【宝塚記念2017予想】出走馬データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/06/25 広告・おしらせ , , ,

管理人です。

free33

いよいよ迎える上半期の総決算、宝塚記念が阪神競馬場で発走となります。今年は登録11頭と少頭数となっていますが、注目はやはりこの春のG1を連勝しているキタサンブラック。そしてそのキタサンブラックの連勝を止める馬が現れるのかどうかが最大の注目となるでしょう。果たしてどんなレースになるのか、出走馬を徹底分析です。

宝塚記念2017注目馬

キタサンブラック

G1を5勝、今年は大阪杯、天皇賞(春)とG1を連勝し今や国内に敵なしとも言える状況となっているキタサンブラック。ここを勝って堂々と凱旋門賞遠征を宣言するのかどうかに注目が集まっていますが、今の状況を考えるとこの馬を逆転可能な馬は見当たらないというのが現状。昨年は逃げて3着という結果に終わっていますが、更にパワーアップし気性面にも成長が見られる今、先行してどんな展開でも対応が可能ともいえるだけにかなりの人気を背負っても全くの無視はできない絶対的中心の存在と言えるでしょう。

ゴールドアクター

2年前の有馬記念の勝ち馬ではありますが、その後はタイトル奪取はならず。そろそろ限界説も囁かれる中、今回が宝塚記念は初の参戦となります。阪神コースも初となるだけにこの初コースで一変なるかといったところでしょうか。引き続き横山典騎手が手綱をとりますが、この大一番でそれこそ横山マジック炸裂なればという期待はもてますが、正直現状の勢いではキタサンブラックの逆転はなかなか望みにくいのが事実。それこそ2年前のようなキタサンブラックをマークする競馬での金星に一縷の望みを託すといったところでしょう。

サトノクラウン

昨年の香港ヴァーズでハイランドリール以下を負かしてG1初勝利を遂げたのは記憶に新しいところではありますが、続く京都記念も制して自信をもって臨んだ大阪杯では6着敗退。キタサンブラックとの力差を痛感するところとはなりましたが、大敗から一変して勝利を遂げたりと掴み所のない馬でもあるだけに、時計のかかる馬場にでもなれば逆転の目が生まれてくる可能性はあるかもしれません。阪神コースはこれまで昨年の宝塚記念6着・今年の大阪杯6着と良い結果の出ていないコースではありますが、デムーロ騎手の手腕に期待してみる手もあるかもしれません。

シャケトラ

4歳馬でもキャリアはまだ7戦。更なる上積みも見込めそうなシャケトラですが、初のG1挑戦となった前走の天皇賞(春)では果敢に先行する競馬をしましたが力負け。距離も長かったという可能性はありますが、それでもG1戦線の一戦級との力差を感じさせる1戦とはなりました。ただ、きつい競馬を経験したことを糧に更なる成長を遂げているとすればまだまだ上昇の目はあると言えるのではないでしょうか。鞍上にはルメール騎手を確保して陣営も巻き返し態勢を整えており、阪神コースは3戦3勝と得意としているコースでもあり、少なくとも前走以上の走りをここでは期待してみたいところではあります。

シュヴァルグラン

重賞勝ちは昨年のアルゼンチン共和国杯のみという実績ですが、昨年のジャパンカップ3着、更に今年の天皇賞でも2着と好走し、G1制覇まではあと一押しといったところまできているシュヴァルグラン。今年に入ってからはサトノダイヤモンド・キタサンブラックに真っ向勝負を挑んでともに2着という結果ではありましたが、キタサンブラックとはジャパンカップと有馬記念時が0.5差、そして天皇賞(春)で0.2差まで着差を詰めてきているあたり、それこそ今度こそはの逆転を陣営は目論んでいるに違いないでしょう。そういった面では注目しておきたい1頭となりそうです。

