【小倉記念2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

公開日: : 最終更新日:2017/08/09 広告・おしらせ , ,

管理人です。

S__4595715

小倉記念へ向けての最終追い切りが栗東・小倉競馬場で実施されました。関東馬は小倉滞在競馬となるだけに滞在効果が見込めそうな馬もいそうなだけにチェックが必要な小倉開催。夏競馬だけに夏バテ気味の馬がいないかなど、追い切りの動きからしっかりとチェックしておく必要があるでしょう。

小倉記念2017追い切り注目馬

ヴォージュ

栗東坂路 53.4 38.5 25.1 12.8 一杯 併せ遅れ
併せ馬で遅れはしましたが、坂路で目立つ時計を出さないヴォージュではありますが今回は動いた方。前走の七夕賞の時と比較すればかなり動けているレベルでもあり、馬の状態自体は上向きと判断したいところ。前走は初の重賞挑戦でかなりのハイペースに巻き込まれ苦しい競馬となりましたがそれがいい糧となればここで結果を残してもおかしくはないでしょうし、それが可能な仕上がりにあると言えるでしょう。

ケイティープライド

栗東CW 84.1 67.6 52.1 38.5 12.1 馬なり
函館記念からの参戦で、函館から栗東に戻しての調整はこの馬としては珍しく2本ともコースでの追い切り。いつもならば坂路での調整だけにこれはパターンを変えてきていることに注目でしょう。その動き自体は1週前に終い11.5という破格のタイムをマークしたりと、元気一杯切れ満点の動きを見せており、重賞では昨年の函館記念2着という成績が最高ではありますが軽ハンデで実績もある小倉コースでの1発に期待してみたくもなる追い切り内容であったと言えるでしょう。

サンマルティン

小倉ダ 87.0 68.8 53.0 38.9 12.1 馬なり
1週前には小倉競馬場に入り2本時計を出しており、この最終追い切りも終い重点で12.1フィニッシュは上々の動きで向状態をアピールしています。気性的にも難があるタイプで滞在競馬は向いてきそうな感もあり、オープン入り後いきなりの重賞挑戦となりますが能力的には重賞でも通用しておかしくない馬。戸崎騎手のJRA全10場重賞制覇がかかる1戦でどんな競馬をしてくれるのか楽しみになってくる最終追い切りであったと言えるでしょう。

ストロングタイタン

栗東坂路 53.6 38.4 24.5 11.9 馬なり
中2週の競馬となるだけにこの中間は軽めでも十分といったところでしょうか、最終追い切りは川田騎手を背に終い11秒台と馬なりながらに鋭い動きを見せており休み明けを1度使って素軽さが出てきた感はあります。ただ、前走がマイナス12kgでの出走だっただけに多少攻め手を控えている感もあり、当日の馬体はチェックが必要かもしれません。得意の小倉コースだけにこれ以上の馬体減さえなければ好走を期待していい状態にはありそうですが果たしてどうでしょうか。

スピリッツミノル

栗東CW 83.8 67.3 52.9 39.4 12.1 G前追う
使われ続けているだけに大きな上積みは感じられないものの、1週前には6F81秒台とこの馬にしては好時計をマークしており中間もしっかりと負荷をかけて乗り込まれて元気一杯といったところ。最終追い切りでも終い12.1と鞍上のGOサインにしっかりと反応してのフィニッシュには好感が持てます。この春は天皇賞春や宝塚記念と一戦級と戦ってきているだけにそれを糧にこのメンバーで好走してきても驚けない1頭ではあるでしょう。

バンドワゴン

栗東坂路 53.8 38.4 24.9 12.0 一杯
坂路で一杯に追われて終いは12.0と切れる脚を見せましたが、それでも全体的な時計を見るといつもならば51.2秒台を出してくる馬が53秒の後半とやや物足りない時計とはなりました。道中折り合いを欠く場面もありこれは気がかりではありますが、終いの脚だけ見れば休み明けを一度使って素軽さは出てきている感はあるだけに問題はなさそうです。ともなればやはり追い切り時にも見せた気の悪さが気がかりということになりそうです。当日の気配には要注意でしょう。

フェルメッツァ

栗東坂路 55.7 40.3 26.0 12.5 一杯
前走の七夕賞から坂路中心の調整に変えて5着と結果を残しましたが今回も同様に坂路中心での調整。終いの伸びはこれまでになく12.5フィニッシュを2回マークしており、休み明けを1度使って切れを増している感が非常にある追い切り内容でした。全体の時計は目立たないもののこの馬なりに上昇といったところでしょう。中距離戦では常に崩れずに善戦してきている馬だけに、このハンデ戦で是非とも結果を残したい1頭でしょうし期待してもいい仕上がりにあると言えそうです。

ベルーフ

栗東CW 52.4 38.4 11.9 一杯 併せ遅れ
ホワイト騎手が騎乗しての最終追い切りは先行した馬を完全に捉えきるには至らなかったものの池江厩舎流のコース4F追いでの最終追い切りを好タイムで駆けてきました。ただ、池江厩舎流とはいえ、コース4F追いはこの馬にとっては初めてであっただけにここにきて勝負に来たというところでしょうか。時計的にも2週連続でコースでラスト11秒台を連発し好状態をアピールしているだけにこれは注目の1頭と言えるのではないでしょうか。

新聞

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【浦和競馬】 浦和記念(Jpn3)中央VS地方のガチバトル!予想公開中

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★京阪杯(G3)ジャパンカップ後のボーナス$レース予想★

【2歳重賞】 注目の重賞【京都2歳S(G3)】今年狙い目の馬はコノ馬です!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

【福島記念2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 エリザベス女王杯の直前に福島競馬場で発走となる福島記念は荒れる重賞として

記事を読む

中山競馬場2

★2016セントライト記念(G2)★予想オッズ1番人気は皐月賞馬ディーマジェスティ!

管理人です。 ダービー馬マカヒキ不在の菊花賞制覇へ名乗りを挙げるのはどの馬か? 今週末、中山

記事を読む

東京ダービー

★2016東京ダービー(S1)★大井競馬を徹底予想!

管理人です。 中央競馬ではG1シーズンひと段落といった感じですが、 地方競馬は現在ダービ

記事を読む

サトノダイヤモンド

【徹底検証】きさらぎ賞(G3)は5億円対決サトノダイヤモンドVSロイカバードの一騎打ちなのか?

管理人です。 今年のきさらぎ賞はサトノダイヤモンド・ロイカバードという2頭のセレクトセールで

記事を読む

S__4595721

【シリウスステークス2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 シリウスステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。秋

記事を読む