みやこステークス 2017 予想・馬券フォーカス

公開日: : 重賞展望 ,

地方競馬2

みやこステークス 2017 / 予想・馬券フォーカス

2017/11/5(日)開催 京都11R みやこステークス(G3)
3歳以上オープン 1800m (ダート) 別定戦

1着馬にはチャンピオンズCへの優先出走権が与えられる。

暮れのGIに向けての腕試しであり、下準備でもある。
ここでメドを立てておかないと、大きなことは言えなくなる。

みやこステークス 2017 予想 [展開はどうなる?]

ハナはサルサディオーネ。テイエムジンソク、モンドクラッセが後を追う。
中位までに、エピカリス、アスカノロマン、トップディーヴォ、モルトベーネ、ローズプリンスダムが。
全体に淀みのない流れになり、ペースもソコソコ速い。
それでも、重賞メンバーなら前はなかなか止まらないので、追い込み一辺倒では突っ込み切れない。

みやこステークス 2017 予想 [ここまでの結論!]

◎ 16 テイエムジンソク 5歳

・ 休養明けの5月からが見違える活躍ぶり、3連勝と2着1回。
・ 逃げて良し!差して良し!の安定したレース内容。
・ ここは本番前のひと叩きだが、G3メンバーで無様な競馬はできない。

○ 15 エピカリス 3歳

・ 米国帰りのレパードSで不覚は取ったが、それでも3着なら許容範囲内。
・ それまでの成績を振り返るなら、ここは今一度期待する手が妥当。
・ 54kの斤量で負けていては、GIの舞台には上がれない。

▲ 12 キングズガード 6歳

・ 太目残りのJpn I 南部杯を叩いての臨戦過程。
・ 重賞勝ちがあり、能力的には上位明白。
・ 問題は1800mの距離、過去に2着はあるが、まだ信用は置けない。

△ 01 モルトベーネ 5歳

・ シリウスSは惨敗しているが、東海S 2着、アンタレスS 1着の実績馬。
・ 一変は難しくても、一気に評価を下げるのはどうか?
・ 押さえておいて損はなかろう。

× 05 アスカノロマン 6歳

・ 今年に入っての成績が悪過ぎる。
・ 休養して立て直しを図ったが、今回は手探りの状態。
・ 勝ち負けよりも、内容重視の闘いに。

× 09 シャイニービーム 5歳

・ 夏前にやっと1600万条件を勝ち上がったところ。
・ 今回は休み明けの別定戦と、条件は厳しい。

× 03 タガノヴェリテ 5歳せん馬

・ 休養を挟んで連勝してオープン入り。
・ 京都の1800mは3戦3勝だが、オープン馬相手は楽ではない。

× 06 タガノディグオ 3歳

・ ここ3戦の内容と結果がイマイチ。
・ 斤量は1k増えるので、楽観視は許されない。

× 04 トップディーヴォ 5歳

・ シリウスSの4着は頑張っているが、直線の叩き合いは力負け。
・ 距離が1800mになるのはプラスだが、大きく変われるかとなると??

× 11 ローズプリンスダム 3歳

・ 前走でエピカリスを負かしているが、展開面での助けもあった勝利。
・ 2走前は、タガノディグオに先着されている。
・ 前走の成績に飛びつくのはどうかと思うが…

みやこステークス 2017 馬券フォーカス

16-15、16-12、16-01、15-12、15-01

【徹底攻略】 ※AJCC(G2)絶好調のメイチ勝負馬はこの馬←馬名公開中!

【自信勝負】 ☆東海ステークス(G2)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ミッキークイーン2

ミッキークイーンは宝塚記念を自重!

☆ ミッキークイーンが宝塚記念を自重! オークス馬であり、秋華賞馬でもある、 4

記事を読む

ダービー2

【5/31(日)東京10R日本ダービー(G1)】馬券分析・予想

東京 日本ダービー・馬券分析! 今年はどんなドラマがまっているのだろうか… ドゥラメ

記事を読む

kawata_tuika24_960_720

スワンステークス 2017 データ から傾向を分析!

スワンステークス・データからの傾向! 2017/10/28(土)開催 京都11R スワンステー

記事を読む

阪神競馬場

【2016桜花賞(G1)】1週前出走馬動向をチェック!

4月10日は桜花賞です! 桜花賞 3歳牝馬GI阪神 1600m芝。 爽やかな風が花び

記事を読む

no image

【ホープフルステークス2016】出走馬短評と予想のポイント

日 中山 ホープフルステークス! 2歳 ホープフルS 200m芝 G2 馬齢戦 来年のクラシ

記事を読む