ミッキークイーン

圧倒的な1番人気に支持されたヴィクトリアマイルでは不可解な7着大敗。久々のG1勝利を逃したミッキークイーンが宝塚記念に駒を進めてきます。前走の大敗のダメージが気になるところではありますが、今回は6戦して(3.3.0.0)と抜群の相性を誇る阪神コースということと、昨年の有馬記念でも5着好走しているように牡馬相手でもそこまで力差はないことを考えれば、この舞台でも十分に戦える存在であるということは言えるでしょう。

ミッキーロケット

明け4歳で早々に日経新春杯でシャケトラを下して勝利した際には今年の飛躍が期待されましたが、京都記念・大阪杯とともに結果を残せずというところで今年の春を終えたミッキーロケット。いま少しやれてもいい素材と評価する関係者は未だに多くいる中で果たして宝塚記念で結果を残すことができるのかには注目が集まります。今回は大阪杯以来の出走とはなりますが、詰めて使うよりも間隔を開けたほうが結果を残している馬でもあり、リフレッシュ効果で好走を期待したい1頭と言えるのではないでしょうか。

free02

 

宝塚記念2017データ分析からの注目馬

宝塚記念の過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

1番人気過信禁物

過去10年で1番人気が勝ったのは2度、勝率は僅かに20%という頼りない数字となっています。昨年も単勝1倍台のドゥラメンテが、一昨年も単勝1倍台のゴールドシップが敗れて波乱となっているように単勝1倍台の圧倒的人気を背負った馬が敗退するレースが続いている宝塚記念。今年はキタサンブラックが圧倒的人気を背負いそうですが、データ的には過信禁物。頭固定での馬券勝負では的中率が20%となるということになります。

6番人気・8番人気に注目

1番人気の馬の勝率が20%であることは前述の通りですが、逆に6番人気・8番人気の馬も2勝づつ挙げており勝率20%ということならば配当妙味を狙うならば6番人気・8番人気馬ということになりそうです。今年は11頭という少頭数の競馬となりますが、それこそ6.8番人気くらいの馬が勝つならばそれなりの配当は見込めそうな予想オッズとなっているだけに、これは注目すべきデータと言えるかもしれません。

世代では4歳⇒5歳⇒6歳。

過去10年で馬券に絡んだ馬の世代をチェックすると4歳が13頭・5歳が11頭・6歳が6頭という割合。基本的には4.5歳馬中心という馬券の組み立てが正解と言えそうです。とはいえ、今年の出走メンバーは殆どが4.5歳馬であり、6歳以上はクラリティシチー・ゴールドアクター・ヒットザターゲットの3頭のみ。ならばこの3頭は真っ先に消しという判断をこのデータは示しているとも言えそうです。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【予想公開】 ※朝日杯FS(G1)タワーオブロンドン・ダノンプレミアムの状態は・・・!?

【自信勝負】 ☆ターコイズS(G3)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【阪神競馬】 2歳マイル王決定戦!今週の注目『朝日杯FS(G1)』の注目予想情報はコチラ

【中山競馬】 ★ターコイズS(G3)荒れる牝馬ハンデ重賞を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

阪神競馬場

★2016フィリーズレビュー(G2)★高配当を生み出す狙い馬は?

管理人です。 桜花賞出走へ向けた3枚の最終切符を手にするのはどの馬か? 毎年波乱傾向にあるフ

記事を読む

TCK女王盃

【2016TCK女王盃(Jpn3)】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 2015年のダート戦線は牝馬のサンビスタがチャンピオンズカップを勝利という快挙達

記事を読む

京都競馬場ダート

【みやこステークス2016予想オッズ】アスカノロマン・ラニ・モーニンが人気も…

管理人です。 暮れのチャンピオンズカップへ向けても注目のみやこステークスが日曜京都競馬場で発走

記事を読む

【神戸新聞杯2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 菊花賞へ向けてダービー馬レイデオロがいよいよ復帰戦を迎えることでも注目を集める神

記事を読む

S__4595721

【シリウスステークス2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 シリウスステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。秋

記事を読む