【ジャパンダートダービー2017予想】大井競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2017/07/16 管理人おしらせ , , ,

管理人です。

大井競馬2

今年の3歳ダート王者はどの馬か?いよいよ雌雄を決するジャパンダートダービーが大井競馬場で発走となります。中央の強豪と地方の強豪がぶつかる1戦に注目が集まりますが、ダート界の新星を噂されるサンライズノヴァがここも圧勝するのか、そして地方の意地を東京ダービー馬のヒガシウィルウィンが見せるのでしょうか。

ジャパンダートダービー2017注目馬

2枠2番 ローズプリンスダム

前走の鳳雛ステークスは10番人気での激走での勝利となりましたが、2走前の端午ステークスは距離が1400mと短かったのが敗因とも言え、10番人気は低評価過ぎたと評価を見直す必要もありそうです。ダートの1800mならば成績は安定しており、血統的にもスタミナ豊富な血統だけに消耗戦にでもなれば前走同様に息の長い末脚で勝ち負けにまで持ち込んでくる可能性は十分にあると言えそうです。

3枠3番 タガノディグオ

安定した末脚でデビュー以来ダートでは9戦して3着以下なしという安定した成績を残し、前走の兵庫チャンピオンシップで初重賞制覇を果たしたタガノディグオがG1の舞台に登場。ここも道中は中団に待機しての直線勝負で弾けるかどうかというところになりそうですが、G1戦だけに各馬が早めに動く可能性は大でこの馬向きの展開になってくる可能性もあるだけに注目しておきたい1頭です。これまでのレース振りを見ても直線は必ず差を詰めてくることからここでも大崩れは考え難い1頭と言えそうです。

3枠4番 ヒガシウィルウィン

1冠目の羽田盃こそ中央転入初戦のキャプテンキングに屈しての2着でしたが、2冠目の東京ダービーで見事に雪辱を果たし勝利を手にしたヒガシウィルウィンが今度は中央馬に挑戦状を叩きつけます。2歳時の全日本2歳優駿では中央馬のリエノテソーロに完敗の形でしたが、南関東の激しいクラシック戦線で結果を残したことでどこまで成長を遂げているのか、ダービー馬として恥ずかしくない競馬を期待してみたいところです。すんなりポジションをとっての先行する競馬は安定感がありますが、中央馬相手の強いメンバーでこの安定感を発揮することができればチャンスは十分にある1頭と言えそうです。

4枠6番 キャプテンキング

今年の羽田盃馬は中央からの転入初戦でこの大レースを制しましたが、東京ダービーではヒガシウィルウィンの返り討ちにあいました。とはいえハイレベルなヒヤシンスSで5着という実績は中央馬相手でも十分と言える実績にもなり、3冠目となるJDDでヒガシウィルウィンにリベンジを果たすことができるかどうかにも注目が集まります。東京ダービーは差す競馬となりましたが、逃げか追い込みかという極端な競馬しかできなかったこの馬が、中団で折り合う競馬ができて成長を見せただけに、今度はまた違った結果が出てくる可能性はあると言えるのではないでしょうか。

5枠7番 シゲルコング

中央代表馬ではありますが、昨年の全日本2歳優駿で2着があるだけで、3歳時の成績はさっぱり。今回も苦戦は必至というところでしょうし、中央の強豪馬相手だけでなく、南関東のトップホース相手でも苦戦をする可能性の方が高いと言えるのではないでしょうか。今回に関しても大きく変わる要素は少なく、狙い難い中央馬であると言えそうです。

5枠8番 サンライズソア

前走のユニコーンステークスも3着と結果は残しており、ダートでは安定した成績を残しているサンライズソアですが、今回は岩崎騎手から川田騎手に乗り替わりで陣営も勝負気配を漂わせます。距離的にはここ2走の1600mより1800mより2000mの方が向きそうなタイプでもあり、同馬主のサンライズノヴァに人気が集りそうではありますが、こちらのサンライズソアとて侮れない1頭であると言えるのではないでしょうか。

