【JBCスプリント2017予想】大井競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2017/11/06 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
大井競馬2
今年のダート短距離王を決するJBCスプリント。前哨戦の東京盃は地方馬が1.2を決めて中央馬を退けており混戦ムード漂う中、あのコパノリッキーがスプリントに参戦することが表明されてから一気に脚光を浴びることとなった今年のJBCスプリント。果たしてスピード勝負を制するのはどの馬なのか出走馬をチェックしていきましょう。

JBCスプリント2017注目馬

1枠1番 ニシケンモノノフ

6月の北海道スプリントカップを制してから臨んだ休み明けの前走東京盃は1番人気に支持されましたが、果敢に激しい先行争いに加わって進んで直線は差し馬に差し込まれて3着という結果になりましたが、先行勢では最先着を果たしており前哨戦としてはまずまずの結果とも言えるでしょう。叩き2戦目の上積みが見込まれ、流れ的にも今度は前の組に有利となるような展開になれば前走以上のパフォーマンスを発揮してくれるものと期待できるだけにまだまだ侮れない1頭であることは間違いのないところでしょう。

2枠3番 キタサンミカヅキ

前哨戦の東京盃も力強い末脚で差し切り勝ちを収めてこれで中央から南関東転入後2連勝。余程、大井の馬場が合っているかとも思われますが、今回は注目を浴びる中での大一番JBCスプリントを迎えることとなります。ここでもその鋭い末脚は警戒すべき存在ということになりますが、中央時代の戦績からするとやはり一戦級の馬と対峙すれば力不足は否めないところ。ともなれば展開の味方も多少は必要になってくるでしょうから、いかに今回も東京盃同様に前が競り合って差し馬向きの流れとなるかが鍵となってくるのではないでしょうか。

3枠5番 ノボバカラ

夏は芝の重賞を2戦してともに結果を残せませんでしたが再びダートに戻した前走マイルCS南部杯で逃げの手に出て2着と好走。スムーズな先行策がとれればダートでまだまだやれるところを示した1戦となりましたが迎える今回のJBCスプリントでも同様の楽な競馬ができるかどうか。今回はコーリンベリーをはじめとした強力な先行馬が揃っているだけに前走のような楽な競馬にはならないでしょうが、ハナに行かずとも揉まれず先行の形がとれれば力を発揮できるタイプでもありそういった展開に持ち込めるかどうかといったところになってくるでしょう。

3枠6番 ドリームバレンチノ

差し馬向きの展開になった際には10歳となった今年でも警戒の存在であるドリームバレンチノですが、その差し馬向きの展開となった前走の東京盃では差し脚でキタサンミカヅキに劣って5着まで。このあたりに年齢的な衰えを感じてしまったりもしますが、とはいえ掲示板をしっかりと確保しているあたり、まだまだ消しという判断をするまでにも至らないのも確か。今回も前が競り合う展開で差しが利く展開になってくれば上位を脅かす存在としてマークしておく必要があると言えるでしょう。

4枠8番 スノードラゴン

前走は芝のスプリンターズステークスで末脚を見せつけて4着と好走。芝・ダート問わずにとにかく堅実に末脚を伸ばしてくるタイプでダートでも実績を残しているだけにその末脚には警戒が必要と言えるでしょう。3年前のスプリンターズSを制したG1馬であることも忘れられつつあるスノードラゴンではありますが、9歳となった今でもその末脚は侮ることはできず、初の大井コースさえ克服してしまえば一気の末脚で上位を窺ってくる可能性も十分で注意しておきたいところです。

5枠10番 コパノリッキー

ダート中距離路線の王者として君臨するコパノリッキーがなんとスプリント参戦ということで話題を呼んでいますが、実績・実力的にもここでは上位の存在となることは間違いなし。ただ1200mの流れに対応できるかどうかというところが課題となってくるでしょう。以前と比べてもハナに拘らずとも結果を残してきているだけに、いかに流れに乗って競馬ができるか、そして短距離戦で求められる瞬発力を兼ね備えているかが鍵となってくるでしょうが、持っている性能の違いで突き抜けてくる可能性も十分にあるでしょうが、逆に忙しい流れに対応できずに大敗を喫する可能性もあるでしょう。人気になるだけにその取捨が悩ましい1頭となるのではないでしょうか。

