【秋華賞2017予想】必見の出走馬情報・データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/10/12 広告・おしらせ , , ,

管理人です。

牝馬3冠の最終戦、秋華賞が今週末の京都競馬場で発走となります。オークス馬ソウルスターリングは古馬路線へと転じ、女王不在の中行われる今年の秋華賞は残る1つのタイトルを狙って、桜花賞馬レーヌミノルやNHKマイルカップ勝ち馬アエロリットのタイトルホースにリスグラシュー・ラビットラン・ディアドラあたりが挑む構図となっています。

秋華賞2017注目馬

アエロリット

春は桜花賞5着からNHKマイルカップを制しましたが、夏の札幌でのクイーンステークスではヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードを退けての勝利。馬体も大きく増えて成長を感じさせましたが、今一度休養を経て迎える今回の大一番、更にどれだけ成長してくるかは楽しみなところではありますが、課題は初の2000mということになるのでしょうか。右回りの1800mまでは前走で克服していますが、秋華賞の2000mは更に距離が伸びる1戦。鞍上の横山典騎手は「乗り方一つでなんとかなる」とコメントを残していますが果たしてどんな騎乗を見せてくれるのかにも注目しておきたいところです。

レーヌミノル

桜花賞を8番人気という低評価を覆して勝利して2冠を狙ったオークスでは直線で失速。やはり距離不安が囁かれる中で臨んだ秋初戦のローズステークスでも好仕上がりを見せていた中で9着と直線伸びきれずに敗戦を喫し、やはりこの馬にとって距離は1600mくらいまでが限界なのではないかと囁かれつつあります。実際、今回はローズSよりも更に距離が1F伸びるだけに条件は決して楽になるとは言えないところ。ただ、その分他馬からのプレッシャーを受けずに先行できるようなら或いは、という期待がないわけではないでしょうが果たしてどうでしょうか。

ラビットラン

秋華賞へ向けて現れた新星という表現がピッタリとも言えるラビットラン。デビュー以来ダートを使い続けてきましたが2走前に芝を試すと見事な末脚で勝利。そして続くローズステークスでも目をさめる末脚で勝利を手にし一気に秋華賞の有力候補へとのし上がってきました。芝は2戦2勝とまだ底知れぬ魅力がある一方で、追い込み一辺倒の脚質は内回り京都の短い直線で果たして力を発揮することができるのか、そこさえ克服できれば一気のG1制覇まで可能性は十分にあると言えるのではないでしょうか。

リスグラシュー

阪神JFと桜花賞ではソウルスターリングの2着に甘んじ、オークスは流れも向かず5着と春に結果を残すことのできなかったリスグラシューですが、それでも常に堅実な末脚を披露して力のあるところは示してきました。前走のローズステークスとて人気馬の中では唯一3着と結果を残しており安定感はピカイチと言っていいのではないでしょうか。休み明けを1度使って状態も上向いてきており、残る1冠をなんとしても手にすべく陣営も渾身の仕上げで臨んでくる気配があり、これまでの実績からも目の離せない1頭と言っていいでしょう。

ディアドラ

春はクラシック戦線に出走すべくタイトなローテーションでオークスまでたどりつき、そんな中でも末脚を伸ばして4着と好走しました。休養を経て迎えた夏の札幌戦ではマイナス12kgと馬体を減らしてギリギリの馬体ながらに勝利を手にして臨んだ前走の紫苑ステークスは馬体もしっかりと回復させて末脚を伸ばして勝利を手にしました。ローテーション的には春よりもゆったりと予定通り来られているだけに臨戦過程は春とは全く違い、歴戦の経験を糧に大輪の花を咲かせるかどうか注目したいところであります。

ファンディーナ

春のフラワーカップを制した際には怪物級と騒がれ牡馬に混じった皐月賞で1番人気に支持される程でしたが皐月賞でも結果が出ず、立て直したローズステークスでも6着と結果を残すことはできませんでした。とはいえ、500kgを超える大型馬が前走時は太め感のある仕上がり。ここを叩けば良くなると陣営もコメントを残していた通りに状態面はレースを使って上向いてきているだけに、秋華賞では本来の強いファンディーナが戻ってくる可能性もあり警戒が必要と言えるでしょう。それこそ、怪物級の力を示せば圧勝まであっておかしくない筈ですが果たしてどんな走りを見せるのか楽しみといったところではないでしょうか。

モズカッチャン

フローラステークス快勝からオークス2着と春は一気の成長で活躍を見せたモズカッチャンですが、秋初戦のローズステークスは期待されたものの7着に敗退。とはいえ休み明けのせいかテンションが高くレースでも引っ掛かり気の悪さを見せたのが敗因なのは明らか。休み明けの1戦を使ったことによりガス抜きできているならば今回は再度注目の手というのもありでしょう。春がレースを使いつつ良化していっただけに上積みは大きいかもしれません。引き続きデムーロ騎手が手綱をとるのも魅力でありまだまだ軽視禁物な1頭と言ってよいのではないでしょうか。

