競馬コラム/一般馬主のボヤキ!

公開日: : 最終更新日:2017/07/19 競馬コラム

S__4595717

☆一般馬主のボヤキ!

先日、現役時代に親しくしていた馬主さんから電話があった。

「 元気ですか?そういえば、先週 北海道で、○○さんの馬が走ってましたね?? 函館に行ったんですか?」
『 行ってないヨ!行っても期待できるほど走らへんから 』

「 他の馬は稼働しているんですか?」
『 ほとんどが外厩の放牧先。なかなか栗東に戻してもらえへん 』

更に、『 小馬主の馬で成績が悪かったら、レースを使ったら、すぐに放牧。
大手の馬を優先するから、厩舎に入れる馬房を確保してもらえへん!』

『 我々の馬が放牧されるのは小さな施設で、十分な調教ができず、
大手の放牧先は施設が整って、入念に乗り込んでいるから、
栗東に帰り、すぐレースを使って結果を出してくれる。
こちらの馬は、仕上がり途上でレースを使うので、力を出し切れず。
結果が悪いと、また放牧に出される。悪循環の繰り返しやナ 』

『 これからは、クラブ馬や、大手馬主の馬の競馬になってしまうなぁ?。
使ってもらえるのはローカル競馬に、徐々に 情熱が削がれてしまうんや。
もう、馬主を辞めようかと思っている。昔が懐かしいワ…』

トレセンを基盤にして、短期放牧ができる外厩舎ができ、
厩舎に戻って短い期間でレースを使えるシステムになってから、
競馬の内容も変わってしまった感じがする。

馬房数は固定されているので、調教師は稼働率を考えてしまうし、
JRAも稼働率を ひとつの評価にしているので、経営運営も変わって当然。

売り上げ中心の考え方をするJRA、成績と収入に主流を置く調教師。
一般の馬主の馬より、筋の通った血統馬を入れることを優先する調教師。
これは当然の成り行きであり、厩務員を抱える調教師を、安易に責める訳にはいかない。

個人的には、親しい馬主の味方?だが、今のシステムに逆らうことはできず、
何とも、複雑な気持ちになってしまう。

私としても、昔の競馬がノンビリしていたし、懐かしいが…

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free24

【競馬コラム】田辺騎手は好調キープ!

☆ 田辺騎手は好調キープ! 新しい年も1カ月を経過し、いよいよ本格的な競馬シーズンを迎えようと

記事を読む

free26

【競馬コラム】福永、ルメール騎手の受難の日

☆ 福永、ルメール騎手の受難の日! 平常ダイヤに戻った、1月21日、22日の競馬だったが、

記事を読む

エピファネイア

【競馬コラム】キャロットファームの災難~エピファネイア引退

キャロットの災難! キャロットの所属馬には資質の高い馬が多く、 大きなレースになると

記事を読む

小倉競馬場1

【競馬コラム】夏競馬・三場開催の楽しみ方

夏競馬 三場開催の楽しみ方! 夏のローカル競馬も後半戦に突入しています。 札幌、新潟

記事を読む

キタサンブラック1

2015セントライト記念から菊花賞へ向けての展望

中山 セントライト記念から! いろんな意見がありました。 私なりの見解を… キ

記事を読む