【ファンタジーステークス2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2017/11/08 管理人おしらせ , , ,

管理人です。
S__4595717
ファンタジーステークスへ向けての最終追い切りが栗東トレセンで実施されました。今週は変則開催で金曜日にレースが行われることから各馬最終追い切りを日曜に設定するなど工夫を凝らしての調整を進めてきていますが、その中でも注目すべき動きを見せている馬がいるならば馬券予想をする上でも注目しておく必要がありそうです。

ファンタジーステークス2017追い切り注目馬

アマルフィコースト

栗東坂路 56.0 41.6 26.5 12.7 馬なり 併せ先着
直前の追い切りは金曜日にレースということもあり疲れを残さないように全体的にも軽めの調整。それでも1週前には53.9-12.1と終い鋭い動きを軽々とマークしており決め手のあるところを見せており3ヶ月ぶりのレースとなりますが仕上がりは順調といったところでしょう。新馬戦で負かしたスカーレットカラーがアルテミスSで5着まで来ているならばこの馬とて今の2歳オープン級でも十分に戦える素材であると考えられ3連勝での重賞制覇の可能性も十分であると言える仕上がりにあるのではないでしょうか。

アルモニカ

栗東坂路 52.9 38.3 25.2 12.8 一杯
420kg台の小柄な牝馬ながらに前走を使った後も坂路でビシビシと終われて、追われる毎に時計を詰めてきているあたり、まだまだ成長の余地がありそうなところ。最終追い切りでも前走以上のスピード感のある動きを見せており、今回は田辺騎手との新コンビとなりますが、どんな競馬を見せてくれるのか楽しみが増してくる動きであったと言えそうです。

アーデルワイゼ

栗東坂路 52.4 38.7 25.6 12.5 馬なり
もみじステークス2着から中2週の競馬となりますが、中間もしっかりと乗り込まれており休み明けを1度使った上積みも感じられる動き。直前の追い切りでは坂路で軽々と52秒台をマークしているように体調はかなりいいのではないでしょうか。前走は牡馬のダノンスマッシュが強すぎた感もありましたが、今度は牝馬限定戦。同じ舞台を1度経験しているのもアドバンテージとなるでしょうしこの仕上がりならば注目の存在となることでしょう。

コーディエライト

栗東坂路 53.5 39.5 25.7 12.9 強め
新潟2歳ステークス2着以来の出走となりますが速い時計は坂路3本。最終追い切りを日曜日に行う変則調教となっていますが坂路での時計は新潟2歳S時と変わらぬもので出来自体は前走と変わらずといったところでしょうか、間隔が開いている割には攻め本数が少ないなど不安も残りますが、動きだけ見れば前走時の出来を維持というところまでは仕上がっているようにも思われます。

スズカフェラリー

栗東坂路 53.4 38.4 25.0 12.4 強め
前走りんどう賞時には坂路で51秒台を出してその動きからも注目されましたが、結果は直線でモタついての3着。まだまだ若さも残る馬ではありますが、状態自体は引き続き良好といったところ。日曜日に最終追い切りを行いましたが、馬場を考慮すればこの時計は速い方でもあり終いにかけての動きは軽快そのもの。ここは直線真っ直ぐ伸びてくれば楽しみはありそうな状態にはあるだけに注目してみたいところです。

トンボイ

栗東坂路 52.4 39.1 25.4 12.4 強め
火曜日に変則追い切りを行ったトンボイですが、デビュー戦が追い切り本数2本で勝利を手にしていることから今回は坂路4本乗り込んでいるのは好感。動き自体も終いまでしっかりとしており、変わらず稽古では良好な動きを見せています。いかにも小柄なスピード馬という印象ですが、ここもそのスピードを活かすことができれば勝負になってもおかしくない存在であると言えるのではないでしょうか。

ペイシャルアス

栗東坂路 52.9 38.6 25.5 12.7 G前追う
既に5戦を消化しているペイシャルアスですが引き続き坂路で軽快な動き。最終追い切りは日曜日に坂路で終いを伸ばしてしっかりと反応を示しており、1週前には51.8をマークと稽古の動きだけならば文句なし。これまで消化してきたレース経験が活きるような縺れる展開にでもなれば出番があるかもしれません。陣営もデムーロ騎手を配してきているように色気を持っての出走であり激走に警戒が必要な1頭と言えるでしょう。

ベルーガ

栗東芝 68.8 52.8 38.7 12.4 馬なり
3週続けて芝コースで追い切られましたが、動き自体はさほど目立つようなところはなく、最終追い切りは至って軽めの調整。1週前には速い時計を出しましたが併せ馬では遅れており、そこまで無理をせずに調整を進められてきていると言えそうです。それがレースにいってどうかというところでしょうが、新馬戦は圧勝している素質馬だけにどんなレースをしてくれるのか、追い切りの動き自体は目立たずともその素質には注目しておきたいところではあります。

モズスーパーフレア

栗東坂路 50.6 37.3 24.8 12.8 馬なり
前走小倉2歳ステークスでは気の悪いところを見せて直線伸びきれずに7着敗退。それこそ気性面に課題がある馬ではありますが中間の動きは抜群。直前の追い切りも日曜日に坂路で50.6という破格のタイムをマークしておりスピード感満点。1週前にも古馬オープンのレコンダイトと併せて先着を果たしているように稽古の動きだけはまさに文句なし。レースに行っても落ち着いてこれだけの動きを見せれば好走可能と見たいところです。

新聞

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【船橋競馬】 ☆クイーン賞(Jpn3)南関東競馬で週末の資金稼ぎ$したい方へ☆

【阪神G1】 朝日杯FS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595715

【京成杯2017追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 京成杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。皐月賞と同じ舞台

記事を読む

kawata_tuika22_960_720

【ファルコンステークス2017徹底予想】追い切り絶好のこの馬に注目!

管理人です。 毎年波乱続きの傾向にあるファルコンステークス。今年も抜けた存在不在で予想

記事を読む

【京都記念2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 大阪杯へ、春の天皇賞へ、いよいよG1級の各馬がターフへの復帰をはじめます。京都記

記事を読む

S__4595721

【北九州記念2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

北九州記念へ向けた最終追い切りが栗東トレセン・小倉競馬場で実施されました。波乱の可能性もあるハン

記事を読む

free33

【弥生賞2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 いよいよ春のクラシック戦線へ向けての前哨戦も本格化。今週は中山競馬場で皐月賞へ向

記事を読む