【ユニコーンステークス2017予想】出走馬データ分析

公開日: : 最終更新日:2017/06/18 広告・おしらせ , , , ,

管理人です。

free21

今週の東京競馬場では3歳春のダート戦線の王者を決するユニコーンステークスが発走となります。ここを勝つようならば7月のジャパンダートダービーへ駒を進めることもできるだけに各馬まさにメイチ勝負の様相ですが、UAEダービーに挑戦したアディラートやNHKマイルカップ2着のリエノテソーロの参戦もあり例年以上に盛り上がりを見せそうです。

ユニコーンステークス2017注目馬

アディラート

果敢に挑戦したドバイでのUAEダービーではエピカリスの番手につけて正攻法の競馬で臨みましたが直線失速して12着という結果に終わりました。帰国後立て直しての1戦で改めて見直したいところですが、2走前のヒヤシンスSではユニコーンSと同じ東京ダート1600mでエピカリスと接戦を演じた実力もあるだけに軽視は禁物の存在であることは間違いないでしょう。海外遠征後だけに調整も難しいことは百も承知の上でこの馬のスピードを活かせる展開に持ち込めれば勝ち負けまで十分に力のある馬といえます。

リエノテソーロ

この春は芝に挑戦してNHKマイルカップで2着に好走したのは記憶に新しいところ。とはいえ、2歳時は全日本2歳優駿を制している2歳ダートチャンピオンがこの馬。ダート適性があることは疑いようもなく、実績的にも今回のユニコーンステークスでは当然主役級の評価をされてくることでしょう。折り合いをつけて直線抜け出す競馬のできるセンスのある馬でもあり、これだけの実績がありながらも54kgで出走できるとなれば条件的にはかなり有利と言えるでしょう。次のジャパンダートダービーは距離的にもどうかというところではあるだけに、まずはここに全力投球というのが陣営の姿勢ではないでしょうか。

サンライズソア

近年、ステップレースとして活躍馬を輩出している青竜ステークスを制したサンライズソア。それこそ青竜Sは人気薄での好走となりましたが、ダートは2戦2勝とまだまだ底を見せていません。先行して粘りの競馬を見せる正攻法の競馬をするタイプで今回も同様のレース運びをしてくることが想定されますが、東京ダート1600mの持ちタイムもメンバー最上位だけに前走だけ走れれば当然首位争いをしてくることが想定されます。

アンティノウス

ただいま未勝利・500万下と2連勝中。その勢いでユニコーンステークス制覇を狙いますが、前走は道中3番手を追走すると直線ではあっという間に抜け出しての大楽勝。大型馬がレースを使いつつ身体の使い方を覚えてきたのかとにかくその成長振りは目を見張るものがあります。時計的には今回の相手ならば大幅に詰めなければいけないところはありますが、まだまだ底を見せない魅力を秘めた1頭と言えるのではないでしょうか。

サヴィ

休み明けとなった前走の京都での500万下戦はスタートで後手を踏んで後方からのレースとなったものの、直線1頭違う末脚で一気に前の馬を捉えて突き抜ける非常にインパクトのある勝ち方をして見せたサヴィ。今回は初の1600mに東京コースへの遠征など課題も多く残してはいますが、その性能には一目置いておく必要がある1頭と言えるのではないでしょうか。戦績的にも2戦2勝。無敗で3連勝、そして重賞制覇なるかには注目しておきたいところではあります。

リヴェルディ

4月の伏竜ステークスでは装鞍所でのトラブルで除外となったものの、続く鳳雛ステークスでは京都への遠征をもろともせずに2着好走。その力のあるところを示したリヴェルディですが、東京ダート1600mで2勝の実績があり、コースアドバンテージがありそうな今回も好走を期待したいところです。中団から長くいい脚を繰り出すタイプでもあり、混戦になった際には粘り強い脚を伸ばしての好走の可能性も十分にあると言えるのではないでしょうか。

新聞

ユニコーンステークス2017データ分析からの注目馬

ユニコーンSの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

前走、青竜ステークス組に注目

まだこのレースができて4年目ですが2年前のユニコーンステークスでは1-3着を前走が青竜ステークス組で独占という結果にもなっており、過去3年で勝ち馬が出走したのは2年、その2頭ともユニコーンSで馬券に絡んでいるのですから、かなり相性の良いステップレースと言えるでしょう。今年は勝ち馬のサンライズソアをはじめ、ハルクンノテソーロ・シゲルベンガルトラと上位入線馬がエントリーしてきているだけに当然注目の存在となるころでしょう。

関東馬不振。関西馬勝率70%

関東圏でのレースではありますが、過去10年では関東馬3勝なのに対して関西馬が7勝と圧倒しています。今年も勝ち馬は関西馬からという見立てでもいいかもしれませんが、リエノテソーロが1番人気になるようならば要注意。過去10年で関東馬の1番人気馬は(2.1.0.0)としっかりと仕事をしているというデータがあります。関東馬が1番人気ならば信頼ですが、そうでないのならば関西馬からという狙いと言えそうです。

穴ならば前走重賞で大敗の人気薄。

比較的平穏な結果の多い重賞ではありますが、敢えて穴に狙うならば前走重賞で大敗して人気を落としている実績馬でしょう。2013年にはUAEダービーで大敗したケイアイレオーネ(11番人気)が3着に好走して波乱の結末となったり、芝の重賞で大敗し、ダートで一変というケースが波乱パターン。ともなれば今年はアディラートやテイエムヒッタマゲあたりが人気薄になるようであれば穴馬として狙ってみても面白いのかもしれません。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【予想公開】 ※朝日杯FS(G1)タワーオブロンドン・ダノンプレミアムの状態は・・・!?

【自信勝負】 ☆ターコイズS(G3)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【阪神競馬】 2歳マイル王決定戦!今週の注目『朝日杯FS(G1)』の注目予想情報はコチラ

【中山競馬】 ★ターコイズS(G3)荒れる牝馬ハンデ重賞を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

阪神競馬

【自信アリ】阪神9Rアザレア賞☆予想☆関係者裏情報

管理人です。 久々に重賞のない土曜日の競馬となりますが、注目すべきレースは多々あります。 そ

記事を読む

地方競馬2

【スパーキングサマーカップ2017予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です 今週の南関東、川崎競馬の注目レースは地方交流重賞のスパーキングサマーカップ。南関東

記事を読む

調教スタンド

★2016新潟記念(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 新潟記念へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンと新潟競馬場で実施されました。

記事を読む

free16

【東海ステークス2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 フェブラリーステークスへ向けての注目の前哨戦、東海Sの最終追い切りが美浦

記事を読む

no image

【京成杯2017予想オッズ】超大物!?サーベラージュ登場!

管理人です。 来るべき春の皐月賞と同じ舞台、中山の2000mで行われる京成杯が今週末発走となり

記事を読む