競馬コラム/ゼーヴィントの骨折から…

公開日: : 最終更新日:2017/07/17 競馬コラム ,

kawata_tuika23_1280

☆ゼーヴィントの骨折から…

七夕賞を制した4歳馬のゼーヴィント。
5カ月半を要して、脚部不安から立ち直った嬉しい勝利だったが、
『 好事魔多し 』ではないが、レース後 左前第1指骨近位端骨折が判明。

休養明けで いきなり激走した反動が出たものと思われる…
ゼーヴィントに限らず、好走する馬は、常に故障と隣り合わせ。
巨体を支える細い脚への負担は、スピードが増すほど かかってくる。

このところ、各競馬場で速い時計の闘いが続いている。
これは造園課の努力の賜物だが、そのリスクは計り知れない。
その指示を出しているのは、勿論のことJRA。

日本の競走馬のレベルを世界にアピールしたいJRAは、
スピードの高さを強調するのが、手段のひとつ。
そのためには、「 走りやすい馬場 」を作るのが一番。
伸びた芝生を適度に刈り込み、時計の出やすい状態を作ることを怠らない。
思惑どおり?速い時計で走る馬が続出するが、逆に競走馬にとっては大きな負担を背負うことに。

外国では、競走馬に負担がかからない馬場を作り、環境を整える。
速い時計を出すより、馬の故障を防ぐのが基本的な考え。
これに対する JRAは、馬の資質をアピールすることを主流にし、
競走馬の故障を防止する手段は二の次。
売り上げだけを考えるので、日本の競馬にシーズンオフはない。

JRAは売り上げを、馬主や調教師は名誉と収入を先行させるが、
競走馬にかかるリスクに重きは置かない。

これが、日本の競走馬の現状。
ファンは、このことだけは忘れないでほしい!

【中山競馬】 オールカマー(G2)レイデオロVSアルアイン再び…←絶賛公開中

【阪神競馬】 『神戸新聞杯(G2)』エポカドーロ・ワグネリアンを負かすならこの馬!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

小倉パドック

【質問コーナー】芝馬とダート馬の違い、見分け方

質問コーナー・芝馬とダート馬の見分け方! “ パドックでの芝馬とダート馬の見分け方 ”

記事を読む

ビッグアーサー高松宮記念

【競馬コラム】福永騎手 完全復活!

福永騎手  完全復活! 昨年の後半で大ケガのアクシデントがなかったら、 おそらく、そのままリ

記事を読む

安田記念

【2015安田記念(G1)】乗り替わりにも注目で面白い!

安田記念が面白い! 第65回安田記念の登録馬が発表された。 登録は19頭、出走可能頭

記事を読む

放馬

【競馬豆知識】放馬について

豆知識・放馬!   障害レースで着地の際に落馬、 平地レースでスタート直後に

記事を読む

パドック解説席2

【質問コーナー】解説者◯◯が好きだがどう思う?

質問コーナー・解説者◯◯が好きだがどう思う? 「 パドック解説の◯◯が好きだが、どう思

記事を読む