【エプソムカップ2017出走馬分析/データ分析】素質馬集結で注目の1戦

管理人です。

free10

今週の東京競馬場のメインはエプソムカップ。ここ数年の勝ち馬を見てみてもルージュバック・エイシンヒカリ・ディサイファとその後にG2・G1を制しているように出世レースともなっています。今年もエプソムカップを制して秋に飛躍を狙うアストラエンブレムやタイセイサミットといった好素質馬も集い見応えのあるレースが期待できそうです。

エプソムカップ2017出走馬分析

アストラエンブレム エプソムカップ2017

母は秋華賞馬ブラックエンブレム。その血統からもデビュー時から活躍が期待されていましたが、3月の大阪城ステークスではじめてのオープン特別勝ち。前走メイステークスでもハンデを背負いながら2着好走と漸く力をつけて重賞に手の届くところまできました。この秋に狙うのが重賞だけではなくG1ということになるのであれば賞金加算すべくここは当然2着以上は確保しておきたいところ。スローの瞬発力勝負ならばかなり切れる脚を使える反面、流れが速くなると末脚が鈍る傾向のある馬だけに、ここはスローに流れての瞬発力勝負を陣営は臨んでいることでしょう。鞍上デムーロ騎手ということもあれば今年のエプソムカップはこの馬が1番人気ということになるでしょうか。

クラリティスカイ エプソムカップ2017

人気の中心は勢いのある4歳馬。されど一昨年のNHKマイルカップの勝ち馬クラリティスカイにも注目しないわけにはいきません。そのNHKマイルカップ勝利後は勝ち星から遠ざかっていますが、田辺騎手とコンビを組むようになってから戦績が回復。今年に入ってからは柴田善騎手が騎乗して大敗したAJCCを除けば2.3.3着と成績も安定。あと一押しで久々の勝利というところまできています。先行粘り込みのレースが板についてきた今、斤量的にも別定で56kgというのはここ最近57.5kgを背負ってきたこの馬にとっては条件好転。ここは久々の勝利へ向けて陣営もメイチ勝負といったところではないでしょうか。

タイセイサミット エプソムカップ2017

54kgという軽ハンデもありましたが、前走メイすてーくすではアストラエンブレムを退けて勝利を手にしたタイセイサミットは3連勝での重賞制覇を狙ってエプソムカップに駒を進めてきます。3歳時には毎日杯3着や弥生賞4着と重賞でも活躍をしてきた馬だけに力があることは確かで、東京コースも走り慣れている相性のいいコース。距離的にも1600-1800mくらいがベストと思われるだけにその素質と勢いに要注意の1頭と言えるでしょう。陣営も戸崎騎手を早めに抑えてまさにこのエプソムカップでの勝負気配を漂わせているだけに、斤量差こそアストラエンブレムとは同斤量だけになくなりますが、地力でも好勝負が可能と見ていいのではないでしょうか。器用に先行できるタイプでもあり、スタートさえ決めれば大崩れする雰囲気はないだけにこれは注目の存在となってきそうです。

フルーキー エプソムカップ2017

昨年ほどの勢いはないものの、エプソムカップは2着と好走している相性のいい重賞でもあります。今年に入ってからの戦績は6.15.4着とさすがに年齢的に限界説も囁かれてはいますが、いずれのレースも着差は1着馬と1秒以内には駆けてきておりまだまだ能力の衰えと短絡的に判断するのは危険と言えそうです。後方より末脚を伸ばしてくるタイプだけに展開の助けがある程度必要でもあり、更に今年も58kgを背負うのは楽ではありませんが、それでも実績馬が意地を見せる可能性は十分にあり、警戒が必要な1頭であることは間違いないでしょう。

