【スプリンターズステークス2017予想】出走馬データ分析

管理人です。
free33
いよいよ始まる秋のG1シーズン。幕開けはスピード決戦スプリンターズステークス。今年は昨年の勝ち馬レッドファルクス、今年の高松宮記念勝ち馬セイウンコウセイ、そして昨年の高松宮記念勝ち馬ビッグアーサーも参戦しスプリントG1勝ち馬の揃い踏み。そこへダイアナヘイローをはじめ新たな勢力がぶつかる構図は大激戦が予想されます。今年のスプリント王に輝くのは果たしてどの馬なのでしょうか。

スプリンターズステークス2017注目馬

レッドファルクス

昨年のスプリンターズステークスを制した後は香港に遠征し大敗を喫したもののこの春は高松宮記念・京王杯SC・安田記念と臨んで3.1.3着。G1馬として恥ずかしくない成績を収めているあたり、現状では実績・実力ともにNo1の存在であると言えるでしょう。休み明けにも良績が集るタイプなだけに連覇の可能性は十分にあると言えそうです。近走の安定感を考えれば今回も大崩れはないように思われます。

ビッグアーサー

10ヶ月ぶりのレースとなるあたりは心配されるところですが、昨年の高松宮記念を制してセントウルステークスも強い競馬を見せたあたり、まともに走れば屈指の実力を誇るスプリンターであることは間違いのないところと言えるだけにその仕上がり具合が気になるところではありますが、中間の動きを見るとまだいい頃と比較すると物足りないところではあり最終追い切りの動きに注目といったところではないでしょうか。

セイウンコウセイ

函館スプリントステークスを使って4着という成績に終わった春の王者セイウンコウセイですが、スプリンターズステークスで巻き返しを期したいところ。ただ関東馬ながらにこれが中山コースが初となるだけにまずはコースの克服が鍵となってきそうです。更に言えば叩き良化タイプであるだけに休み明けの1戦がどう出るか。中間の動きからは追う前に良化がうかがえるところではありますが鉄砲駆けしない馬だけに気になるところ。ただ、G1馬となった今、無様なレースは見せられないといったところではないでしょうか。

レッツゴードンキ

2015年の桜花賞馬レッツゴードンキがG1レース2勝目を狙う1戦。短距離に活路を見出して活躍を続ける馬ですが、課題となるのはその気性面でしょうか。まともに走れば牡馬相手でも活躍の可能性は十分にある力はありますが、気の悪さを見せると大敗の可能性まで。いかにスムーズに走れるかが鍵となりそうですが、使いつつ良くなってくるタイプでもあるだけに目標はまだこの先。といった感じでの出走になるのではないでしょうか。

ダイアナヘイロー

夏競馬で破竹の4連勝。北九州記念を制して臨むスプリンターズステークスですがその勢いは当然注目の存在となることでしょう。ただ一戦級のスプリンターとの対戦はこれが初。壁にぶち当たる可能性もありそうで関東圏への長距離輸送も今回が初めて。克服すべき課題が多いのは確かですが、それを夏の上がり馬の勢いで突破することができるのか、武豊騎手の手腕に期待といったところになりそうです。

メラグラーナ

今年のオーシャンステークスを制し、スプリント戦線での活躍が期待されたメラグラーナですが高松宮記念・CBC賞と大敗を喫してしまい期待を裏切る形となってしまいました。立て直してのセントウルステークスでは4着と復調気配が伺える中で迎えるスプリンターズステークスは3戦3勝と抜群の相性を誇る中山1200mが舞台となればここで完全復活、そしてG1タイトル獲得の可能性を十分に秘めていると言える1頭であると言えるでしょう。

ファインニードル

前哨戦のセントウルステークスを制して臨むスプリンターズステークス。それこそ阪神1200mでタイレコードを記録するなどそのスピードは世代トップクラスのものがあると認めるところではあり、中山1200mでも勝ち星があるだけにここでも好タイムでの好走を期待したいところではあります。ただ、気になるといえば鞍上のデムーロ騎手はこの馬でなくレッドファルクスを選んでいる点。そこを新コンビの内田騎手が見事克服しての戴冠なるかは注目すべき点でしょう。

ブリザード

香港から果敢に参戦してきますが、スプリント王国の香港においてG3勝ちはあるものの、これまでのG1実績は4着が1回というもので、これまで参戦してきた香港勢と比較すると実績的にも物足りない印象は否めません。ただ、2走前こそ大敗を喫していますが、とにかく堅実に走ってくるタイプで前走も60kgを背負って2着に来ているだけに休み明けを1度使って臨む1戦。初の海外遠征を克服さえしてくれば圏内に食い込んでくる可能性はゼロではないのではないでしょうか。

新聞

スプリンターズステークス2017データ分析からの注目馬

スプリンターズステークスの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

スプリンターズステークス必勝データ【1】前走セントウルS・キーンランドC組が中心

過去10年の好走馬30頭の前走を見てみると、セントウルS組が12頭、キーンランド組が9頭とこのステップで2/3を占めるところとなっており、馬券の中心は前走このレースの組ということになりそうです。更に言えば基本的にはこれらのレースで好走していることが条件となります。大敗から巻き返したのは

スプリンターズステークス必勝データ【2】低評価馬の好走確率は高い

大波乱という結末は2010年のウルトラファンタジーと2014年のスノードラゴンが2桁人気で勝利で2度あり、それ以外の年でも人気馬が勝利をしても2.3着に人気馬が食い込むという結果が殆どであり、単純に人気通りに収まっている年は皆無。毎年のように1頭は低人気馬が食い込んで好配当を演出しているだけに穴狙いをしてみても面白いG1レースであると言えます。

スプリンターズステークス必勝データ【3】牝馬の活躍に注目

ここ10年の勝ち馬を見てみてもカレンチャン・ストレイトガール・スリープレスナイト・アストンマーチャンと4頭が牝馬であり、牝馬の活躍が目立つG1レースであると言えます。昨年もソルヴェイグが9番人気で3着と好走しているように今年も牝馬の活躍には注目しておく必要があると言えるでしょう。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【中山競馬】 国民的イベント!今週の注目『有馬記念(G1)』の注目予想情報はコチラ

【阪神競馬】 ★阪神カップ(G2)波乱傾向の注目重賞を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

uma_01

【アンタレスステークス2017徹底予想】追い切り絶好のこの馬に注目!

管理人です。 アンタレスステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施され

記事を読む

中山競馬場ダート

【カペラステークス(G3)予想オッズ】得意距離ならコーリンベリーか!?

管理人です。 今週の注目は阪神での阪神ジュべナイルFというファンが多いかもしれませんが

記事を読む

no image

【日経新春杯2017予想オッズ】春の天皇賞へミッキーロケット始動!

管理人です。 京都競馬場では春の天皇賞へ向けた日経新春杯が発走となります。 京都2400mで

記事を読む

京都競馬場4

【スワンステークス2016予想オッズ】混戦を制するのはフィエロかサトノアラジンか?

管理人です。 天皇賞秋を前日に控えた京都競馬場ではマイルCSへ向けても注目のスワンSが発走とな

記事を読む

中京競馬場1

★2016ファルコンS(G3)予想★前売りオッズから見えてくる狙い馬とは?

管理人です。 3日間開催の初日を飾る重賞は中京のファルコンステークス。 NHKマイルカップを

記事を読む