特注馬:☆☆☆☆☆☆☆☆

この秋華賞で最も注目すべきはこの馬!過去のデータや陣営の意気込み、中間の調整過程から見てもメイチ勝負は歴然で馬券に絡む可能性は極めて高いと言える1頭。先日のスプリンターズSにおいてもこの注目すべき馬に挙げたレッドファルクスがきっちりと勝利して、3連単318.5倍を見事に的中へと導いたのは、ネット上でも話題となりました。

スプリンターズSはうまコラ指数通りに買って3連単300倍余裕でゲットー!

やはりうまコラボの予想は信頼度が高い。9月は的中率78.5%で断然の収支プラス。

うまコラボの指数が頼りになるっていう噂を聞いて使ってみたけどマジ当たる!

秋華賞最大の注目馬とは…

うまコラボ3『金曜競馬CLUB』中村愛のうまコラボより

果たして、その注目馬とはどの馬なのか気になりませんか?なんと独自の指数から導き出される推奨馬情報を毎週無料で公開しているのが、府中競馬正門前の派手な広告や、関東民放のテレビ放映でも話題のうまコラボです。もう名前を聞いたことがある方も多いかもしれませんが、まだ一度もチェックしたことない人、最近全然チェックしていない人も夏競馬ならではの信頼できる指数予想を弾き出しているので是非参考にしてみてくださいね。

秋華賞の注目情報はコチラから

新聞

秋華賞2017データ分析からの注目馬

秋華賞の過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

秋華賞必勝データ【1】前走ローズステークス組優勢も・・・

過去10年の勝ち馬を見てみるとローズS組が7頭、紫苑S組が2頭、クイーンS組が1頭という内訳。基本的にはこれらのレースで連対が好ましく、最低限掲示板には載っておきたいところ。とはいえ、ローズSで秋初戦を迎える強豪が多いだけにこの結果は当然といえば当然といったところでしょうか。今年もローズS上位組を馬券の中心に捉えるのが得策と言えそうですが、別路線の好走馬もしっかりと抑えることがセオリーと言えそうです。

秋華賞必勝データ【2】1番人気の信頼度は低い

1番人気は過去10年で3勝のみ。連対率でも40%止まりとそこまで信頼度が高くないのが秋華賞のデータから言えることとなりますが、1番人気で勝利を収めたのは3冠牝馬のジェンティルドンナとアパパネ。更に2冠牝馬のミッキークイーンのみとなるだけに、1番人気馬が桜花賞かオークスを制しているならば信頼ということになるのではないでしょうか。ともなるとオークス馬ソウルスターリング不在の今回、レーヌミノルの1番人気は考え難く、今年の1番人気馬の連対の可能性は低いと言えるかもしれません。

秋華賞必勝データ【3】差し馬優勢の傾向あり

京都内回りコースで行われる秋華賞ですが、基本データでは直線が短い分、先行馬有利という傾向があるのは確かですが秋華賞は差し馬有利の傾向があります。先行馬が残ることもありますが、基本的には直線が短いという意識からか全体的に早めから競馬が動くことが多いのがその原因と言えるでしょうが、今年も先行有利という先入観を捨てて、差し馬でも届くという意識をもって展開予想をするのが吉と言えるでしょう。

秋華賞の詳しいデータ分析情報はコチラ

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【頂上決戦】 最強馬決定戦!今週の注目『天皇賞秋(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★スワンS(G2)天皇賞秋の軍資金が欲しい人はクリック★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

札幌競馬場

☆2016札幌2歳S(G3)☆予想オッズはインヴィクタVSコリエドールの一騎打ち!

管理人です。 2016年札幌競馬の最終週は札幌2歳ステークスが発走となります。 来年のクラシ

記事を読む

no image

【京成杯2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 京成杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 大物と噂され

記事を読む

新潟競馬場3

★アイビスサマーダッシュ(G3)★予想オッズ人気上位馬に不安あり?

管理人です。 夏を告げる新潟競馬が開幕しますがその開幕週のメインは 新潟名物直線1000mで

記事を読む

競馬新聞1

【安田記念2017イスラボニータを徹底解剖】データ/能力/臨戦過程

管理人です。 安田記念で予想オッズからも1番人気に支持されそうなイスラボニータ。果たし

記事を読む

阪神競馬場2

【チャレンジカップ2016予想オッズ】主役不在の混戦で抜け出す馬は?

管理人です。 阪神JF前日の阪神競馬場では来年の大舞台へ向けて中距離馬が集うチャレンジCが

記事を読む