マイネルミラノ エプソムカップ2017

昨年3着のマイネルミラノは前走、福島民報杯を快勝しての参戦。7歳になりましたがまだまだ衰え知らずといったところでしょうか。ここで重賞2勝目を狙いたいところではありますが昨年よりも斤量は重くなり58kgを背負う点は不安といえば不安です。それでもスムーズに運べた際の粘り腰はかなりのものがあり、今回も先週のロゴタイプのような脅威の粘りをこの馬が見せてくる可能性も十分。特に揉まれず進める外枠からのレースでは安定感も増すだけに、外枠を引いた際には要警戒とも言える1頭となりそうです。

その他の注目馬

他にも安田記念をパスしてエプソムカップ勝負に出てくるヴィクトリアマイル2着馬のデンコウアンジュや、その末脚にはまだまだ警戒が必要なヒストリカル。重賞勝ちの実績は侮れないマイネルハニーベルーフなど、上位の実力はかなり拮抗した1戦と言えるのではないでしょうか。

 

新聞

エプソムカップ2017データ分析からの注目馬

エプソムカップの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

4歳馬が活躍。馬券の中心はこの世代

過去10年の10頭の勝ち馬のうち7頭までもが4歳馬。10年のうち9年は4歳馬が馬券に絡んでいるというデータを見れば、馬券の狙い目はまず4歳馬ということになりそうです。今年は人気になりそうなアストラエンブレムやタイセイサミットが4歳馬となりますが、これらの馬にとっては追い風となるデータになりそうです。

騎手のリピートが続く重賞レース

2008.2009年は武豊騎手が、2010年から2013年の4年連続で福永騎手が連続して馬券に絡み、2014.2015年と四位騎手が連続して馬券に絡みました。2016年はリピートする騎手がいなかったことを考えれば今年は2016年に馬券に絡んだ騎手がリピートする可能性はかなり高いと言えそうです。ちなみに昨年の1-3着の騎手は戸崎・デムーロ・柴田大知騎手。今年は戸崎騎手がタイセイサミットに。そしてアストラエンブレムにデムーロ騎手が騎乗するだけにこれは更に追い風となるデータとなります。

穴ならば3着に7歳の人気薄馬

2014年 3着 ダークシャドウ(8番人気)
2012年 3着 マイネルスターリー(15番人気)
2010年 3着 キャプテンベガ(9番人気)
に共通するのはともに7歳馬で人気薄であったという点。間隔的には昨年が好走年であったのですが、昨年・一昨年と平穏な結果となっており7歳馬の好走がなかっただけに今年は荒れるならば7歳の人気薄馬を3連単の3着に入れて狙ってみるという手は十分にアリと言えそうです。ちなみに今年の登録馬で7歳なのはフルーキー・マイネルミラノ・レッドレイヴンの3頭のみ。果たしてこれらの馬の3着はあるのでしょうか。

競馬新聞1

それでは今週末もあなたの手に幸運の馬券がありますことをお祈りしております!

【予想公開】 ※朝日杯FS(G1)タワーオブロンドン・ダノンプレミアムの状態は・・・!?

【自信勝負】 ☆ターコイズS(G3)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【阪神競馬】 2歳マイル王決定戦!今週の注目『朝日杯FS(G1)』の注目予想情報はコチラ

【中山競馬】 ★ターコイズS(G3)荒れる牝馬ハンデ重賞を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free06

【皐月賞2017追い切り予想】状態絶好の狙い馬を徹底調査!

管理人です。 皐月賞へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。主役不

記事を読む

大井競馬2

【JBCスプリント2017予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 今年のダート短距離王を決するJBCスプリント。前哨戦の東京盃は地方馬が1.2を決

記事を読む

地方競馬2

【ロジータ記念2017予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の南関東の注目レースは3歳牝馬によるロジータ記念。JBCレディスクラ

記事を読む

free30

【紫苑ステークス2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 牝馬3冠最終戦の秋華賞へ向けての3歳牝馬の争いが秋競馬開幕週に早くも勃発。中山競

記事を読む

地方競馬2

【スパーキングレディーカップ2017予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 今週は夏女を決める1戦、スパーキングレディーカップが川崎競馬場で発走とな

記事を読む