【安田記念2017枠順・馬場・陣営コメント】予想に役立つ直前情報

管理人です。

新聞

馬券的中に直結。安田記念の枠順から有利な馬、不利な馬は?また当日の馬場状態が向く馬は不向きな馬は?更には直前の陣営のコメントから勝負気配を読み取ります。直前情報から急浮上する馬は果たしているのでしょうか?

安田記念2017当日の馬場状態

馬場状態は良。土曜・日曜とも降雨の予報はなく、この中間も木曜日に4mmの降雨がありましたが馬場に影響するような降雨量ではなく良馬場での発走となりそうです。先週の東京マイルでは1000万下で1分33秒台の決着であったことを鑑みると、極度のスローにならない限りは1分31秒後半から1分32秒前半の走破タイムとなることが想定されます。東京競馬場の芝コースは3.4コーナーの内側で痛みが目立ちはじめているというJRAの発表がありますが、直線はまだまだ良好な馬場状態を保っていることから、直線でインから伸びてくる馬もいるのではないでしょうか。

安田記念2017有力馬の枠順と陣営のコメント

2枠4番 アンビシャス

脚を溜めるには絶好とも言える内目の枠をゲットしたアンビシャス。過去2枠からスタートした際は宝塚記念で大敗を喫していますがこの時は先行策をとってのもの。じっくりと脚を溜めて末脚を活かすことができれば上位浮上も可能なのではないでしょうか。理想は内で脚を溜めて直線で内から抜け出すという競馬でしょうか。ただこれが初のマイル挑戦となるだけに、位置取りがあまりにも後ろ過ぎると外を回らざるを得なくなり大きなロスを被る可能性もあるだけに、横山典騎手の後方ポツンを警戒しつつの狙いとなってしまいそうです。

音無師「後入れの偶数枠で良かった。ここなら前に壁をつくって運べそう」
出典:Yahooニュース

3枠5番 コンテントメント

香港からの刺客、コンテントメントはチャンピオンズマイルを制しての勢いで2年連続の参戦となります。昨年は馬体を大きく減らして力を発揮できずに終わりましたが今年はその経験が活きて力を発揮することができれば怖い存在であることは言うまでもありません。鞍上は「マジックマン」モレイラ騎手。内目の枠を引いたことにより、先行勢の後の内目をロスなく進む競馬から、それこそ最短距離で直線一気に伸びてくる可能性もあるだけに警戒が必要と言えるでしょう。ただ持ち時計的には速い時計決着となった場合には不安があることは否めません。

サイズ師「昨年は力を出せずに終わったが、2度目で劇的に変わることを期待したい。先行馬から離れずに行く形になると思う。枠は内の半分以内なら」
出典:Yahooニュース

3枠6番 レッドファルクス

調教師も笑顔を見せる絶好の枠を手にしたレッドファルクス。距離が心配視される中でこの枠ならばロスなく運べる可能性が高いと言えそうです。極端に時計の速い競馬になった場合は対応が難しくなる可能性もありますが、スローに流れての瞬発力勝負ならばそれこそスプリントで培った一瞬の末脚が活きる可能性も大。まずはデムーロ騎手はスタートを決め手中段の内で好機をうかがうレースを展開していくのではないでしょうか。

尾関師「あまり内過ぎず外過ぎずでいいところ。赤い帽子でいいのでは」
出典:Yahooニュース

4枠7番 グレーターロンドン

これまでのレースを見れば、道中は最後方から直線一気の競馬をしてきているだけに今回も大きく戦法を変えることはなさそう。それだけに枠順の内外にはそこまで陣営も拘っていないでしょうが、良馬場でレースを迎えられることはこの馬にとっては何よりでしょう。スローの瞬発力勝負で常に速い上がりを繰り出してきた馬だけに、ある程度スローな流れで瞬発力が求められる流れになり、スムーズに立ち回って直線を向けば強烈な末脚を繰り出してくるのではないでしょうか。ただ相手が一気に強化するだけに揉まれこむと失速の可能性もあり、いかにスムーズに競馬ができるかが鍵となりそうです。

大竹師「この馬は枠(7番)はどこでもあまり気にならない。追い切った後も変わりない」
出典:Yahooニュース

4枠8番 エアスピネル

先行して器用に立ち回る脚があるだけに枠順はそう気にする馬ではありませんが、それでも内外の馬を見ながらポジショニングができるだけに真ん中の偶数枠という枠は歓迎のクチでしょう。速い時計にも対応できる馬で自身の持ちタイムも1600mで1分32秒台を保持。この馬にとってはスローで極端な上がり勝負となるよりはある程度ペースが流れての速い時計での決着の方が歓迎というタイプ。ならば昨年のようなスローの流れになろうものなら、自ら動いて勝ちにいく競馬をしにいく競馬も有り得るのではないでしょうか。G1戦だけに武豊騎手も悔いの残らない思い切った競馬をしてくる可能性もありそうです。

