【アルテミスステークス2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2017/11/01 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
S__4595722_2
アルテミスステークスへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。まだまだ戦績の浅い馬同士の対戦となるだけに前走から一変してくる可能性のある馬もいるだけに、その追い切りの動きは各馬しっかりとチェックをして狙いを定めていく必要がありそうです。

アルテミスステークス2017追い切り注目馬

ウラヌスチャーム

美浦南W 84.4 68.4 52.7 38.4 12.5 馬なり
8月の新馬戦以来の競馬となりますが、10月の初旬から乗り込みを再開して1週前・2週前にはしっかりと負荷をかけて乗られて、最終追い切りでもコースでラスト4Fから加速すると非常にスムーズな動きを見せており仕上がりは上々。デビュー戦では新潟で上がり32.0という驚異的な末脚を見せて快勝しましたが今回も持ち前の末脚を発揮できる状態にあると見てよさそうです。

グランドピルエット

美浦南W 66.8 51.8 38.0 13.0 馬なり 併せ先着
デビュー戦からコースでの動きは目を引くものがありましたが、そのデビュー戦快勝後もコースで軽快な動きを披露しており、レースを1度経験した上積みも考えれば今回もかなり期待できる状態にあると言えるのではないでしょうか。デビュー戦は余裕の勝利でしたが、パワーもありそうな走りをする馬であり、当日の東京コースが雨になってもこなしてしまうのではないかと期待も高まるところです。

シスターフラッグ

栗東坂路 57.3 40.5 25.7 12.1 馬なり 併せ先着
デビューから2戦は北海道での滞在競馬であっただけに栗東での調整はこれが初。それだけに比較のしようはありませんが最終追い切りでは坂路で輸送も考慮してか終いだけ軽く伸ばす程度の負い切り。それでも併走馬を一気に交わす瞬発力を見せて、1週前にはコースで4F51秒台と好タイムをマークしており仕上がりは良好と言えそう。札幌2歳ステークスでは直線で窮屈になる場面もあり4着に敗れましたが、広い東京コースでの巻き返しに期待が高まる仕上がりであると言えそうです。

スカーレットカラー

栗東CW 52.0 38.3 12.2 馬なり 併せ併入
最終追い切りはコース4Fで馬なり。それでも相変わらず終いの伸びの目立つ馬であり、3ヶ月ぶりのレースとはなりますは、小柄でスッキリと仕上がっている感があり、ここでも瞬発力勝負になればヒケをとらない馬であると評価できそうです。血統的にはパワーも秘めている血筋であり馬場が渋ってもこなしてきそう。欲を言うならばいま少し馬体がボリュームを増してくると良さそうですがこの休養でどこまで変わってきているかにも注目でしょう。

トロワゼトワル

栗東坂路 52.6 38.5 25.0 12.4 馬なり 併せ併入
7月の新馬戦以来の出走となりますが、直前の坂路での追い切りでも馬場を考慮すれば優秀な時計を計時して脚力を見せ付けましたが、圧巻であったのは1週前。コースでスワンSに出走予定のジューヌエコールと併せて先着を果たし、時計もかなり早い時計を計時して目立つ動きを見せており、稽古の動きならば文句なしといったところ。デビュー戦よりもパワフルな動きを見せていることからもこのアルテミスSでどんな競馬をしてくれるのか楽しみになってくるところです。

トーセンブレス

美浦南W 54.2 39.6 12.8 馬なり
レースで騎乗するルメール騎手が騎乗しての最終追い切りはコースで4F追いを実施して終いまでリズミカルに駆けていることは好感。実質的な最終追い切りともいえる1週前の追い切りでは終いに仕掛けられるとしっかりと反応を示して併走馬に先着。その反応は前走デビュー戦よりも切れを増しておりレースを1度使っての上積みが感じられるもの。そのデビュー戦は後方から一気の競馬での勝利とインパクトの強いものでしたが、同様のパフォーマンスを見せることのできる仕上がりにあると判断できそうです。

ラッキーライラック

栗東CW 81.8 66.2 52.5 39.3 12.5 一杯 併せ先着
東京までの輸送を控える中で6Fから目一杯に追われてしっかりと負荷をかけてくるあたり、余程体調がいいということなのでしょうか、その動きも古馬オープンのフェルメッツァを寄せつけない動きを見せておりこれだけ動ければさすが素質馬といったところでしょうか。オルフェーヴル産駒初の重賞制覇へ準備はしっかりと整ったといったところではないでしょうか。

ラテュロス

栗東CW 50.7 37.1 12.0 馬なり
前走の未勝利戦勝利じは坂路のみの調整でしたが、この中間は芝に坂路に最終追い切りはCWコースでと異なるコースで時計を出してきました。そのあたり気がかりではありますが最終追い切りでコースで計時した50.8-12.0という時計は馬場を考慮すればかなり優秀な時計。410kg台の小柄な馬ながら繰り出す末脚はダイナミックと父ディープインパクトに似たタイプでもありそうですが、稽古通りにレースでも動ければその末脚には警戒が必要と言えそうです。

新聞

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【東京G1】 東京優駿 日本ダービー(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

福島競馬場2

★2016福島牝馬ステークス(G3)★パーフェクト予想で高配当的中!

管理人です。 今週はG1開催こそ一休みですが、香港ではQE2が開催され日本からも ラブリーデ

記事を読む

マイルCS南部杯3

【マイルチャンピオンシップ南部杯2016】盛岡競馬を徹底予想!

管理人です。 10月10日(祝)はJRAの3日間開催の最終日というだけではなく、 盛岡競馬で

記事を読む

S__4595724

【フェアリーステークス2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 フェアリーステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む

小倉

【フィリーズレビュー2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 今週の阪神競馬場では桜花賞への切符をめぐる争い、フィリーズレビューが発走となりま

記事を読む

マーキュリーカップ

★2016マーキュリーカップ(Jpn3)★盛岡競馬を徹底予想!

管理人です。 中央競馬開催の土日が終わってもこの3連休は7/18(祝月)海の日に 盛岡競馬場

記事を読む