競馬コラム/秋競馬の気配

公開日: : 最終更新日:2017/08/09 競馬コラム

free04

☆ 早くも秋競馬の気配が…

暑い暑い8月に入ったところですが、
GI制覇を目論む馬のニュースがチラホラ聞こえてきています。

ダービー3着のアドミラブルが脚部不安発症、
オークス馬、秋華賞馬ミッキークイーンの繋靱帯炎を発症の、残念なニュースありますが、
凱旋門賞を目指すサトノダイヤモンドが帰厩したの嬉しいニュース。
9月10日のフォア賞を叩き、10月1日の凱旋門賞のプランも発表されている。お

既にご承知とは思いますが、ここでGIレースに向けての仕組みを紹介したいと思います。

重賞レースにはそれぞれ、G3、G2、GIの格付けがなされています。
簡単に分かりやすく捉えるなら、それなりの意味合いがあるのです。

・ G3レース…GIに向けての闘いながら、出走するには賞金が足りない。
できれば勝利して、賞金を加算したい。

・ G2レース…GIレースに向けてのステップレース。
札幌記念、毎日王冠などは、秋の天皇賞への前哨戦。
セントウルSは10月1日のスプリンターズSに向けて。
ローズSは秋華賞へ、セントライト記念や神戸新聞杯は菊花賞へ
etc…

G3、G2レースの延長上に GIレースがあるのです。

・ GIレース…G 2戦に出走する馬は、どこに目標を置いているのか?
厳しく消耗が激しい GI戦は、レース後ケアが難しく、体調管理もままなりません。
よほどの能力を備えていなければ、出走する全てのレースを勝つことは至難のワザなんです。

そう考えれば、実績 = 期待度 ではないことが、推察できるはずですし、
馬券に対する検討も変わってくるでしょう…

陣営は放牧先の気候と、トレセンの気候を探りながら、
既に帰厩プランを練って、その時期を待っています。
8月末になれば、著名なオープン馬が一斉に動き出します。
ひと夏の成長や、フル充電の完了が、秋競馬の成績に大きく影響してくるのもこの時期。

ファン側は、夏競馬と秋競馬の切り替えも必要になってきますし、
秋からの暮れまでの大レースに向けての、心構えが必要でしょう。

秋に向けてのオープン馬の動向やプランは、近いうちに紹介できると思います。

今はノンビリ構えて、夏競馬を楽しんでください…

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★京阪杯(G3)ジャパンカップ後のボーナス$レース予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

小倉競馬場入口

【競馬コラム】小倉競馬場を探索!

小倉競馬場を探索! 新幹線の小倉改札口を出ると、そこは駅のホーム内。 1分も歩けば、

記事を読む

中京競馬場

【質問コーナー】今でも競馬で八百長レースはあるの?

質問コーナー・今でも八百長レースはあるの? 「 今でも八百長レースはあるの?」の質問が

記事を読む

サトノダイヤモンド

【競馬コラム】新馬戦も佳境に入り

新馬戦も佳境に入り! 6月から始まった新馬戦ですが、秋も深まり 期待馬が続々デビュー。

記事を読む

sapporokeiba

【競馬コラム】騎手のコメント

☆ レース後の騎手のコメントは大事! 8月7日 札幌 4-7 3歳以上の1000mダー

記事を読む

no image

【競馬コラム】勝手に選んだ最優秀2歳牡馬

★勝手に選んだ 最優秀 2歳牡馬★ ☆レイデオロ 父 キングカメハメハ - 母 ラドラー

記事を読む