【府中牝馬ステークス2017予想】必見の出走馬情報・データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/10/16 広告・おしらせ , , , ,

管理人です。
free10
エリザベス女王杯へ向けても注目の1戦、府中牝馬ステークスが土曜の東京競馬場で発走となります。先週の京都大賞典でスマートレイアーが勝利し、有力候補へ名乗りを挙げましたがこちらもドバイターフを制したヴィブロスやヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードにクイーンズリングとG1馬が揃い踏みで注目の1戦です。

府中牝馬ステークス2017注目出走馬

ヴィブロス

ドバイターフで衝撃的な勝利を手にした4歳牝馬が迎える秋初戦はこの府中牝馬ステークスから。牡馬相手に世界を制した馬が牝馬限定戦ならば負けられないといったところでしょうが、7ヶ月ぶりのレースとなる点がどうかというところになりそうですが、中間しっかりと乗り込まれており走れる態勢は整えている模様。ともなれば初の東京コースがどうかということになりそうですが末脚を武器としているヴィブロスにとっては歓迎のコースとも言えそうなだけに、目標はまだ先であろうが、ここはまず格好をつけたい1戦となるのではないでしょうか。

クイーンズリング

昨年のエリザベス女王杯を制した女王がこの春の2戦、阪神牝馬ステークス・ヴィクトリアマイルはともに雨馬場がたたって力を発揮できずに敗退。馬場に泣いた春の悔しさを秋に晴らしたいところですが、良馬場ならばその実力を侮ることはできないといったところ。府中牝馬ステークスは昨年も制している相性のいい舞台でもあり、ヴィブロスが相手でも決して臆することなく女王の意地を示してくれる可能性は十分にあるでしょう。それこそ当日を良馬場で迎えることができるのならば春の2戦には目を瞑って改めて見直す必要があります。

アドマイヤリード

ヴィクトリアマイルを制してG1馬になってから臨んだ夏のクイーンステークスでは小回り洋芝の札幌コースに苦しみ6着。元々なぜこのレースを使ったかも疑問でしたが条件が全く悪いコースでそれでもこの馬の持ち味の末脚を見せていた点は評価といったところでしょうか。立て直して迎える府中牝馬ステークスということになりますが東京コースは広くて直線も長く、末脚の持ち味が活きる舞台なだけにここでの巻き返しに期待といったところではないでしょうか。とはいえルメール騎手はこの馬ではなくヴィブロスを選択したので今回は戸崎騎手との新コンビ。そのあたりがうまく嵌るかどうかにもかかってきそうです。

クインズミラーグロ

今年に入って牝馬限定の重賞を渡り歩くこと5戦で、3.3.3.2.3着。とにかく勝ち切れない競馬が続いていますがそれでもこれだけ安定した走りを見せているのは評価に値するところ。とはいえ今回はこれまでで一番強力なメンバーが揃う1戦。ここでもここ数戦のように安定した走りを見せることができるかにも注目したいところではありますが、時計が早くなった場合に多少の不安があるのも確か。武豊騎手と再コンビ結成で先行して早めに動きだす競馬でどこまで通用するか注目の1戦となりそうです。

トーセンビクトリー

今年の中山牝馬ステークスで重賞初勝利を遂げたもののその後の2戦はさっぱり。ただ前走クイーンステークスで2着と結果を残し、牝馬同士ならば力上位の存在であることを示したトーセンビクトリー。その血統から常に注目を集める存在であることも確かですが、気性的な問題があり以前に騎乗していた武豊騎手も首をかしげる馬。今回も馬に走る気があるのかないのかが大きな鍵となりそうですが、基本的にはレース間隔を開けた場合に好走経歴があるだけに今回はたっぷりと間隔を開けての出走となるだけに好走パターンとなるだけに注目してみたいところではあります。

ワンブレスアウェイ

ここ8戦を見れば4勝2着4回と連対率100%。体質的な弱さから使い詰めることができない馬ですがその素質はオープンでも十分に通用しそうな器。東京コースにも実績十分でオープン入りいきなりからでもどこまでやれるか楽しみなところはあります。先行して息の長い末脚を駆使するタイプなだけに、有力牝馬の末脚をどう封じ込めるかが課題となってきそうですが、胸を借りる立場で気楽にいけると面白いかもしれません。

 

府中牝馬ステークス2017データ分析からの注目馬

府中牝馬ステークスの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

府中牝馬ステークス必勝データ①基本的には間隔を開けた馬の方が有利

過去10年で馬券に絡んだ30頭の出走間隔を見てみると、9月以降に走った馬がこのレースで馬券に絡んだのは僅かに5頭のみ。使い込むよりも間隔をあけて出走してくる馬も方が有利と言えます。9月に1走しているリエノテソーロやアスカビレンにとっては気になるデータとなるのではないでしょうか。逆に言えば休み明けの馬が活躍している重賞とも言えるのではないでしょうか。特に前走が8月の馬が30頭中16頭と最も多く注目してみたいところではあります。

府中牝馬ステークス必勝データ②前走が条件戦の馬は苦戦傾向にあり

過去10年で馬券に絡んだ30頭の前走を見てみると、前走が条件戦であった馬が馬券に絡んだのは実に3頭のみ。この3頭は前走で勝利しているだけに前走条件戦の馬は勝利が絶対条件となりそうですが、夏に力をつけてきた上がり馬でも実績のある馬には敵わないというのがデータ的には言えるところではあります。今年は準オープンを勝ちあがってきている馬が複数いるだけにこれらの馬にとっては気になるデータとなりそうです。

府中牝馬ステークス必勝データ③3年連続でルメールとデムーロの決着か

ここ2年はルメール騎手とデムーロ騎手での決着。2度あることは3度あるということで今年もこの2名の決着になるかもしれません。今年はルメール騎手がヴィブロス、デムーロ騎手がクイーンズリングとともに人気馬に騎乗するだけにその可能性も結構有り得るといったところ。この2頭を軸に馬券を狙ってみるのも面白いかもしれません。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【頂上決戦】 最強馬決定戦!今週の注目『天皇賞秋(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★スワンS(G2)天皇賞秋の軍資金が欲しい人はクリック★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

函館競馬場調教

☆函館スプリントS(G3)追い切り☆予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 函館スプリントステークスへ向けた最終追い切りが函館競馬場で実施されました。 い

記事を読む

地方競馬

【サマーチャンピオン2017予想】佐賀競馬を徹底予想!

管理人です。 お盆の交流重賞3連戦の第2戦目は佐賀競馬場で発走となるサマーチャンピオンです。今

記事を読む

有馬記念1

【緊急速報】有馬記念(G1)『勝ち馬は見えた』アノ関係者が断言!

管理人です。 さあ2015年の有馬記念発走が近づいてきましたが予想はお決まりでしょうか? も

記事を読む

free10

【高松宮記念2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 高松宮記念へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。先週

記事を読む

S__4595722_2

【菊花賞2017重馬場予想】雨の不良馬場で笑う馬、泣く馬

管理人です。 菊花賞当日の天気予報は「雨」土曜日から降り続く予報で当日は重馬場・不良馬場が濃厚

記事を読む