【毎日王冠2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2017/10/12 広告・おしらせ , ,

管理人です。
S__4595721
毎日王冠へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで行われました。秋初戦を迎える有力各馬、マカヒキ・ソウルスターリング・リアルスティール・サトノアラジンのG1馬の仕上がりは当然チェックですが、金星を狙って虎視眈々と調整を進めてきている好調子の馬がいるならば食い込みを警戒してしっかりとピックアップしておきたいところです。

毎日王冠2017追い切り注目馬

アストラエンブレム

美浦南W 52.4 38.5 12.9 馬なり 併せ併入
休み明けであった前走の新潟記念時でもそれなりに仕上がっていただけに、この中間は特に強い負荷をかけることもなく淡々と乗り込まれてきた感。1週前には戸崎騎手を背に芝コースで追い切られましたが、不良馬場を考えればまずまずの時計が出ており、今週の最終追い切りはコース4Fをいつも通りの調教師騎乗で52.4をマーク。新潟記念時と変わらぬ動きを見せており、1度使ったことで時計は変わらずとも馬体は締まった感がありその点は上積みでしょうか。今回は腹をくくって追い込みの作戦をとると公言していますが、力は出し切れる出来にあると判断して良さそうです。

ウインブライト

美浦南W 68.2 51.7 37.2 12.4 馬なり 併せ先着
春はスプリングステークスを制してクラシック戦線の活躍が期待されましたが結局皐月賞は8着、ダービーは15着と結果は残せませんでした。ただ、夏をリフレッシュに充てた今回、1週前にはコース4Fの時計で50.5をマークして自身のベストタイムを更新。最終追い切りでも併走相手に楽々先着する抜群の反応を示しており、休み明けでも仕上がりの良さを感じますし、夏を越しての成長の感じられる動きでありました。相手は明らかに強く胸を借りる立場ではありますがどこまでやれるか注目しておきたいところではある状態にあると見たいところです。

グレーターロンドン

美浦南W 53.4 38.2 12.9 馬なり 併せ併入
この夏は放牧に出ずに厩舎で静養してきて9月上旬から乗り込みを再開し調教を積んできましたが大きなトラブルもなく調整できているのは何より。とはいえ、動きを見ると多少重め感がある感じで春先に見せていた鋭さが見られず物足りない動き。最終追い切りは田辺騎手が騎乗して4F追いで行われましたが、時計的にも動き的にも水準級といった感じで強調点に欠ける動きであったのは確か。陣営からも健康的には問題ないがのんびりしている点がどうかとコメントが出ていますが、果たしてどうでしょうか。

サトノアラジン

栗東CW 83.0 67.7 52.7 38.7 11.6 一杯 併せ先着
折り合いも問題なく、直線に入って川田騎手のGOサインが出ると一気に加速して終いは11.6と鋭い動きを見せたサトノアラジン。休養明けにはなりますが9月頭から乗り込みを重ねて太め感なく仕上がってよりこの反応を見せているならばいきなりからでも力を出せる仕上がりにあると判断して良さそうです。1800mという距離も不安視される中、安田記念を制してG1馬となって迎える秋。無様な競馬は見せられないところでしょうが元々はこの距離でも勝ち星があり折り合いの心配も解消されつつある今ならやれてもいいのではという期待が高まる状態にあると言えそうです。

ソウルスターリング

美浦南W 68.1 52.6 38.5 12.5 馬なり 併せ併入
藤沢厩舎流の強い負荷をかけずに淡々と乗り込む調整方法で8月末に時計を出し始めてからしっかりと乗り込まれてきて最終追い切りでも終いまでしっかりと伸びて併走相手が一杯一杯の中、悠々と併走フィニッシュと圧巻の動きを見せてくれました。1週前にはコース自己ベストとなる5F66.74F50.8という好タイムをマークしており、夏を越してパワーアップしただけでなく仕上がりも良好と判断して良さそうです。古馬との初対戦となるだけに力差がどうかという部分はありますが、斤量面で恵まれることもあるだけにどんな走りを見せてくれるかこれは楽しみになってきたというところでしょう。

