【オールカマー2017予想】出走馬データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/09/24 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
free33
秋の古馬中長距離路線はここから幕開け。今週の中山のメインレース、オールカマーは休養明けの実績馬と夏を越した上がり馬がぶつかり合う1戦。一昨年の勝ち馬ショウナンパンドラはここから始動してジャパンカップを制しましたが果たして今年のメンバーから秋の主役へと躍り出る馬はいるのか?出走馬をしっかりとチェックしていきましょう。

オールカマー2017注目馬

アルバート

ステイヤーズステークスを2連覇中で今年はダイヤモンドステークスも制しているステイヤーのアルバート。2200mという距離は実に久々に出走するこの馬にとっては短い距離のレースとはなりますが、以前には中距離でも実績を残してきている馬だけにそこまで神経質になることもなさそうです。休み明け実績もコース実績もあるだけにまずはここを勝って秋へ向けて好スタートを決めたいところでしょう。この先に狙うのは暮れの有馬記念なのかステイヤーズステークス3連覇なのかはまだこれから決めるべきところなのでしょうが、力があるのは確かで秋初戦でどんなレースを見せるか注目しておきたいところではあります。

ステファノス

この春も大阪杯で2着まで、悲願のG1制覇まではあと一歩届かず。この秋の大目標は天皇賞秋ということになるのでしょうが、そのためにもこのオールカマーでまず格好をつけておきたいところではあります。とはいえベストの距離は1800-2000mといったところで2200mは微妙に長いところがあるかもしれません。宝塚記念で5着という実績もあるだけにそこまでマイナスに捉える必要はないのかもしれませんが、タイプ的には叩き良化型で使いつつ調子をあげていくタイプでもあり、その点は多少割引が必要と言えるかもしれません。とはいえ、G1レースでの好走はあるもののかれこれ3年勝ち星から遠ざかってしまっているだけにそろそろ勝ち星が欲しいのも事実でしょう。

ルージュバック

この春は金鯱賞、ヴィクトリアマイルともに結果を残すことができなかったルージュバックですが、牡馬相手でもエプソムカップと毎日王冠を制している実績は素直に評価するべきで、ここでも実力的には上位の存在であると言えるでしょう。とはいえ、ここ数戦の好走は1800m戦に限られており2200mの距離がどうかは疑問の残るところ。この秋の目標はエリザベス女王杯ということを考えてのローテーションなのでしょうがまずはここで格好をつけることができるかどうかには注目しておきたいところではあります。調整的には珍しく10日前直前に美浦に戻すのではなく、9月上旬からしっかりと乗り込んでいる調整パターンに変えてきているあたり、最終追い切りにも注目してみたいところではあります。

タンタアレグリア

今年に入ってAJCCを制して春のG1戦線でも活躍が期待されるところではありましたが故障で休養を余儀なくされて迎える休養明けの1戦。もはや休み明けは慣れたものとなっているでしょうし重賞勝ちを果たした同舞台での復帰となれば期待してみたいところではあります。3歳時からキタサンブラックとも接戦を演じてきている力のある馬だけにこのメンバー構成ならばあっさり勝ちきってもおかしくない馬と評しても良いだけにまずは最終追い切りでの仕上がり具合をしっかりとチェックした上で、どこまで狙えるかを見極める必要があるのではないでしょうか。

ツクバアズマオー

年明けの金杯を制してから今年の活躍が期待されたツクバアズマオーですがその後は精彩を欠く走りで夏の北海道シリーズも燦燦たる結果に終わってしまいました。ここらが潮時かとも思われる失速となってはいますが、この中山でのオールカマーこそが起死回生を狙うラストチャンスとも言える1戦になるかもしれません。通算5勝とベストの中山コースで復活なるか、それこそ復活あるならここしかないといったところでしょうし、陣営も力の入る1戦となるのではないでしょうか。

新聞

オールカマー2017データ分析からの注目馬

オールカマーの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

オールカマー必勝データ【1】重賞大敗からの巻き返しに注意

過去10年の好走馬を見てみると、夏の上がり馬よりも春の実績馬を狙うのが吉。それこそ春に好成績を収めていた馬が順調に勝ち上がるケースもありますが、注目したいのは春のG1レースで大敗を喫した馬の巻き返し。昨年とて天皇賞12着のゴールドアクターが1着、宝塚記念8着のサトノノブレスが2着という決着となっており、春のG1戦線での大敗は特に気にせずに狙ってみるのが良いというデータが残っています。

オールカマー必勝データ【2】関西馬は2着付けで狙いたい

例年関西馬の出走は頭数が少ない部分もありますが過去10年でも関西馬の勝利は2勝のみ。関東馬優勢の重賞と見たいところなのですが、過去10年の連対馬20頭を見てみると9頭までもが関西馬。出走頭数から考えればかなり好走確率は高いと言えるだけに頭固定というよりも2着付けや連軸としての信頼度ならば関西馬が上位と見ても良さそうなところはあります。となれば、今年でいえば関西馬のステファノスあたりに好走を期待してみる手があると言えるのではないでしょうか。

オールカマー必勝データ【3】休み明けの実績馬が優勢

ここ10年の結果を見てみると6.7年前までは前走札幌記念組が優勢で秋初戦を迎える馬よりも1度使っている馬の方が優勢という傾向もあったのですが近年は夏を休養に充てている馬が休み明けでもきっちりと結果を残している傾向が強くなってきています。調整方法や施設の充実により休み明けがあまりマイナスにならなくなっている競馬全体の流れもあるのでしょうが、相当な勢いがない限りは夏の上がり馬が春の実績馬を逆転する目は少ないと見たほうがいいのではないでしょうか。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【不良馬場】 ※不良馬場の菊花賞(G1)で狙うべき重馬場巧者が気になる方はクリック

【GⅠ的中】 菊花賞(G1)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【京都競馬】 ★菊花賞(G1)クラシック3冠最終戦を的中させたい人はクリック★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

マイルCS南部杯3

【マイルチャンピオンシップ南部杯2016】盛岡競馬を徹底予想!

管理人です。 10月10日(祝)はJRAの3日間開催の最終日というだけではなく、 盛岡競馬で

記事を読む

エーデルワイス賞

【エーデルワイス賞2016】門別競馬を徹底予想!

管理人です。 今週木曜の門別ナイター競馬では交流重賞エーデルワイス賞が発走となります。 地方

記事を読む

大井競馬2

【フジノウェーブ記念2017予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 2016年の地方年度代表馬ソルテがいよいよ今年初戦を迎えることでも注目を浴びるフ

記事を読む

調教風景

★2016阪急杯(G3)追い切り★予想で抑えたい注目馬情報!

管理人です 高松宮記念へ向けての重要な一戦と位置づけられる阪急杯。 休み明けの馬も多いだけに

記事を読む

no image

【愛知杯2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 愛知杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 ローカル中京

記事を読む