【函館記念2017予想】出走馬データ分析

管理人です。

競馬1

夏の函館競馬最大の注目レースといえば函館記念。その函館記念の発走が週末に迫ってきています。ここから札幌記念へ向けて好結果を残す馬はどの馬か?昨年の覇者マイネルミラノをはじめ、G1勝ちのある3歳馬サトノアレスや重賞2連勝を狙うステイインシアトルなど好メンバーの揃った白熱した一戦を期待できそうです。

函館記念2017注目馬

サトノアレス

朝日杯FSを制しクラシック路線に参戦するもスプリングS4着後の皐月賞では11着と大敗。馬体を立て直して臨んだ前走の巴賞で見事に古馬相手に勝利を遂げ、一躍この函館記念の有力馬として名乗りをあげました。朝日杯では強烈な末脚を駆使して勝利を手にしたようにその末脚には自信のある1頭。前哨戦を制して臨むこの1戦でも力を示すことができるのか。血統的にも人気を集めることは間違いなさそうですが、前走巴賞とて強力とは言えないメンバー構成の中クビ差辛勝という内容となると今回のメンバーで果たしてどうかは気になるところではあります。ハンデもそれなりに背負いますし、前哨戦を勝ってはいますが、ここが試金石の1戦ということになるのではないでしょうか。

マイネルミラノ

昨年の函館記念の勝ち馬、マイネルミラノが昨年同様にエプソムカップをステップに連覇を狙って出走してきます。この馬に関してはいかに自分のリズムで揉まれずに走れるかが課題となる馬であり、今回も展開や枠順が好走か凡走かの鍵を握りそうです。とはいえ、ハンデはかなり背負わされますしここは楽ではない条件でのレースとなるのではないでしょうか。それこそ次に見据える札幌記念へ向けても格好をつけておきたい1戦でしょうが、果たしてどうでしょうか。

ステイインシアトル

前走の鳴尾記念は武豊騎手の絶妙な逃げで重賞初勝利を遂げたステイインシアトルですが、今回も当然逃げられるかどうかが鍵を握りそうです。それこそ前述のマイネルミラノとの兼ね合いが鍵とはなりそうですが、2頭で隊列がスンナリ決まってしまえば前走同様の逃げ切りまで期待できるのではないでしょうか。

ツクバアズマオー

前走の日経賞では11着と大敗して休養へ。リフレッシュしての1戦となりますが、ツクバアズマオーにとって函館コースはベストとも言える舞台。これまでの成績は(1.2.3.2)と勝ちきれてはいないものの8戦して掲示板を外したことのない相性のいいコースであり、休み明けの実績もあることからここも堅実な走りを見せてくれるのではないかと期待したい1頭となります。昨年は3着と好走した函館記念で昨年以上の結果を狙いたいところではないでしょうか。

サクラアンプルール

果敢に挑戦した前走のG1大阪杯では13着と大敗してしまいましたが、その前の中山記念はネオリアリズムやロゴタイプといったかなりの強豪が集ったレースでの2着。この力を再度見直すならばここでも十分に狙える1頭となりそうです。先行して堅実な脚を使ってくるタイプでもあり、ハンデも手頃ならば初となる洋芝さえこなしてしまえば好走してきても何ら驚けない1頭であると言えるでしょう。

ルミナスウォリアー

ここ3走の重賞成績は5.4.5着とあと一押しの成績が続いていますが果たして今回はどうかといったところ。後方からの競馬をする馬だけに開幕週の芝で末脚届くかは疑問とはなりますが、これまでの休み明けは(2.3.0.0)ととにかく鉄砲駆けする馬でもあり、洋芝さえこなしてしまえば寧ろ狙い目はこの休み明けの1戦ということにもなりそうなだけに軽視禁物の1頭と言っていいのではないでしょうか。

新聞

函館記念2017データ分析からの注目馬

函館記念の過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

1番人気は大不振、過去10年で勝ち馬なし

過去10年で1番人気馬は勝ち星なし。2着が2回あるのみと非常に頼りない成績となっています。データ的には1番人気は迷わずに消しといった感の強い函館記念ではありますが、今年1番人気が予想されるサトノアレスは果たして?あまり人気になるようであれば疑ってかかる手も十分にアリと言えそうです。

2~4番人気馬に注目

1番人気馬は不振ですが、2~4番人気の馬が過去10年で9勝を占めているようにある程度人気の馬を信頼する手というのが函館記念のデータ的セオリーと言えそうです。今年でいえば、マイネルミラノやステイインシアトルあたりから狙うのがベターというのがデータ的結論とも言えるのではないでしょうか。

前走が巴賞の馬が狙い目

過去10年で馬券に絡んだ30頭のうち13頭が前走巴賞の組。函館競馬場に滞在して調整を進めることのできるこの組にはアドバンテージがあるということでしょうか。更に言うと巴賞勝ち馬ではなく、巴賞で敗退している馬の方が狙い目とも言えるデータがあるだけに、今年はスーパームーンやダンツプリウスといったあたりを穴馬候補に挙げてみるのは面白いかもしれません。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595721

【新潟記念2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です 新潟記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。夏競馬最後の注

記事を読む

free10

【中日新聞杯2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 土曜日の中京競馬場では中日新聞杯が発走となります。今年から6年ぶりに12月に開催

記事を読む

サトノダイヤモンド

【徹底検証】きさらぎ賞(G3)は5億円対決サトノダイヤモンドVSロイカバードの一騎打ちなのか?

管理人です。 今年のきさらぎ賞はサトノダイヤモンド・ロイカバードという2頭のセレクトセールで

記事を読む

大井競馬

【JBCレディスクラシック2017予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ開幕するJBCデー。まず発走となるのは今年の砂の女王を決するJBCレディ

記事を読む

調教風景

【富士ステークス2016追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 富士Sへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 目標はあくま

記事を読む