マカヒキ

栗東CW 67.9 52.9 38.8 12.5 馬なり
デビュー戦以来のコースでの最終追い切りとなりましたが、馬なりながらに軽快な動きを見せて動きは上々。好仕上がりを見せています。夏の休養でリフレッシュできたのか春よりも活発な動きを見せており、1週前・2週前ともにコースで破格の時計をマーク。昨年のクラシック時に見せていた豪快な動きが戻ってきている感もあり稽古の動きからは強いマカヒキが帰ってくるのではと期待させる動きではありました。新たにコンビを組む内田騎手も1週前に追い切りに跨って感触を掴んで準備は万端といったところではないでしょうか。

ヤングマンパワー

美浦南W 84.9 68.6 53.1 39.6 12.8 G前追う 併せ先着
この中間はこれまでの坂路中心の調整からコース中心の調整に切り替えての調整。しっかりと負荷をかけて乗り込まれておりその動きは上々で調整は順調に進んでいることがうかがえる動きを見せています。昨年に重賞連勝で一気に注目された馬ですが今年は活躍が息を潜めている感があるのも確か。ただこの調整パターン変更で変わってくる可能性もあり、距離延長の不安はあるものの行く馬がいないならばこの馬がハナに行って開幕週の馬場での逃げ残りに警戒しておきたいところではあります。状態面は不安なしであることは間違いなさそうです。

リアルスティール

栗東坂路 51.1 38.0 25.0 12.6 G前追う 併せ先着
1週前の坂路で49.6という猛時計をマークしこれが坂路の自己ベストタイム。直前の追い切りでも前半から軽快なラップを刻むと終いまでしっかりと伸びて併走馬を圧倒する動きを見せており、2月の中山記念以来のレースとはなりますがこれだけ動けているならば態勢は整っていると見て良さそうです。陣営は長期休養明けとなるだけに慎重な姿勢を貫いていますが、強いリアルスティールを見ることができるのではないかと期待の高まる調整内容であったと言えそうです。

ワンアンドオンリー

栗東坂路 56.0 40.5 25.8 12.6 馬なり
2週にわたって横山典騎手が栗東に駆けつけて追い切りに跨りました。そして調整パターンをガラリと変えて坂路のみの調整に変更し刺激を与える策に出てきましたが、動きだけ見るとやや物足りなさを感じる時計。陣営はこの馬なりに順調をアピールしていますが、これまでも調整パターンに変化をもたせたりと陣営は復活に様々な工夫をこらしてきましたが結果が出ていないことを考えると、今回のこの坂路調整への変更も動きを見る限りは大きな刺激にならないのではないかと思われるところではあります。

新聞

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【頂上決戦】 最強馬決定戦!今週の注目『天皇賞秋(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★スワンS(G2)天皇賞秋の軍資金が欲しい人はクリック★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山金杯2016

★2016中山金杯(G3)京都金杯(G3)予想★特注馬情報

管理人です 『 1年の計は金杯にあり 』 とも言われるほど、多くの競馬ファンが2016年の運

記事を読む

栗東トレセン

☆シリウスステークス2016追い切り☆予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 シリウスSへ向けての最終追い切りが栗東トレセンで実施されました。 JBCクラシ

記事を読む

小倉

【小倉記念2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 夏の小倉の注目レースといえば小倉記念。開幕2週目で小倉競馬場は早くも注目

記事を読む

クラウンカップ

★2016クラウンカップ(S3)★川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 中央競馬のクラシック戦線は3強ムードと言われていますが、 今年の南関東のクラシ

記事を読む

ダート

【フェブラリーステークス2017予想オッズ】ダート頂上決戦!

管理人です。 いよいよ2017年初の中央G1レースフェブラリーSを週末に迎えます。アウ

記事を読む