【オールカマー2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2017/09/28 広告・おしらせ , ,

管理人です。
S__4595717
オールカマーへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。3日間開催後の変則日程で追い切り日を水曜にするのか木曜にするのかも陣営の選択に注目したいところではありますが、いずれにせよ絶好の動きを見せている馬は間違いなく狙いとなるだけにステファノスはじめ有力各馬の動きは要チェックでしょう。

オールカマー2017追い切り注目馬

アルバート

美浦南W 52.9 38.0 12.6 G前追う 併せ併入
木曜追いを選択しているアルバートですが、堀厩舎といえば木曜追いが常なだけに変則調整というわけではなくいつも通りの調整といったところ。中間はいつも通りの坂路とコース併用で調整を進められており1週前のコースでの追い切りでは仕掛けられると鋭く反応を示してラスト12.4という時計はこの馬にしてはかなり速い時計が出ているだけに順調に仕上げられていると見てよさそうです。休み明けの鉄砲駆けにも実績がある馬だけにこの仕上がりならば狙いがたってきそうですが、最終追い切りでもいつも通りのコース4F追いで終いはしっかりと反応を示しているだけにこれは期待できそうです

カフジプリンス

栗東坂路 53.4 38.7 24.7 12.1 馬なり 併せ併入
新潟記念から中2週の競馬となるだけに中間強い負荷はかけられていないだけに全体の時計を見れば目立つ時計は出ていませんが、それでも最終追い切りでは終い12.1と鋭く反応を示しており状態面の良さがうかがえる最終追い切りではありました。休み明けこれで3戦目。そろそろ走り頃と言われる頃でもあり、夏の小倉記念・新潟記念と5.3着と堅実に走ってきているあたりここでも力的には謙遜ないところであり、休み明けの馬と比較すれば使ってきているアドバンテージを活かして一発あるかといったところ。それが可能な仕上がりにあると判断していいのではないでしょうか。

ステファノス

栗東芝 82.4 64.0 48.8 35.1 11.6 一杯 併せ併入
ここ2週芝コースで追われたステファノス。自身、芝コースで追い切られるのはキャリア初であり動き自体は休み明けでも軽快なストライドでスピード感十分。前回との比較はし難いものの動きだけ見れば休み明けからしっかりと仕上げてきている感が非常に強い動きを見せています。陣営からは「変化をもたせた」と意識的に調整パターンを変えたことが明言されており、その変化でここ数戦の惜敗続きの競馬から脱却なるかには注目したいところではありますが、少なくとも陣営の意欲は買える追い切り内容であったと言えそうです。

タンタアレグリア

美浦南W 81.8 65.9 51.2 37.3 12.4 G前追う 併せ併入
8ヶ月ぶりのレースとはなりますが8月末から順調に乗り込まれており1週前の坂路での追い切りも51秒台をマークして上々の動きを見せていましたが、最終追い切りでもコースでラスト仕掛けられるとしっかりと反応を示して5F65.9のラスト12.4と好タイムをマーク。騎乗していた蛯名騎手は8割程度の仕上がりとコメントを残していますが、絶好調とはいかないものの、確かに8割か9割かは仕上がっている感のある動きを見せてきました。これだけ動けているのならば休み明けでもしっかりと走ってくることが想定され、期待してよい1頭と言えるのではないでしょうか。

デニムアンドルビー

栗東坂路 52.5 38.0 24.7 12.2 馬なり
7歳牝馬ではありますが、馬体を見ればまだまだ衰えは感じないところですが成績を見ればやはりここ数戦の凡走は買い材料に乏しいところ。とはいえこの中間は久々にコース中心の調整に切り替えて乗り込まれており、動きも一追い毎に良化を辿っている感があるだけにこの調整パターンの変更が刺激となって復活を遂げる可能性もゼロではないと思わせるところ。最終追い切りではいつも通りの坂路で追いきられて馬なりながらもラスト12.2と抜群の切れを見せており状態面は休み明けでもかなり良好と見ていいのではないでしょうか。

マイネルミラノ

美浦南W 68.6 53.4 39.8 12.9 馬なり
函館・札幌と2戦を消化して美浦に久々に戻ってきての調整ですが、元気一杯の動きを見せておりここ2戦の大敗のダメージはなさそう。この馬にしては終いの伸びがしっかりとしており常に12秒台をマークしてきていることから寧ろ状態面はここ2戦よりも良化しているのではないかと思えるところもある程。ともかく自分のリズムで競馬ができれば渋太い馬でもあり、スンナリ先行でプレッシャーを受けずに競馬をすることができれば一発あってもおかしくない状態にあると判断でき、軽視禁物の1頭であると言えるのではないでしょうか。

モンドインテロ

美浦南W 66.1 52.4 38.2 12.7 G前追う
札幌日経オープン快勝後、美浦に戻ってきてからはコースで軽快な動きを見せ、コースで4F51秒台を2週続けてマークしており状態面は休み明けを1度使って益々快調といったところではないでしょうか。最終追い切りでも全体的な時計こそ52秒台でしたが、終いは12秒台とこの馬にとっては最後までしっかりと動けているレベルにあり、前走の内容を見れば更に成長してきている感もあるだけに好状態を活かしてこれまでは勝ち切れず一押し足りない競馬内容の続く重賞で待望の初勝利なるかに注目してみてもいいのではないでしょうか。

ルージュバック

美浦南W 51.2 36.6 12.4 馬なり 併せ先着  
いつもならばレース直前に美浦に戻してギリギリまで育成牧場で調整を進めてきたルージュバックが今回は珍しく9月の頭には美浦に戻って調整を進めてきている点は注目と言えそうですが、その中間の調整はいたって軽めというのは多少気になるところ。最終追い切りでしっかり負荷をかけてくるかどうか、そしてその動きをチェックしておきたいところではありましたが内容的にはコース4F追いと軽め。それでも動き・時計ともに優秀でやればこれ位の時計は出るといったところでしょうか。これだけ動けているならば動ける状態にはあると判断していいのではないでしょうか。

新聞

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【頂上決戦】 最強馬決定戦!今週の注目『天皇賞秋(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★スワンS(G2)天皇賞秋の軍資金が欲しい人はクリック★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

チャンピオンズカップ

【チャンピオンズカップ2016予想オッズ】主役はアウォーディー!

管理人です。 2016年のダート王者を決めるチャンピオンズカップが今週末中京競馬場で発

記事を読む

free06

【京都新聞杯2017追い切り予想】ダービーへの最終切符を手にするのはこの馬!

管理人です。 京都新聞杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。ダー

記事を読む

有馬記念1

【緊急速報】有馬記念(G1)『勝ち馬は見えた』アノ関係者が断言!

管理人です。 さあ2015年の有馬記念発走が近づいてきましたが予想はお決まりでしょうか? も

記事を読む

栗東トレセン

【武蔵野ステークス2016追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 武蔵野ステークスへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 こ

記事を読む

【神戸新聞杯2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 菊花賞へ向けてダービー馬レイデオロがいよいよ復帰戦を迎えることでも注目を集める神

記事を読む