【毎日王冠2017予想】必見の出走馬情報・データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/10/11 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
free10
秋の天皇賞へ向けて注目の重賞『毎日王冠』が開幕を迎える東京競馬場で行われます。毎年豪華メンバーが集う重賞として注目を集めますが、今年もオークス馬ソウルスターリング、ダービー馬マカヒキ、安田記念馬サトノアラジンなどG1馬5頭が集う豪華メンバーで行われます。果たして制するのはどの馬か?出走馬は要チェックです。

毎日王冠2017注目出走馬

ソウルスターリング

3歳牝馬ならば秋華賞へ向かうのが定石ですが、あえて目標を天皇賞(秋)として毎日王冠から始動する今年のオークス馬ソウルスターリング。これまで6戦5勝でG1を2勝という戦績も去ることながらフランケル産駒ということでも注目を集めていますが、夏を越してどれだけ成長しているかも鍵となりそうです。東京コースは2戦2勝と経験済みのコースで53kgという軽量で出走できるのは何よりの魅力。ここを勝って秋の天皇賞の有力候補へ名乗りを挙げるのかどうか、古馬とのそして牡馬との初対戦というのは決して楽な条件ではありませんが、好走への期待は高まります。

サトノアラジン

池江寿調教師がデビュー時からベタ誉め、高評価をしていたサトノアラジンが遂に安田記念でG1制覇を遂げて迎える秋初戦。春の勢いそのままにここでも好走を期待したいところですが、マイル以下の距離に矛先を変えてから結果を残してきただけに1800mという距離がどうかという点は出てくるでしょうが、以前に勝ち鞍もあるコース設定で東京コースとも相性のいい馬。折り合いがついて脚さえ溜まれば安田記念のような鋭い末脚を駆使しての好走を期待してみる手は十分にあると言えるでしょう。

マカヒキ

昨年のダービー馬が凱旋門賞挑戦から迎えた今年初戦の京都記念・大阪杯は3.4着と人気を裏切る形となってしまった点は残念といえば残念な結果に終わりました。夏を休養に充てて立て直した今回、ダービーを制した舞台で復活なるかに期待したいところですが、3歳時に見せていた強烈な末脚が戻ってくればこのメンバー相手でも直線で一蹴するシーンがあってもおかしくないところ。内田騎手との初コンビとなりますが新たな一面を見出してくる可能性もあるだけに春の成績には目をつむって改めて注目したいところではあります。

リアルスティール

時に気の悪さが災いしての大敗はあるものの、ドバイターフを圧勝したり、昨年の天皇賞秋でも2着と好走したりと力があることは確かなリアルスティール。春は中山記念後に脚元の不安で休養に出ましたが充電十分に迎えるこの秋に復活を期したいところ。コンビを組むデムーロ騎手と臨んだ1週前追い切りでは坂路で49.6という驚愕のタイムを計時しており馬に走る気が満ちている感。この雰囲気でレースを迎えることができれば力は発揮できるものと判断できそうですし、そうなれば並みいるG1馬相手だろうが突き抜けてくる可能性は十分にあると言えるのではないでしょうか。

アストラエンブレム

重賞挑戦はこれまで5度、4.4.4.2.2着とタイトルまであと一押しが足りない競馬が続いているアストラエンブレムですが、この強豪相手に待望の重賞制覇なるかに注目したいところではあります。近走は先行して粘りこむ競馬で安定した成績を残していますが、東京開幕週の馬場は前残りが予想され展開的にも味方してくる可能性はなきにしもあらず。新コンビを組む戸崎騎手がこの馬の新たな一面を見出せるかどうか、母ブラックエンブレムという注目の血統馬がここでG1戦線の有力馬へ名乗りを挙げるかどうかに注目が集まります。

グレーターロンドン

今年の春は東風ステークスを制してから一頓挫もあっていきなりのG1挑戦となった安田記念で見せ場十分の4着。その性能の片鱗を見ることができましたが、夏を休養に充てて迎える秋初戦。その素質は重賞級であることは間違いなさそうで、いよいよ本格化を迎えるならばG1馬相手でも互角に戦えるのではないかという期待が高まります。田辺騎手とのコンビに戻る1戦で結果を求めたいところでしょう。全6勝のうち4勝をあげている東京コースとの相性も抜群なだけにどこまでやれるか注目してみたいところです。

 

毎日王冠2017データ分析からの注目馬

毎日王冠の過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

毎日王冠必勝データ【1】前走エプソムカップ組が活躍も・・・

過去10年の好走馬を見てみると、近年では特に前走エプソムカップ1着馬の活躍が目立ちます。ここ2年はルージュバック・エイシンヒカリと連勝しているだけに注目のレースということになりますが、今年の1着馬ダッシングブレイズは不参加。ともなればその次に活躍が目立つ札幌記念と関屋記念組を狙ってみるのは面白いかもしれません。これに該当するのは前走関屋記念4着のヤングマンパワーただ1頭。データ的には抑えておきたい1頭となりそうです。

毎日王冠必勝データ【2】1番人気の信頼度はまずまず

名だたる実力馬が集う毎日王冠で1番人気は過去10年で4勝2着2回3着1回と信頼度はまずまず。ここ2年は1番人気が連勝しているだけに今年の1番人気が予想されるソウルスターリングも大崩れはなさそうというのがデータからの結論。逆に2番人気馬は過去10年で馬券に絡んだのが2回のみと信頼度が低くなるだけにオッズをみつつ、2番人気馬を思い切って消してみるのも面白いかもしれません。

毎日王冠必勝データ【3】人気薄の激走に注意

少頭数の競馬が多い毎日王冠ですがその中でも2桁人気馬が馬券に絡む激走を見せた年が10年中5回もあるだけに人気薄の馬の激走にも注意が必要といったところ。力のある馬が集う1戦だけに票が回らずに人気薄になっている馬も多く、スポーツ紙や専門紙で印が回っていないとしてもしっかりと各馬をチェックして人気に捉われずに狙いを定める必要があるでしょう。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【状態絶好】 ※ジャパンカップ(G1)で狙うべき絶好調馬の馬名公開!

【必見予想】 京都2歳S(G3)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【最終勝負】 ☆京阪杯(G3)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★京阪杯(G3)ジャパンカップ後のボーナス$レース予想★

【2歳重賞】 注目の重賞【京都2歳S(G3)】今年狙い目の馬はコノ馬です!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

京都競馬場4

【京阪杯2016予想オッズ】ネロをはじめ快速馬が集結!結末は?

管理人です。 ジャパンカップの後、京都の最終レースに組まれているのが京阪杯。 秋の京都競馬の

記事を読む

中山競馬場2

★2016セントライト記念(G2)★予想オッズ1番人気は皐月賞馬ディーマジェスティ!

管理人です。 ダービー馬マカヒキ不在の菊花賞制覇へ名乗りを挙げるのはどの馬か? 今週末、中山

記事を読む

川崎競馬

【5/11(水)報知新聞皐月杯】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 ゴールデンウィークの変則開催からひと段落。南関東競馬は川崎開催 水曜日のメイン

記事を読む

uma_01

【安田記念2017追い切り予想】イスラボニータ・エアスピネルの仕上がりは…

管理人です。 安田記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。今年

記事を読む

2016日本ダービー1

【必見】2016日本ダービー(G1)~予想的中チェックポイント☆

管理人です。 競馬ファンのみならず、日本国民の注目する一大イベント 『日本ダービー』の発走を

記事を読む