の紫苑ステークスも後方から末脚を伸ばしての勝利。いずれも力の要る馬場であったことを考えれば良馬場でどうかという疑問もわきますが、桜花賞・オークスでも上がり最速の時計をマークしてきているだけにその末脚は良馬場で瞬発力勝負となった際でも通用と見たいところ。ただ位置取りはかなり後方からとなってしまう馬だけにある程度展開の味方も欲しいところではないでしょうか。今回はルメール騎手から岩田騎手に手綱が戻りますが果たしてうまく末脚を発揮させることができるか注目してみたいところではあります。

スマートレイアー

悲願のG1制覇へこれがまさにラストチャンスといったところ。重賞4勝を誇る実績馬もG1では秋華賞の2着が最高。これまでG1になると不運もあったりと結果が残せずにいましたが、年齢的にもG1挑戦はこれがラスト。得意の京都コースでしっかりと決めることができるのか注目が集まります。前哨戦の京都大賞典で牡馬を負かして上々のスタートを切って臨む1戦は、京都大賞典のように末脚に賭けるのか、それとも先行策をとるのか、その作戦次第でも結果は大きく左右されるといって過言ではないだけにここは武豊騎手の手腕も問われる1戦となることでしょう。

ルージュバック

怪物牝馬と騒がれたきさらぎ賞勝利から2年。未だにG1タイトルは獲れていないものの重賞を4勝してその力のあるところを示しているルージュバックですが、やはり欲しいのはG1タイトル。2年前にきさらぎ賞を制した京都を舞台に初G1制覇に虎視眈々といったところでしょう。3歳時のエリザベス女王杯では休み明けでも4着好走しており、京都コースとの相性も良好。今年はエリザベス女王杯へできるだけ間隔をあけるべくオールカマーから始動しましたがそのオールカマーで牡馬を撃破しての勝利。気性面にも成長が見られる今ならばG1に手が届いてもおかしくないでしょうし、何より名手ムーア騎手がこの馬に騎乗するということならば期待も増すといったところでしょう。

クイーンズリング

昨年は府中牝馬ステークスを制してからエリザベス女王杯を連勝した昨年、今年は連覇を狙って同じローテーションで始動しましたが府中牝馬ステークスは3着。とはいえ苦手の雨馬場でも3着と好走しており元来が叩き良化型のタイプなだけに1度使っての上積みと良馬場ならばまた違った結果が見られるはず。まだまだ見限りは早計の実力馬であると言えるでしょう。出たなりに競馬ができる器用さもあり、どんな流れにも対応できるのが強み。今回は兄デムーロから弟デムーロに手が変わりますが、チャンスは十分にあると言えるのではないでしょうか。

ミッキークイーン

2年前のオークス馬ミッキークイーンが今年もエリザベス女王杯で秋初戦を迎えます。昨年は3着という結果に終わりましたが、その後は有馬記念5着・宝塚記念3着と牡馬の1戦級を相手に互角の戦いをしているならば牝馬限定戦ならばチャンスも十分にあるという見方はできます。マイルくらいの距離が良さそうという声も聞かれますが、京都2200mという条件はヴィクトリアマイルよりもむしろ向いてきそうな感もあり、鉄砲駆けでも昨年3着している実績を考慮すれば休み明けでも警戒すべき1頭であることは間違いのないところでしょう。その末脚で年下の牝馬をなぎ倒すことができるか注目しておきたいところではあります。

リスグラシュー

今年の牝馬三冠は2.5.2着。G1制覇まであと一押しが足りなかったリスグラシューがその悔しさをエリザベス女王杯にぶつけてきます。勝ち切れないとはいえその堅実な末脚は古馬牝馬相手でも十分に通用しそうなものがあり、距離も2200mは何ら問題なさそう。ここは新コンビを組む福永騎手がリスグラシューの新たな一面を見出して激走へ導くかに期待してみたいところです。古馬牝馬との対戦はどうかも少なくとも秋華賞馬ディアドラとの勝負付けはまだ済んでいないと言ってよいでしょう。

