【スワンステークス2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。

競馬1

マイルCSへ向けても注目のスワンステークスが今週末の京都競馬場で発走となります。昨年このスワンSを制したサトノアラジンは今年に入って安田記念を制しているようにこれからのG1戦線での活躍の見込める実力馬が集ってのレースとなりますが、今年も桜花賞馬レッツゴードンキをはじめ、素質高い3歳馬もエントリーしてきており注目です。

スワンステークス2017予想オッズからの注目馬

レッツゴードンキ

2015年の桜花賞馬レッツゴードンキが5歳になった今年もまだまだ健在。今年は特に高松宮記念、スプリンターズSともに2着と悔しい思いをしてきているだけに、まずはこの舞台での勝利を是が非でも手にしたいところでしょう。逃げ馬から差し馬へモデルチェンジに成功してから成績は安定しつつありますが、京都1400mは今年の京都牝馬ステークスを制している舞台だけにここでの活躍は当然期待したいところ。極端に時計の速い決め手勝負の馬場となった場合はどうかという不安はありますが、先週が不良馬場の中レースが行われているだけに馬場は痛んでおり、良馬場でもある程度時計がかかりそうな馬場となりそうなのは歓迎と言えるのではないでしょうか。実績的にも1番人気に推されてくること間違いなしの存在でしょう。

ジューヌエコール

今年の函館スプリントSを3歳馬ながらに勝利したジューヌエコール。50kgという軽量であったのも勝因の一つでしょうが今回のスワンステークスでも52kgで出走できるのは有利であり、京都コースはデイリー杯2歳Sを制している相性のいいコースでもあることから、休み明けの仕上がりがどうかという部分はありますが、いきなりから好走を期待してみたいところではあります。単純なスピード馬ではないのは確かでこれまでも1400mやマイルでも結果を残してきているだけでなく、1200mでも脚を溜めて末脚を伸ばす競馬ができているだけに1200mよりもむしろこれ位の距離の方が得意なのではないかと言えそうなだけにその走りっぷりには今後の期待を込めて注目しておきたいところではあります。予想オッズからも上位人気に支持されることが濃厚でしょう。

セイウンコウセイ

今年は高松宮記念を制して一気にトップホースの仲間入りを果たしたセイウンコウセイですがここ2戦は函館SS、スプリンターズSと結果を残すことができずやや消化不良のレースが続いています。G1馬としての意地を見せたいのは陣営も思うところは同じでしょうが果たして巻き返しなるのかが今回の注目点となるでしょう。1400mという距離は勝ち星もあるように問題ない距離だけにこの距離延長は気にすることはなさそうです。更に言えば京都コースにも実績があるのも心強いところ。とはいえ、京都で勝利を手にしたのは重馬場であり上がりの速い競馬になると対応は困難となりそう。高松宮記念もそうでしたが、この馬にとっては馬場が渋って時計がかかる馬場が理想ということになりそうです。そんな雨乞いさえ叶えば、G1馬による逆襲の目はかなり高くなってくるのではないでしょうか。

ダノンメジャー

重賞実績こそ乏しいものの今年は既にオープン特別を2勝しており5歳にしてようやく本格化の兆しが見えてきているダノンメジャー。これまでマイル以上の距離に挑戦してきましたが、今回がはじめての1400mへの距離となることは不安といえば不安。とはいえ先行力のある馬で正攻法の競馬をしてくる馬だけにスタートを決めて流れに乗れればこの距離でもやれてしまっておかしくないでしょう。何より京都コースは2勝2着2回と連対率100%の非常に相性のいいコース。ともくればスワンステークスにおいてダノンメジャーを消すことはなかなかに難しい判断となることでしょう。

