スワンステークス2017/出走予定馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2017/10/26 重賞展望 , , ,

kawata_tuika21_960_720

スワンステークス/予想のポイント

2017/10/28(土)京都11R スワンステークス
スワンS  3歳以上 オープン  1400m芝  G2 別定戦

1着馬にマイルCSへの優先出走権が与えられる。

次のレースを見据えている馬もいれば、ここを目標の馬もいる。
そのあたりをしっかり見極める必要がある。

スワンステークス/出走予定馬短評

スワンステークス/出走予定馬[カラクレナイ  3歳牝馬]

・ 3連勝があり、桜花賞は4着の実績を持っている。
・ 1400mは4戦して3勝、良馬場なら終い切れる。
・ 前がガリガリやってくれれば、上位争い。

スワンステークス/出走予定馬[キャンベルジュニア  5歳]

・ 1600mダービー卿CTは2着だったが、次の1400m京王杯SCは11着。
・ この馬には1600m以上が合っており、1400mは短い感じが強い。
・ 今回は休養明けでもあり、まずはひと叩きでは?

スワンステークス/出走予定馬[サングレーザー  3歳]

・ 条件戦で3連勝してオープン入り。
・ セールスポイントは強靭な末脚。
・ 1400mは2戦2勝、3歳馬と侮ってはいけない。

スワンステークス/出走予定馬[ジューヌエコール  3歳牝馬]

・ デビューから3連勝、古馬相手の函館SSでも勝利している。
・ 1200m、1400mはメリハリあるレースができる。
・ 挫跖明けだが、G 2 メンバーでどこまでやれるか、興味はある。

 

スワンステークス/出走予定馬[セイウンコウセイ  4歳]

・ 時計がかかった高松宮記念で G I 制覇。
・ しかし、スプリンターズSは時計が速く11着まで。
・ 1400mは4戦して2勝、2着1回の成績だけに、ここは見直す手かも。

スワンステークス/出走予定馬[ダノンメジャー  5歳]

・ 小倉の1800mオープン戦で勝利。
・ 1600m、1800mに重点置いてレースを使っている。
・ 1400mなら掛かる心配はないが、逆にスピード負けするケースも。

スワンステークス/出走予定馬[トーセンデューク  6歳]

・ 5戦前は中京の1400mでレコード勝ちがある。
・ このレースと相性のいい浜中騎手だけに、軽くは扱えない。
・ ただし、追い込み脚質だけに、どうしても展開には左右されてしまう。

スワンステークス/出走予定馬[ヒルノデイバロー  6歳]

・ 2016年1月以降は勝っていないが、1200m、1400mで2着はある。
・ 好走が続かないタイプなので、アテにはしづらい。
・ 少し上がりがかかる流れを希望している。

スワンステークス/出走予定馬[ミスエルテ  3歳牝馬]

・ デビューから連勝したが、その後の3戦は今ひとつ。
・ 休ませて馬体減りした体は戻っているが、ブランクが長い。
・ ファンタジーSで勝利した1400m、少し時計がかかるなら。

スワンステークス/出走予定馬[レッツゴードンキ  5歳牝馬]

・ 高松宮記念も、前走のスプリンターズSも2着は立派。
・ 4走前は1400mで重賞勝ちがある。
・ 馬体さえ維持していれば、力は出せる。

 

【船橋競馬】 ※船橋記念(S3)徹底分析予想はこちらから

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free38

カペラステークス 2017 予想・馬券フォーカス

カペラステークス 2017 / 予想・馬券フォーカス 2017/12/10(日) 中山11R

記事を読む

ロワジャルダン2

【2016東海ステークス(G2)】ロワジャルダンが登場!

1月24日 中京の東海Sにロワジャルダンが登場! 中京の東海SはG2 の1800mダー

記事を読む

kawata_tuika17_960_720

新潟2歳ステークス2017予想/馬券分析

新潟2歳ステークス2017/馬券分析 2017/8/27(日)開催 新潟11R 新潟2歳ステー

記事を読む

マイルCS

【2015マイルCS(G1)】出走馬徹底分析[3]~モーリス他

京都 マイルCS・徹底分析! 3 ※ ダノンシャーク 7歳牡馬 昨年のマイルCSはフ

記事を読む

中山競馬場4

【1/11(月)中山11R フェアリーS(G3)】馬券分析・予想

月 中山 フェアリーS・馬券分析! 2勝馬はクードラパンの1頭だけ、それも前走が大敗し

記事を読む