6枠11番 ブルドッグボス

中央から転入後、盛岡のダートグレード競走クラスターカップを制して地方移籍後の初勝利を挙げましたが、その後もオーバルスプリント・東京盃3.2着と結果を残してきているだけにこのJBCスプリントでも注目の存在となるブルドッグボス。先行して崩れない脚は安定感も出てきており、ここでも勝ちきるまではどうかも堅実な競馬が期待できるところでしょう。鞍上に内田博騎手を迎えて陣営も勝負に出てきているだけに、注目すべき1頭であると言えそうです。

6枠12番 コーリンベリー

休み明けとなった東京盃では果敢に先行していって自分の競馬に徹したものの、トウケイタイガーやシゲルカガとの激しい先行争いもあって最後は失速。6着という結果に終わりましたが休み明けであったことを考えればハイペースでいっての失速は致し方ないところかもしれません。2年前の大井でのJBCスプリントを制している馬で大井1200mとの相性もいい馬。ハナに拘らずともスムーズに先行できれば力を発揮できる馬だけに今回の外目の枠も歓迎といったところ。後は叩いた上積みで粘りが増してくればここでも注意すべき1頭であることは間違いないでしょう。

8枠15番 ネロ

昨年の芝の重賞京阪杯を制した後は今年に入って惨敗続きのネロがダートに矛先を変えてきました。そのスピードには警戒が必要でしょうが、唯一のダート戦となった3年前の1戦でも大敗を喫しているだけにここでも大きな期待はどうかといったところ。外枠から砂を被らずにハナに行ければという一縷の希望はあるにはありそうですが、ダートならば他にも速い馬はいるだけにここは大きな期待をかけるには酷という舞台になるのではないでしょうか。

 

地方競馬2

JBCスプリント2017/大井競馬イベント情報

当日は元JRA騎手で競馬評論家の佐藤哲三さんと、南関東ガールズのメンバーの古崎瞳さんによるJBC3競走予想ステージを実施したり、豪華賞品の当たるJBC大抽選会を実施したりとイベント盛りだくさんの大井競馬場。他にもプレゼントイベントやグルメイベントなど様々なイベントもあるみたいなので要チェックです!レースにイベントにこれは楽しめること間違いなし!

大井競馬場といえば、新スタンドも完成してイルミネーションも綺麗、更には随時イベントが実施されておりレジャースポットとしても注目を集めているだけに家族揃って楽しめる競馬場としてもはや定着しつつあります。お近くにお住まいの方、お近くでお仕事されている方は是非、大井競馬場へ脚を運んでみてはいかがでしょうか?

そして大井競馬でバンバン的中を手にしてしまいましょう!

【徹底攻略】 ※AJCC(G2)絶好調のメイチ勝負馬はこの馬←馬名公開中!

【自信勝負】 ☆東海ステークス(G2)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

競馬1

【ラジオNIKKEI賞2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 早くも目指すは秋の菊花賞。この夏に実績を残して秋の飛躍を狙う素質溢れる3

記事を読む

調教スタンド

★2016桜花賞(G1)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 2016年のクラシック開幕を告げる桜花賞の最終追いきりが美浦・栗東トレセンで

記事を読む

朝日杯FS2016

【緊急速報】朝日杯FS2016ミスエルテ極秘情報を暴露!

管理人です。   朝日杯フューチュリティステークスの出走馬が決まり、いよいよ馬

記事を読む

新聞

【安田記念2017枠順・馬場・陣営コメント】予想に役立つ直前情報

管理人です。 馬券的中に直結。安田記念の枠順から有利な馬、不利な馬は?また当日の馬場状

記事を読む

栗東トレセン

★2016神戸新聞杯(G2)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 神戸新聞杯へ向けての最終追い切りが栗東・美浦トレセンで実施されました。 1番人

記事を読む