カラクレナイ

今年のNHKマイルカップでは1番人気に支持された程、フィリーズレビュー勝ちに桜花賞4着ならばその実力も十分に備えた馬と評してよいカラクレナイ。休み明けのローズステークスではこれまでとは違い先行策をとりましたが距離も長かったのか14着敗退で陣営は秋華賞を諦めスワンSに照準を定めて調整を進めてきています。これまでの3勝全てが1400mであり今回はベストとも言える条件。3歳牝馬で52kgで出走できるのも魅力でありここでの一気の巻き返しには警戒が必要な1頭であることは間違いないでしょう。

サングレーザー

もう1頭3歳馬で注目しておきたいのがサングレーザーでしょう。ただいま3連勝中で、距離を短縮させてから結果を残してきており、1400mという距離はこの馬にとってはピッタリといった感もあります。鋭い末脚が武器で京都1400mでも勝ち星があるのは強み。多少時計のかかる馬場も苦にしないのはこれまでの走りで証明済みであり極端に馬場が悪くならなければ堅実に末脚を伸ばしてくることが濃厚で、3連勝中の勢いからも警戒が必要な1頭と言えるでしょう。連勝中ということで予想オッズからでもある程度人気しそうな感はありますが、抑えておく価値はあるでしょう。

新聞

スワンステークス2017データ分析からの注目馬

スワンステークスの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

スワンステークス必勝データ【1】1番人気大不振。穴狙いも面白い

過去10年の1番人気馬の成績は2勝2着1回。馬券圏内率が30%では頼りない成績。データからは1番人気に推されそうな馬はあくまでも抑えにまわした方が良さそうです。今年1番人気に推されそうなレッツゴードンキにとっては不吉なデータですが、とはいえ過去10年で5番人気以内の馬が勝っている年が9年と軸馬はあくまでも人気馬から。過度の穴狙いは禁物とも言えそうです。

スワンステークス必勝データ【2】前走安田記念組が近走は活躍

過去4年に限れば馬券に絡んだ12頭中6頭と半数が前走安田記念組。これは注目すべきデータとなりますが、今年のスワンステークスには前走安田記念からの参戦の馬は不在。となればこのデータは使いようもないところとなるだけに、ここは過去10年の馬券圏内馬から、好走比率の高い前走スプリンターズS組とポートアイランドS組が主力というデータを採用したいところではあります。

スワンステークス必勝データ【3】4,5歳馬中心、高齢馬は不振

年齢別の好走馬を見てみると過去10年で3歳馬が3頭、4歳馬12頭、5歳馬10頭、6歳馬4頭、7歳馬1頭と4,5歳が優勢。ただ過去4年だけみれば3歳馬が3勝しているように近年は3歳馬も活躍しているだけに3.4.5歳馬を中心に馬券は組み立てていきたいところ。6歳以上の高齢馬はなかなか狙いにくいというのがデータからの結論となっています。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【必見情報】 状態絶好【中山記念(G2)】今週狙い目の馬はコノ馬です!

【自信勝負】 ☆阪急杯(G3)イチオシ狙い馬はこの馬←これは必見です☆

【中山競馬】 G1馬集結!『中山記念(G2)』の注目予想情報はコチラ

【阪神競馬】 ★阪急杯(G3)波乱を巻き起こすダークホースを徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

習志野きらっとスプリント

★2016習志野きらっとスプリント(S3)★船橋競馬を徹底予想!

管理人です。 スーパースプリントシリーズ2016の最終戦、習志野きらっとスプリントが いよい

記事を読む

小倉

【札幌2歳ステークス2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 札幌2歳ステークスは来年のクラシック戦線を占う意味でも注目の重賞。ここを

記事を読む

札幌競馬場1

★2016札幌記念(G2)★予想オッズ1番人気モーリスを逆転するのは…

管理人です。 いよいよ迎える夏競馬のハイライト、札幌記念が今週末札幌競馬場で発走となります。

記事を読む

栗東トレセン

【天皇賞秋2016追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 天皇賞・秋へ向けての最終追い切りが栗東・美浦トレセンで実施されました。 中距離

記事を読む

ダート

【根岸ステークス2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 根岸ステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。フェブ

記事を読む