【富士ステークス2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2017/10/26 管理人おしらせ , , ,

管理人です。
S__4595715
富士ステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。マイルCSへ向けても注目の1戦となり、今年もイスラボニータやエアスピネルといったトップマイラーの参戦で盛り上がりを見せますが、あくまでも前哨戦の1戦となる中、まずはこの重賞を制するべく絶好の仕上がりを見せている馬がいるならば馬券的には狙ってみたい1頭となること間違いなしです。

富士ステークス2017追い切り注目馬

イスラボニータ

美浦南W 66.1 50.9 37.6 13.2 馬なり 併せ遅れ
9月中旬から乗り込みを再開していつも通りのコースでの調整を進められてきたイスラボニータ。時計的にも最終追い切りでも今年最速となる4F50.9をマークしているように非常に順調な仕上がりを見せていると判断して良さそうである反面、この中間は併せ馬で遅れる場面が続いているあたりは多少気になるところ。勝ち味に遅い馬だけに今回も善戦止まりに終わるのではというのは危惧されるところですが、それよりも何よりも渋った馬場は苦手なタイプであり週末の雨予報が気になるところではあるでしょう。

エアスピネル

栗東坂路 52.5 38.5 25.1 12.2 一杯
ここ2週にわたって坂路で目一杯に追われて好タイムをマーク。札幌記念以来のレースとはなりますが、秋初戦を迎えるにあたっては好仕上がりを見せているといったところ。ただまだまだ良くなる余地は残していそうな動きではありました。とにかく堅実な脚を駆使して大崩れのないタイプではありますが現状ではマイルはベストの距離と言えるだけに前走札幌記念以上の活躍を期待したいところではありますが東京コースとの相性は今ひとつ。そのあたりが今回も善戦止まりで終わるのではないかという気がしないでもありません。

ガリバルディ

栗東芝 68.4 51.0 35.9 12.3 G前追う
馬場状態も考慮してか最終追い切りを2014年12月以来となる芝コースで実施してきたガリバルディ。ただ時計的にはかなりゆったりとしたラップとなっており輸送も考慮してなのか軽めの調整という印象。京成杯AHでは2着と好走しており、休み明けを1度使っているだけに上積みもあるのでしょうが、そこまでインパクトを与えるような追い切りではなかったのも確か。寧ろ、東京コースではあまり好成績を残していない点やこの調整パターンの変更によって前走好走のリズムを再び崩してしまうのではないかという不安はあると言えるのではないでしょうか。

クルーガー

栗東坂路 52.4 38.7 25.2 12.4 一杯
度重なる脚部の不安で今回も春のマイラーズカップ以来半年振りのレースとなるクルーガーですが、1年ぶりとなったその前走マイラーズC時と比較すれば順調度合は今回の方がはるかに上と言えそう。坂路での調整は2週前に自己ベストを更新する51.9をマークして、最終追い切りでもしっかりと負荷をかけられての52.4をマークで終いまでしっかりと伸びてきているあたり、力は出せる仕上がりにあると判断して良さそうですし、初の東京コースということになりますが、一昨年のマイラーズカップで見せたような末脚を発揮できるならば警戒すべき1頭ということになるのではないでしょうか。

グランシルク

美浦南W 66.3 52.2 38.7 13.1 馬なり
長期休養なくコンスタントにレースを使われてきているグランシルクですが今回の最終追い切りについてもここ数戦と変わらない調整パターンで、いつもと変わらない動きを見せているあたり、いつも通りの仕上がりにあると判断して良さそうです。勝ち切れない競馬が続いていましたが前走の京成杯AHで待望の重賞初制覇を遂げており、その勢いで重賞連勝なるかには注目ですが、それを実現できる状態にあると判断してよいでしょう。疲れはまだ感じられず好状態で出走してきそうです。

サトノアレス

美浦南W 69.2 53.4 39.6 12.5 馬なり 併せ併入
函館記念大敗からの巻き返しを狙うサトノアレスですが、最終追い切りはあのソウルスターリングと併せていつも通りのコース追いで終いまでスムーズにスピード感のある走りを見せているだけに状態面は良好と判断できそうですが、注目すべきはこの中間に坂路追いの本数を増やしてきていることでしょうか。藤沢厩舎流の調整ということでそこまで強い負荷はかけられていませんが、それでも入念に乗り込まれてきており、馬体にそこまでの太め感もないことから休み明け初戦から注目の馬であることは間違いなさそうです。

ペルシアンナイト

栗東CW 83.1 66.4 51.2 38.4 11.9 馬なり 併せ併入
ダービー以来の出走となりますが、9月末から十分と言える程の乗り込み量で直前の動きも軽快そのもの。ラスト4Fで計時した51.2という時計は自身のベストタイムでもあり、終いの伸びは相変わらず豪快なストライドを見せており、夏を越して更にパワーアップしたといったところでしょうか。それならば距離を短縮させてベストな距離での挑戦ということであればどこまでやれるのか非常に楽しみになってくる状態にあると言えるのではないでしょうか。

レッドアンシェル

栗東坂路 54.0 39.5 25.7 13.0 馬なり 併せ先着
前走のNHKマイルカップ4着から休養に入り、これが休み明けの初戦となるレッドアンシェルですが、坂路での最終調整は軽めのもの。東京までの輸送を考慮してということになりそうですが、1週前にはしっかりと負荷をかけて好タイムをマークしてきているだけにまずは態勢は整っていると見るべきでしょう。後は古馬との力差がどうかというところでしょうが、同じ3歳馬でもペルシアンナイトやサトノアレスといった実績馬がいるメンバーとなるだけに、状態面の良さはあっても力の差を感じるところではあると言えそうです。

新聞

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【直前情報】 これは買い【神戸新聞杯(G2)】この馬は必ず買ってください。

【徹底攻略】 ※オールカマー(G2)レイデオロを負かすのはこの馬←馬名公開中!

【中山競馬】 オールカマー(G2)レイデオロVSアルアイン再び…←絶賛公開中

【阪神競馬】 『神戸新聞杯(G2)』エポカドーロ・ワグネリアンを負かすならこの馬!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free06

【京都新聞杯2017追い切り予想】ダービーへの最終切符を手にするのはこの馬!

管理人です。 京都新聞杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。ダー

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 いよいよ今年のマイル王を決する1戦、マイルCSの発走が近づいてきました。

記事を読む

地方競馬

【白山大賞典2017予想】金沢競馬を徹底予想!

管理人です。 今週は中央交流重賞が3日連続で開催され、盛り上がりを見せそうな地方競馬。その第一

記事を読む

地方競馬2

【習志野きらっとスプリント2017予想】船橋競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の南関東競馬は火曜日まで船橋・水曜からは大井という変則開催。船橋開催

記事を読む

free10

【中日新聞杯2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 土曜日の中京競馬場では中日新聞杯が発走となります。今年から6年ぶりに12月に開催

記事を読む