【関屋記念2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2017/08/17 広告・おしらせ , ,

管理人です。

S__4595721

関屋記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。サマーマイルシリーズの第2戦目であると同時に秋のG1シーズンへ向けてここでタイトルが欲しい馬も複数。夏の暑い時期だけに夏バテで調子を落としているような馬がいれば割り引いて見るべきですし逆に絶好調の馬がいるならば迷わず買いといったところでしょう。

関屋記念2017追い切り注目馬

ウインガニオン

栗東坂路 54.8 38.5 24.8 12.5 G前追う
中京記念を制してから中間の速い時計は最終追い切りの1本のみ。身体は既に仕上がっており、仕掛けられてからの反応も上々で前走時の状態をキープしていると見てよいでしょうが、これまでの中2週での競馬では2.3本は坂路で時計を出していたことを考えると今回は夏場を考慮したのか疲労を考慮したのか本数が足りない気がしないわけでもありません。動き自体を見れば問題はなさそうですがそのあたりがどう影響してくるかは気になるところです。

ウキヨノカゼ

美浦坂路 51.1 37.2 24.6 12.4 G前追う 併せ併入
ヴィクトリアマイル以来の出走となりますが、7月初旬からしっかりと乗り込まれており、今週の最終追い切りでは坂路の自己ベストタイムを更新する51.1という好タイムをマーク。1週前のコースでの追い切りも目を引く動きを見せているだけに態勢はしっかり整っていると見て良さそうです。7歳になりましたがまだまだその末脚は健在で、重賞3勝の実績はメンバー上位の存在。ここも末脚が嵌るようならば勝ち切ってもおかしくない1頭と言えそうです。

クラリティスカイ

美浦坂路 52.1 38.3 25.5 12.9 一杯 併せ併入
美浦に転厩してからはコースと坂路を併用した調整パターンできたクラリティスカイですがこの中間は坂路のみでの調整。速い時計も坂路で出して今週・先週と52.1という好タイムをマークしており、動きにも迫力があり仕上がりは良好と言えそうです。前走エプソムカップは出遅れて競馬をしていないだけに度外視すれば久々の勝利まではあと一押しというところまできており、この調整パターン変更が刺激になれば復活劇あってもおかしくないのではないでしょうか。

ダノンプラチナ

美浦坂路 51.6 37.6 24.9 12.6 G前追う 併せ併入
久々の競馬とはなりますが7月頭から坂路で乗り込まれ、1週前には自己ベストの50.9をマークし、今週の最終追い切りでも好タイムをマークし仕掛けられてからの反応も上々。長期休養を感じさせない素軽い動きを見せているだけにこれはいきなりからでも力を出し切れる状態にあると見たいところ。坂路のみでの調整は2014年の未勝利戦(1着)以来となりますが、この調整パターンで久々の勝利を手にできるかどうか注目したいところです。

ダノンリバティ

栗東坂路 50.8 37.3 24.6 12.4 G前追う 併せ先着
この馬が坂路で50秒台を出すこと自体はよくあることではありますが、好調ではないと出ない時計でもあり、終いの伸びは明らかに前走以上に弾けているだけに状態面は休み明けの前走を叩いて上積み濃厚といったところでしょうか。元来が叩き良化型。夏場とも新潟コースとも相性のいい馬であるということを考えれば、今年の関屋記念でもこの馬の好走を期待してみる手は十分にありと言えそうです。

ブラックムーン

栗東CW 70.8 54.8 40.0 12.4 強め
前走中京記念3着の雪辱を期す舞台ですが、中2週とはいえこの中間の調整が軽すぎるのは気になるところです。本数的には3本時計を出していますが、この最終追い切りも終いを伸ばす程度の追い切りにとどまっており、その終いの伸びこそ上々ではあるものの、全体的な時計をみれば平凡で物足りなさを感じるところではありました。休み明け叩き3戦目だけに身体はできていると思われるところではありますが、極端な馬体重の増減があれば疑ってかかるべきなのかもしれません。

マイネルハニー

美浦南W 68.7 53.6 39.4 12.9 馬なり 併せ先着
追えばまだ伸びそうな余裕たっぷりの動きで相手に楽々先着。時計的にもいつも通りの時計は出ており、休み明け叩き3戦目でいよいよ走り頃といったところでしょうか。先行しての粘り強さが武器の馬ではあるだけに新潟の長い直線で末脚勝負になれば決め手に欠く分不利になってしまうかもしれませんが多少なりとも時計がかかる馬場にでもなればチャンスは生まれてくるのではないでしょうか。

メートルダール

美浦南W 66.0 50.8 37.6 12.6 G前追う
6月の多摩川ステークス以来の出走ではありますが、いつも通りにコースで乗られて順調な仕上がりを見せているのがメートルダール。最終追い切りでも4F50秒台をマークして、これは5月に勝負に出た新潟大賞典時と変わらぬ時計。おここ目標にきっちりと仕上げてきている証とも言え、マイルは前走で克服済みとなればここも流れにのって持ち前の末脚を発揮すればチャンスは十分にある状態にあると言えそうです。

ヤングマンパワー

美浦坂路 53.7 38.9 25.5 12.7 G前追う 併せ併入
いつもと変わらぬ調整パターンで調整を進められてきましたし、最終追い切りでも軽快な動きを見せて登坂してきているだけに状態面は良好と見たいところではありますが、メイチ勝負をかけた前走安田記念時と比較するとやはり物足りなさは否めないところではあります。絶好の状態とは言えないものの好調というのが妥当な評価と言えるかもしれませんが、昨年の勝ち馬でもあり実績十分、力があるのは確か。好調ならば好走も十分あるといったところでしょう。

ロードクエスト

美浦南W 53.5 39.1 13.1 馬なり
調教師が跨っての追い切りはいつものことですが今回は昨年の富士ステークス以来のコース4F追いを選択。その前の京成杯オータムハンデではこのパターンで勝利を収めていますが、その時と比較すると動き的には物足りなさを感じるもの。1週前の坂路追いでそれなりの時計が出ており、態勢は整っていると思われますが、前走を叩いて上積みを期待していたところを考えると物足りなさを感じるところではあります。

 

 

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【頂上決戦】 最強馬決定戦!今週の注目『天皇賞秋(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★スワンS(G2)天皇賞秋の軍資金が欲しい人はクリック★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山競馬場

【ホープフルステークス2016予想オッズ】レイデオロ・グローブシアター・コスモスが人気!

管理人です。 有馬記念の直前に発走となるホープフルSはG1昇格を予定している2歳重賞。 来年

記事を読む

小倉

【京都新聞杯2017レース展望】予想に役立つ出走馬情報!

管理人です。 ダービー出走へのラストチャンス。京都新聞杯が今週末土曜の京都競馬場で発走となりま

記事を読む

トレセン風景

★2016共同通信杯(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 いよいよ今年のクラシック、皐月賞・ダービーへ向けても注目の一戦。 共同通信杯の

記事を読む

free21

【ユニコーンステークス2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 今週の東京競馬場では3歳春のダート戦線の王者を決するユニコーンステークス

記事を読む

小倉競馬2

★2016小倉記念(G3)★予想オッズ1番人気はダコールも混戦模様!

管理人です。 夏真っ盛りの中央競馬。今週末は小倉競馬場で小倉記念が発走となります。 今年は少

記事を読む