【天皇賞秋2017重馬場予想】雨の不良馬場で笑う馬、泣く馬

公開日: : 最終更新日:2017/11/17 管理人おしらせ , , , ,

管理人です。

S__4595716

天皇賞秋当日の東京競馬場の天候は「雨」先週に続いて土曜日から降雨が続く予定で良馬場は望めず、重馬場か不良馬場が濃厚の馬場となりそうです。2週に渡って雨馬場で開催されているだけに芝コースのダメージは相当なもの。引き続き重馬場巧者の台頭が予想されるだけに天皇賞秋出走メンバーの重馬場巧拙をしっかりと分析しておきましょう。

天皇賞秋2017重馬場で狙いの注目馬

荒れた馬場歓迎。血統的に注目の存在に

まず重馬場で注目を浴びるのはサトノクラウンでしょう。今年は荒れた馬場の京都記念・宝塚記念を制しており、稍重で3勝、重馬場で1勝と全7勝のうち4勝が渋った馬場という雨馬場巧者。時計がかかっての力比べを得意としている馬であり今回の雨はサトノクラウンにとって味方となることは間違いないでしょう。多くのファンもそれは知っていることかと思われますが、先週の荒れた東京馬場で活躍したのがノーザンダンサー系の馬。瞬発力ではサンデーサイレンス系に劣るものの持久力やパワー勝負になった際に台頭する血脈ですが、サトノクラウンはまさにこの系統。自身の実績だけでなく血統面での裏付けもあるならばまさに注目の存在であることは間違いないでしょう。

もう1頭、ノーザンダンサーの系譜の血脈なのがフランケル産駒のソウルスターリング。血統的にはここは魅力的な条件となりそうなのですが、気になるのは桜花賞の稍重馬場で圧倒的な人気を背負いながら敗退した際にルメール騎手が「敗因は馬場に尽きる」とコメントを残している点。本当に渋った馬場がダメなのか、それとも単なる言い訳だったのかは解りませんが、血統的な裏づけがあっても重馬場が苦手な馬である可能性があり、同じノーザンダンサー系の馬ではこの馬は積極的には推せず、あくまでも重馬場で一考という存在となるのではないでしょうか。

最大勢力ディープインパクト産駒の重馬場適性は?

リアルスティール・サトノアラジン・ステファノス・マカヒキ・カデナ・ディサイファと産駒6頭を送り出すディープインパクト産駒。先週の不良馬場の中でも2頭が勝利を挙げているように重馬場を苦としない馬も多く、血統的データ的には荒れた馬場でもこなせるという判断ができますが、この馬の産駒についてはこなせる馬とこなせない馬がはっきりと明暗が分かれており、注目すべきは「母父の血統」にあると言えそうです。母父がスタミナ、パワーに溢れるヨーロッパ血統の場合は好走できますが、スピード・切れ味優先のストームキャットであったりするとこなせないという結果となっています。例えば重・不良馬場で(2.1.1.0)と抜群の重馬場巧者ぶりを示しているディサイファは母父がドバイミレニアムという血統で産駒に重馬場巧者の多いシーキングザゴールドの血脈。血統的な裏付けもあって荒れた馬場で好走していると言えます。他には、母父がドクターデヴィアスというパワータイプの血統であるグレーターロンドンはディープ産駒の中でも重馬場が得意な血統とも言えるだけに注目したいところ。もう1頭挙げるならば母父クロフネのステファノスまで挙げておきたいところです。

逆に重馬場で泣きそうなディープインパクト産駒としては母父ストームキャットのリアルスティールサトノアラジン。母父ストームキャットはディープ産駒の鉄板血統とも言われますが重馬場になるとあまり好成績を残せていないだけに馬場が渋ればこの2頭にとってはマイナスでしょう。更に母父フレンチデピュティのマカヒキカデナにとってもフレンチデピュティ産駒自体が重馬場を得意としていないところを見ると血統的にはマイナス要素となってきそうです。

1番人気キタサンブラックの重馬場での取捨は?

前売りオッズで1番人気に支持されているキタサンブラックの父ブラックタイドはディープインパクトの全兄。ともなれば取捨選択はディープインパクトどうように母父の血脈から判断すると良さそうですが、キタサンブラックの母父はサクラバクシンオー。スピード優先の血統でもあり産駒も重馬場でスピードを殺される傾向にあったことからキタサンブラックは血統的には重馬場はマイナス。実際に過去2度の稍重馬場となった宝塚記念で敗戦を喫しているだけに雨馬場はこの馬にとってはマイナスに働くことはあってもプラスには働かないでしょう。

天皇賞秋2017その他の重馬場での注目馬

忘れてはいけないのが重馬場の鬼、ステイゴールド産駒のレインボーラインでしょう。自身が経験したのは稍重馬場までですが、その2戦は札幌記念3着、宝塚記念5着と堅実に走ってきていることを考えればやはりこの馬は重馬場巧者。今回も他馬が気にするようならば浮上の余地が生まれてきたと言えるでしょう。

後は可もなく不可もなくといった存在がミスプロ系キングカメハメハ産駒のミッキーロケットヤマカツエースサクラアンプルール。更にマンハッタンカフェ産駒のシャケトラあたりは、自身が稍重や重馬場でも好走歴があるように血統的にはプラスもなくマイナスもなくといったところ。先週の東京競馬ではミスプロ系の血統も活躍していたことを考えれば注目の血脈とも言えそうですが、大きくプラスと見る必要はないでしょう。


馬場なんてどうでもいい。なんて馬場を無視して馬券を買うと的中率はガクンと落ちるのが競馬予想というもの。雨が降って馬場が荒れた際は当日の状況も見ながらどういった馬が活躍しているのかしっかりと見極めて馬券を購入していくのがベストと言えるでしょう。

馬場を味方に、今週末の競馬で皆様が多くの的中を手にされますことをお祈りしております!

【浦和競馬】 ☆埼玉新聞栄冠賞(S3)イチオシ勝負馬を徹底分析☆

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

【東京重賞】 アルテミスS(G3)2歳牝馬路線の主役候補はこの馬…!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free33

【アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 今週末の中山競馬場では今年の中長距離路線を占う意味でも注目のアメリカジョッキーク

記事を読む

free10

【安田記念2018予想オッズ人気上位馬徹底分析】

管理人です。 春の東京競馬場G1開催のフィナーレを飾るのはマイル王決定戦の安田記念。ス

記事を読む

free33

【きさらぎ賞2017予想オッズ】サトノアーサーの実力は!?

管理人です。 今週末の京都競馬場のメインはきさらぎ賞。昨年はサトノダイヤモンドがこのレ

記事を読む

free33

【日経賞2017予想 オッズ 注目馬】ゴールドアクター復権へ!

管理人です。 天皇賞(春)へ向けて重要な1戦となる日経賞が中山競馬場で発走となります。

記事を読む

free33

【弥生賞2017予想 オッズ 注目馬】カデナVSグローブシアター!

管理人です。 皐月賞へ向けた前哨戦、弥生賞が今週末中山競馬場で発走となります。3着までに優先出

記事を読む