【アルゼンチン共和国杯2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2017/11/08 広告・おしらせ , ,

管理人です。

S__4595715

アルゼンチン共和国杯へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。ジャパンカップ・有馬記念を狙う各馬が集うハンデ戦の1戦は波乱の目も十分にありそうな顔ぶれとなっていますが、中でもダービー2着のスワーヴリチャードと3戦3勝のセダブリランテスの3歳勢の走りに注目が集まりますが、果たして仕上がりはどうなのか、しっかりとチェックしておきましょう。

アルゼンチン共和国杯2017追い切り注目馬

アルバート

美浦南W 52.9 38.5 12.1 一杯 併せ併入
前走オールカマー時と同様のコース4F追いで行われた最終追い切りは時計的には前走と変わらないものではありましたが、終いの伸びに鋭さが増しており、1度使った効果が見込まれる動きとなりました。状態面は上昇中で実績も上位ならば古馬の意地を見せて重賞制覇の可能性も十分といったところでしょうがやはり鍵は58.5kgというハンデになってくるでしょうか。昨年2着時よりも1.5kgも重い斤量を背負う分、終いの切れに影響が出てしまう不安は付き纏うと言えそうです。

カレンミロティック

栗東坂路 52.6 38.4 25.2 12.7 強め
池添騎手が跨った最終追い切りでは坂路で久々の52秒台をマークし、長期休養明けとなった前走時と比較すればかなり動きは素軽くなった印象があります。9歳馬だけに大きな上積みはどうかというところもありますが、京都大賞典時でもその粘りには多少なりとも見所があったことを考えれば、今回更に粘りを増すとなれば抑えは必要な1頭となるかもしれません。天皇賞春・宝塚記念でも2着がある実績馬がハンデ57kg止まりならばこれは狙ってみたくもなるところではないでしょうか。叩いて本領発揮ならば怖い1頭となりそうです。

シホウ

栗東坂路 52.7 39.0 25.7 13.0 一杯 併せ遅れ
併せ馬で遅れるのはいつものことで心配はいらないでしょう。最終追い切りで計時した52.7という時計はシホウにとっては速い時計でありこの馬なりに動けている部類。最終追い切りをコースから坂路へ再度戻しての1戦となりますが、この中間は間隔が詰まっていてもしっかりと負荷をかけた追い切りをかけられており体調面の良さがうかがえるところ。休み明けよりも叩き2戦目に妙味がある馬だけにこれだけ動けているのならばハンデ53kgでの一発に期待してみる手もありと言えるのではないでしょうか。

スワーヴリチャード

栗東CW 80.8 65.3 50.7 37.2 12.0 馬なり 併せ先着
ダービー以来の出走となりますが、10月1日から乗り込みを再開して調整を積み重ねてきており太め感なく仕上がっているだけでなく、1週前・2週前とコースでの追い切りは動きがまさに軽快そのもの。稽古の動きだけ見れば休み明けからでもしっかりと動ける仕上がりにあると見て良さそうです。元々稽古駆けする馬だけにこれくらいの時計が出ても驚けないところはありますが、それにしても相変わらずの終いの伸びは健在で初戦から注目に値する馬であると言えそうです。

セダブリランテス

美浦南W 67.0 52.6 38.6 13.0 G前追う 併せ併入
全体的な動きを見れば合格点を与えたいところではありますが、終いの伸びはやや物足りなさを感じなくもないところ。あえて余裕残しの仕上がりなのかもしれませんが、一頓挫あって回避したセントライト記念時の調整と比較しても物足りなさがあり、ここは慎重に仕上げているという感が非常にします。3戦3勝ということで注目を浴びる存在とはなりますが、一頓挫明けのいきなりから勝負ということではなくまずはここは様子見といった仕上がりにあると言っていいかもしれません。

ソールインパクト

美浦南W 66.9 52.5 38.9 12.9 一杯 併せ先着
使い込まれているだけに大きな上積みはなさそうですが、それでもこの最終追い切りでは久々に4F52秒台をマークしているように状態面は引き続き良好と見て良さそうであり、中間はかなり熱心に乗り込まれているあたり、陣営もここで虎視眈々と賞金加算を狙ってきているかもしれません。ハンデ53kgも魅力ですが、どんな相手でも相手なりに走ってくるタイプであり、これだけ稽古で動けているのではあればここでも堅実な走りを期待できるといったところではないでしょうか。

プレストウィック

美浦南W 70.5 54.1 40.3 13.3 馬なり
今年に入って安定した力を発揮して前走の丹頂ステークスを制した勢いで重賞制覇を狙いたいプレストウィックですが、ここ2週の追い切りがとにかく軽めなのは気になるところ。時計的にも5Fで70秒を要しており、終いまでそこまで加速することない調整はこれまで直前は目一杯追ってレースに臨んできたプレストウィックにとっては今までにない軽さ。このソフト仕上げがどう出るかでしょうが、いかにも不安と言える追い切りとなりました。

レコンダイト

栗東坂路 51.9 38.3 25.2 12.8 馬なり 併せ併入
ここ2戦は目黒記念・京都大賞典と5着好走しているレコンダイトですが、休み明けの京都大賞典を1度使って動きは良化を辿っており、前走時には計時できなかった坂路51秒台をマークし状態面の上積みが期待できるところ。2年間勝ち星から遠ざかってはいますが東京2500mでも好走歴は多く得意とも言えるコース設定だけにこれだけ動けているのならば抑えておくべき1頭と言えるのではないでしょうか。ハンデ55kgは上位馬と比較すれば有利ですし後はこの馬向きの末脚が活きる展開になれば食い込みあっておかしくないでしょう。

新聞

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【徹底攻略】 ※AJCC(G2)絶好調のメイチ勝負馬はこの馬←馬名公開中!

【自信勝負】 ☆東海ステークス(G2)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

トレセン風景

★2016共同通信杯(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 いよいよ今年のクラシック、皐月賞・ダービーへ向けても注目の一戦。 共同通信杯の

記事を読む

S__4595721

【北九州記念2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 北九州記念へ向けての最終追い切りが栗東トレセン・小倉競馬場で実施されました。スプ

記事を読む

東京競馬場4

【アルゼンチン共和国杯2016予想オッズ】シュヴァルグラン中心に混戦模様

管理人です。 今週末は秋のG1戦線も一休み。それでもジャパンカップ・有馬記念へ向けても 注目

記事を読む

大井競馬2

【JBCスプリント2017予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 今年のダート短距離王を決するJBCスプリント。前哨戦の東京盃は地方馬が1.2を決

記事を読む

ダート

【東海ステークス2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 来月のG1フェブラリーステークスへ向けた争いがいよいよ始まります。東海ステークス

記事を読む