【新潟記念2017予想】出走馬データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/09/03 広告・おしらせ , , ,

管理人です。

競馬1

いよいよ夏競馬も今週末を残すのみ。新潟競馬場ではサマー2000シリーズの最終戦となる新潟記念が発走となります。ソールインパクト、タツゴウゲキ、マイネルフロスト、ルミナスウォリアーにはこのレースで好成績を残せば王者の可能性があるだけに各陣営も虎視眈々といったところでしょうが果たしてどのような結末を迎えるのか注目の1戦です。

新潟記念2017注目馬

アストラエンブレム

これまでの重賞挑戦は3.4.4.4.2着。期待された前走のエプソムカップでも2着に惜敗したアストラエンブレムですが、やはり欲しいのは重賞のタイトル。今回の新潟コースは2戦2勝と相性抜群のコースでもあり、まずはここでタイトルを手にして秋のG1戦線に乗り込んでいきたい素質馬。安定した末脚を駆使する馬ではありますが、どうしても勝ち切れないタイプであるのも確かでここも軸馬としての信頼はおけるかもしれませんがどう勝ち切るかが課題となってくるのではないでしょうか。

マイネルフロスト

5月の休養明け後からブリンカーを着用すると新潟大賞典2着、鳴尾記念3着、七夕賞3着と安定感が出てきたマイネルフロストは2015年4月以来の勝利を手にするチャンス到来といったところでしょうか。3歳時に毎日杯を勝っている実績馬ですが集中して走れるようになり力を出せるようになっている今、先行しての安定感を活かすには決め手勝負にするよりは自分から動いての持久力勝負に持ち込めるかが鍵となるのではないでしょうか。ただ、そういった我慢比べのレースになった際にはある程度斤量を背負う分がどうか心配になる部分とはなりそうです。

ルミナスウォリアー

前走の函館記念で待望の重賞初勝利を遂げたルミナスウォリアーはここで4着以内に入ればサマー2000シリーズのチャンピオンを確定できるレース。それだけに陣営も力の入る1戦でしょうが、新潟コースはこれまで2勝と相性も良く、昨年の新潟記念でも5着と好走してきて末脚勝負にも対応しているので注目を集める1頭となりそうです。ただ主戦の柴山騎手が騎乗停止となり乗り替わりとなる今回、いかにジョッキーがこの馬の良さを引き出せるかも鍵を握ってくるのではないでしょうか。

タツゴウゲキ

小倉記念を制してサマー2000シリーズ王者になるにはここで4着以内が欲しいタツゴウゲキですが、小倉記念は展開もうまく向いた感もあり力的にここはどうかという見方もありますが、2走前の七夕賞でも6着ですが差のない競馬をしてきているだけに軽視禁物といったところでしょうか。ただ、ハンデ戦だけに重賞を勝った分斤量は重くなるのも確かでそのあたり、勢いでどこまで食い込めるかといった競馬になるのではないでしょうか。

ソールインパクト

アストラエンブレムも勝ち切れない馬ならばこのソールインパクトはより勝ち切れない馬とも言えるでしょう。ここ10戦で1勝のみですが掲示板を外したことはない安定感。準オープンの身ではありますが前走の七夕賞で3着という実績もあり相手なりに堅実に走るという印象の強い馬でもあります。クラスも格下なだけに今回も斤量面での恩恵を受けそうであり勝てばサマー2000シリーズの王者になることもできますが、やはり勝ち切るまではどうかといった点で抑えに必要な1頭という評価が妥当なのかもしれません。

新聞

新潟記念2017データ分析からの注目馬

新潟記念の過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

新潟記念必勝データ①休み明けは不振傾向

過去10年で馬券に絡んだ30頭を見てみると3ヶ月以上の休み明けの馬が馬券に絡んだのは僅かに3頭。ここは夏休み明けの馬よりも夏場に1度レースを使った馬の方が有利という傾向になります。このデータをもってするとアストラエンブレムには不吉なデータとはなりますが、馬券に絡んだ3頭は昨年の勝ち馬アデイインザライフをはじめ過去2年に馬券に絡んでいるあたりここ数年でこの傾向は崩れつつあると見てもいいのかもしれません。

新潟記念必勝データ②5歳馬優勢、3.4歳苦戦

過去10年で馬券に絡んだ30頭のうち14頭が5歳馬。6.7歳馬が6頭で4歳馬が4頭という内訳。これを見ると若い馬は苦戦傾向にある重賞と見てもいいでしょう。馬券の中心は5歳馬からというのがセオリーと言えるかもしれません。4歳馬のアストラエンブレムにとってはデータ①に続いて不吉なデータとはなりますが、果たして結果はどうなるのかに注目してみたいところではあります。

新潟記念必勝データ③1番人気馬は不振

過去10年で1番人気馬は1着1回、2着1回のみと連対率20パーセント。かなり頼りないデータとなっており、逆に5-10番人気くらいの中堅どころの人気の馬の活躍が目立つ重賞とも言えそうです。つまりのところ波乱傾向にある重賞であり、大穴までいかなくとも中穴を狙っての馬券検討で思わぬ高配当を手にするチャンスがある重賞とも言えるのではないでしょうか。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【船橋競馬】 ※船橋記念(S3)徹底分析予想はこちらから

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

川崎記念

【2016川崎記念(Jpn1)】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ、今週1/27(水)に今年初となるG1レース、川崎記念が発走となります。

記事を読む

中山競馬場4

☆2016京王杯オータムハンデ(G3)☆予想オッズ人気のダノンプラチナ&ロードクエストの勝算は?

管理人です。 秋の中山競馬が開幕!その開幕を飾るサマーマイルシリーズ最終戦の 京成杯AHは毎

記事を読む

フェブラリーステークス

★2016フェブラリーS(G1)★的中に導く馬券予想!

管理人です。 いよいよJRAの2016年G1戦線の開幕です! まずは砂の王者決定戦のフェブラ

記事を読む

地方競馬2

【全日本2歳優駿2017予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 今年からケンタッキーダービーの出走馬選定ポイントレースに選定された川崎競馬場で行

記事を読む

free05

【ジャパンカップ2017直前予想】枠順・馬場・展開から浮上するのは

管理人です。 いよいよジャパンカップの発走が迫ってきましたが、当日の馬場状態はどうなのか、枠順

記事を読む