6枠10番 リゾネーター

圧勝を期待された前走の兵庫チャンピオンシップではまさかの4着敗退。期待はずれのレースとはなってしまいましたが、初めての長距離輸送と地方競馬で馬に戸惑いがあったのか、それとも鞍上の木幡巧騎手に気負いもあったのでしょうか。この大一番で巻き返しを期す1頭です。状態面に何ら心配はなさそうなだけにここはいかに自分のリズムで競馬ができるかどうかといったところでしょう。それこそまだまだ若い木幡巧騎手が平常心で騎乗することさえできれば、一気の巻き返しで圧勝まであるポテンシャルを備えた馬であると言えそうです。

7枠11番 ブラウンレガート

東京ダービー3着のブラウンレガートはそれこそ鞍上に注目。還暦にして7000勝を達成した的場文男騎手が騎乗し、中央馬打倒に虎視眈々。先行してとにかくバテない脚はあるだけに、縺れる展開になっての持久力勝負になれば的場騎手の激しい檄に応えて粘りに粘る競馬を見せてくれるかもしれません。

7枠12番 サンライズノヴァ

今年のジャパンダートダービーで最も注目されるのはこの馬でしょう。前走のユニコーンステークスでは1頭次元の違う末脚を見せての圧勝。左回りがいいのか、脚を溜める競馬が功を奏したのか戸崎騎手との相性が良いのか解りませんがとにかく一変の走りを見せてくれました。ここも前走と同じような末脚を見せれば圧勝の可能性までありそうですが2走前にはローズプリンスダムに、3走前ではリゾネーターに完敗しているだけに一概に断然という判断はできないのも確か。あまり人気になるようであれば嫌ってみる手もありかもしれません。

8枠14番 ノーブルサターン

兵庫チャンピオンシップで2着に入り選出された中央馬ですが、好走にはハナという絶対条件はつきそう。ここは他にも行きたい馬はおり、大外枠を引いてしまったからにはスタートからかなり追っていかなければならないだけに直線での失速という可能性はかなり高くなりそうで、苦戦が予想されると言えそうです。

地方競馬2

ジャパンダートダービー2017/大井競馬イベント情報

当日は元プロ野球選手の山本昌さんによるトークショーを開催するだけでなく、豪華グッズのあたるプレゼントイベントも開催されとにかくイベント盛りだくさんで開催される大井競馬場。他にもグルメイベントなど様々なイベントもあるみたいなので要チェックです!レースにイベントにこれは楽しめること間違いなし!

ナイター競馬で実施される大井競馬ですが、今や観光ブックにも掲載されるイルミネーション、デートスポットとしても注目を浴びるスポットとなっていますね。お近くにお住まいの方、お近くでお仕事されている方は是非、大井競馬場へ脚を運んでみてはいかがでしょうか?

そして大井競馬でバンバン的中を手にしてしまいましょう!

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

地方競馬

【桜花賞2017予想】浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 南関東牝馬クラシック3冠の第1戦、桜花賞が浦和競馬場で発走となります。有

記事を読む

S__4595721

【フェブラリーステークス2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 フェブラリーステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました

記事を読む

天皇賞春

★2016天皇賞(春)★予想オッズの3強ムードを覆す【!】特注馬情報

管理人です。 春のG1シーズンがいよいよ到来!競馬観戦には絶好のシーズンとなってきますが 春

記事を読む

地方競馬

【サマーチャンピオン2018予想】佐賀競馬を徹底予想!

真夏の九州、佐賀競馬場で中央馬VS地方馬の激戦が予想されるサマーチャンピオンが8月14日に佐賀競

記事を読む

地方競馬

【エンプレス杯2018予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の南関東競馬は牝馬限定のダートグレード競走。エンプレス杯が川崎競馬場で発走と

記事を読む