クロコスミア

豪華メンバーの集った府中牝馬ステークスを逃げ切って、このエリザベス女王杯で一躍脚光を浴びるようになったクロコスミアですが、好走しているのはいずれも楽にハナに立てて時計のかかる馬場であった際。良馬場での決め手勝負になった際にはそれこそ太刀打ちできる決め手は持ち合わせていないだけに願わくば時計のかかる馬場になってハナに行きたいところ。そういった条件になれば再度の好走は十分に可能な1頭であると言えるのではないでしょうか。

新聞

エリザベス女王杯2017データ分析からの注目馬

エリザベス女王杯の過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

エリザベス女王杯必勝データ①1番人気馬の頭固定は危険

過去10年で1番人気馬は2勝で勝率20%と頼りない数字。ただ馬券圏内率にすると80%を誇っており馬券的には連軸としてならば信頼のおけるところ。このデータから言えるのは頭固定での馬券勝負は危険でも3連単ならばマルチの軸としてならば十分に信頼がおけるというところでしょうか。ただ1番人気馬のマルチとなると買い目が膨らんでトリガミとなる可能性もあるだけに相手選びが難しくなるとも言えそうです。今年1番人気が予想されるヴィブロスは果たして人気に応えることができるのでしょうか。

エリザベス女王杯必勝データ②3.4歳馬中心、高齢になる程不振

過去10年の馬券圏内に突入した30頭を年齢別に整理すると3歳馬11頭、4歳馬13頭、5歳馬4頭、6歳馬2頭という内訳。年齢を重ねるにつれて不振となるデータがあり、狙いは3.4歳馬からということになりそうです。人気になりそうなスマートレイアーにとっては不吉なデータとなり、5歳勢のクイーンズリング・ミッキークイーン・ルージュバックにとっても歓迎すべきデータとは言えないのではないでしょうか。

エリザベス女王杯必勝データ③ディープインパクト産駒が5年連続好走

京都コースといえばディープインパクト産駒との相性が抜群ですが、エリザベス女王杯においてもただいま5年連続でディープインパクト産駒は馬券に絡んできており。今年も注目の存在となりそうです。ただ勝ち馬となるとラキシスのみであり、ディープインパクト産駒はあくまでも相手候補という判断をしてもいいかもしれません。他に好走している種馬場となるとマンハッタンカフェ・キングカメハメハ・ハーツクライが挙げられますが、昨年はマンハッタンカフェ産駒の1.2フィニッシュであったことを考えれば、今年もマンハッタンカフェ産駒のルージュバックとクイーンズリングには注目しておきたいところではあります。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【浦和競馬】 ☆埼玉新聞栄冠賞(S3)イチオシ勝負馬を徹底分析☆

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

【東京重賞】 アルテミスS(G3)2歳牝馬路線の主役候補はこの馬…!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

【ラジオNIKKEI賞2018予想オッズ人気上位馬徹底分析】

管理人です。 ダービー出走は叶わなかったものの、秋へ向けての飛躍が期待できる素質馬の揃う福島競

記事を読む

東京競馬場4

☆毎日王冠 2016 予想オッズ☆1番人気リアルスティールの信頼度は?

管理人です。 いよいよ今週末から秋の東京競馬が開幕!まずはファン注目のG2毎日王冠。 例年有

記事を読む

浦和競馬1

★2016オーバルスプリント(Jpn3)★浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 9月15日は浦和競馬場で交流重賞オーバルスプリントが発走となります。 今年のJ

記事を読む

S__4595715

【中日新聞杯2017追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 中日新聞杯へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。今年思うよ

記事を読む

阪神競馬場2

★2016セントウルステークス(G2)★予想オッズはビッグアーサーVSダンスディレクター!

管理人です。 いよいよ開幕する秋競馬。夏競馬を経てレースが中央場所に帰ってきます。 その開幕

記事を読む