【神戸新聞杯2017予想】出走馬データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/09/24 広告・おしらせ , , ,

管理人です。

菊花賞へ向けてダービー馬レイデオロがいよいよ復帰戦を迎えることでも注目を集める神戸新聞杯ですが、夏を経て巻き返しを図る各馬も態勢を整えて逆転を狙い注目すべき1戦となりそうです。先日のセントライト記念のミッキースワローが皐月賞馬アルアインを負かしたように神戸新聞杯でも下克上があるのか、出走馬は要チェックです。

神戸新聞杯2017注目馬

レイデオロ

ダービーではルメール騎手の神騎乗もあり見事に勝利を手にしましたが、迎える秋初戦でどんな競馬をするかには注目してみたいところではあります。この神戸新聞杯を使ってからは菊花賞をパスしてジャパンカップへというローテーションが発表されているだけに菊花賞へ向けての注目馬ということにはならないでしょうが、ダービー馬が夏を越してどれだけ成長してきているかには注目でしょう。とはいえこれがレイデオロにとっては初の長距離輸送ともなり春の休み明けとなった皐月賞は取りこぼしているとなれば油断禁物な1戦となるとも言えそうです。圧倒的な人気を集めるでしょうが絶対的な信頼がおけるとまではいかないかもしれません。

キセキ

春は毎日杯でアルアインの3着という結果は残しましたがクラシック戦線には乗れず。夏場に500万下、1000万下特別を脅威の末脚で2連勝して勢いに乗るキセキがこの夏最大の上がり馬として注目を浴びそうです。決め手勝負で春のクラシック戦線を戦ってきた一戦級とどこまでやれるかに注目が集まりますが、この馬を管理する角居厩舎といえば先日のローズステークスをラビットランで制して勢いに乗ってきているだけに牡牝ともにトライアルレースを制覇という可能性は十分にある1頭でしょうし直線の末脚に期待してみたいところです。

カデナ

3歳初戦の弥生賞を制して一躍クラシック戦線の主役へと名乗りを挙げましたが皐月賞・ダービーともに結果を残せず消化不良に終わったカデナ。とはいえ、皐月賞は初の速い流れに戸惑い。そしてダービーは逆に極端なスローで展開に泣くと敗因はしっかりしており、ダービーではしっかりと末脚を伸ばしてきているようにこの馬の性能が劣るともまだまだ判断できないのも確か。広い阪神コースで展開さえ向けば巻き返しの勝利あってもおかしくない馬であるとも言えるだけにここは改めて見直してみる必要がある1頭と言えるのではないでしょうか。

サトノアーサー

春はきさらぎ賞、毎日杯と圧倒的な1番人気に支持されながらも勝利を手にできず、なんとか出走にこぎつけたダービーもスローペースで競馬ができずに敗退という結果。思うような結果を手にできなかったサトノアーサーにとっては秋こそ巻き返しの場ということになりそうです。僚馬のアルアインがセントライト記念で敗戦を喫しているだけに池江厩舎としてもこの馬で神戸新聞杯は獲っておきたいところでしょうが、阪神コースはこれまで3戦(2.1.0.0)と最も経験値の高い実績のあるコースだけに巻き返しの可能性は十分と言えるでしょう。ここはレイデオロ・カデナ・キセキといった後方待機から末脚を伸ばすタイプとの決め手勝負でどこまで進出できるかが鍵を握るのではないでしょうか。

ダンビュライト

皐月賞で3着好走した後はダービー6着。そのダービーでは内枠からスローペースで前が開かずに何もできなかったとは武豊騎手のコメント。切れる脚がない分、早めに動いて活路を見出したいところでしょうが、極端なスローになった朝日杯FSとダービーを除けば堅実に結果を残してきているだけにここも、極端なスローにならなければきっちりと駆けてきそうな感はあります。人気各馬が後方から末脚勝負に徹するならばこの馬が積極的な競馬で早めに進出するようならば楽しみはあるかもしれません。

マイスタイル

皐月賞は16着敗退もダービーでは逃げて4着と好走して迎える秋初戦。スムーズに先行できれば粘り腰の見込めるタイプでもあり、ダービーはそれこそ超のつくスローペースに持ち込めての好走であったとは言えますが、今回とて人気上位馬はダービーと同じ顔ぶれ。同様のペースを作り出してしまいさえすれば再度の好走の可能性は十分に有り得るだけに注目しておくべき存在とも言えるでしょう。

新聞

神戸新聞杯2017データ分析からの注目馬

神戸新聞杯の過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

神戸新聞杯必勝データ①ダービー好走馬を素直に信頼

過去10年で1番人気に支持されたダービー好走馬の連対率は実に100パーセント。信頼してよいというデータがあります。1番人気馬が崩れたのはこの10年で2度ありますが、ともにダービー凡走馬が1番人気に支持されていたパターンとくれば、今回1番人気濃厚なレイデオロは素直に信頼というのがデータ的にも言えることとなりそうです。むやみに消すのは非常に危険と言えるでしょう。

神戸新聞杯必勝データ②前走が条件戦であった馬の好走に警戒

過去10年でいえばそこまでの比率は占めませんが、ここ4年連続して前走が条件戦であった馬の好走が目立ちます。昨年のミッキーロケット、一昨年のリアファル、3年前のトーホウジャッカルといった馬が該当しますが今年も人気になりそうなところではキセキが該当しますし、穴っぽいところでアドマイヤウイナーやエテレインミノルといったあたりに紐荒れを期待してみる手もありなのではないでしょうか。

神戸新聞杯必勝データ③極端な穴狙いは禁物。手堅く狙う1戦

1番人気の連対率が80パーセントと信頼度が高いならば、紐荒れを狙いたくもなりますが、極端な穴狙いは禁物と言えるのが神戸新聞杯。狙っても6.7.8.9番人気あたりくらいまでが妥当であり極端な穴狙いは禁物というのが過去10年のデータからはいえます。ここは相手探しの1戦で、その相手をいかに選ぶかが重要と言えるのではないでしょうか。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【船橋競馬】 ※習志野きらっとスプリント(S2)徹底分析予想はこちらから

【新潟開幕】 新潟の風物詩『アイビスSD(G3)』の注目予想情報はコチラ

【札幌開幕】 ★クイーンS(G3)ソウルスターリングVSディアドラの結末は…★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

2016日本ダービー1

【必見】2016日本ダービー(G1)~予想的中チェックポイント☆

管理人です。 競馬ファンのみならず、日本国民の注目する一大イベント 『日本ダービー』の発走を

記事を読む

中山競馬場3

☆2016紫苑ステークス(G3)☆予想オッズ人気上位3頭を徹底分析!

管理人です。 今年から重賞に昇格し、秋華賞への優先出走権も2着以内から3着以内に拡大。 中山

記事を読む

【秋華賞2017予想】必見の出走馬情報・データ分析

管理人です。 牝馬3冠の最終戦、秋華賞が今週末の京都競馬場で発走となります。オークス馬ソウルス

記事を読む

no image

【阪神カップ2016追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 実績馬が集い注目の短距離戦が阪神競馬場で発走! 阪神カップの最終追い切りが美浦

記事を読む

S__4595721

【チャンピオンズカップ2017追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 チャンピオンズカップへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む