笹田助手:「いいところだと思う。内も外も見ながら競馬ができる」と笑顔。角馬場からCウッドで調整。落ち着きは十分だ。順調にきているし、やれることはやった。あとはジョッキーに任せるだけ」
出典:Yahooニュース

6枠11番 ブラックスピネル

東京新聞杯では奇襲的な逃げでエアスピネルを封じて重賞制覇を果たしているブラックスピネル。外目の11番枠となりましたが、陣営は意に介するところはなさそう。戦法は既に先行と決めて行く馬もいなければハナを奪ってスローに持ち込み東京新聞杯同様のレースを狙うつもりでしょうか。デムーロ騎手がレッドファルクスに乗ることになり、松山騎手が騎乗しますが、先週のダービーで後悔の残る騎乗であった松山騎手が開き直って思い切った騎乗をするようであれば警戒も必要になってくるのではないでしょうか。

音無師「行く馬が外にいる。今回は先行させるつもりだし、内のいいところを走れるんじゃないか」
出典:Yahooスポーツ

7枠14番 サトノアラジン

前走の京王杯SCは悪い馬場を気にして持ち前の末脚を発揮することはできませんでした。それだけに今回の良馬場予報は陣営にとっても歓迎でしょう。外目の枠を引いてしまっただけにうまく壁を作れるかが鍵となりそうですが、これまでの5勝はすべて5枠より外で記録したもの。内に包まれるよりは外目を伸び伸びと走れる方がよいということでしょうか。ともなればこの14番枠という外枠は歓迎であり、良馬場で一変の走りを見せてくれる可能性は十分にある1頭と言えそうです。

兼武助手「個人的には(外枠は)良かったと思う。内が有利かもしれないけど、ごちゃついてさばけなくなるより、スムーズに運びやすいのでは。大外でもないし、壁をつくりながら進めて、直線でのびのび走れれば。変わらず順調だし、爆発力は引けをとらないはず」
出典:Yahooニュース

7枠15番 イスラボニータ

ルメール騎手の4週連続G1制覇のかかる馬ということになりますが、外目の枠を引いてしまっても問題なし。これまでも外枠でも結果を残しており、時計が速くなっても対応可能なことは前走マイラーズカップ勝利で証明済み。不安よりも期待が大きい条件が揃っていると言っていいのではないでしょうか。ルメール騎手とのコンビでは馬券圏内を外したことのない相性の良さを示していることからももはや連軸にするならばこの馬。ということになるのでしょうか。

栗田博師「東京のマイルは内枠、外枠あまり関係ない。前走も大外から上手に立ち回って勝ってくれているしね」
出典:Yahooニュース

8枠16番 ロゴタイプ

かなり外目の枠となってしまいまいましたが、出たなりにポジショングができる馬だけに陣営もそう心配はしていない模様。メディアの予測ではハナに行く馬はこの馬と目されていますが、外から内の出方をうかがって出たなりの競馬をすると陣営がコメントを出しているように別にハナには拘っていない模様。とはいえ、主張する馬がいないのならばこの馬がハナにというシーンもあるでしょう。純粋な瞬発力勝負になると分が悪いのは解っているだけに、いかに昨年同様に前残りのペースを作れるかが課題となってくるでしょう。

田中剛師「スタートしてから直線が長いし、行く馬を行かせて、見ながら行けるし、いいんじゃないかな。有利不利はあまりないから」
出典:Yahooニュース

8枠18番 ステファノス

ロスが大きくなる大外枠はどう見ても不利となるだけに、陣営もこれに関してはトーンダウンではありますが、実は東京マイルで初重賞制覇をした際が8枠の大外枠であっただけに吉兆とも言えるかもしれない枠順とはなりました。G1でとにかく悔しい競馬が続いているだけになんとかタイトル奪取を望む陣営ではありますが、久々に手綱をとる戸崎騎手が今回この馬を大外枠からどう導くかは注目といったところです。渋った馬場は歓迎ではないタイプなだけに良馬場で行われるのはまず歓迎でしょう。

藤原英師「理想は真ん中やけどな。良馬場でやれそうなのが何より。マイルを意識した調整で、いい雰囲気」
出典:Yahooニュース

安田記念2017直前特注馬情報

※枠※番 ☆☆☆☆☆☆

大混戦が見込まれる今年の安田記念。前売りオッズでも1番人気が入れ替わり、10倍以下のオッズの馬も6頭を数えどの馬を本命にすればいいかも非常に悩ましい1戦。予想するには難しいレースとなりそうですが、こういったレースは逆に少点数でビシッと的中させると思わぬ高配当を得るチャンスでもあるだけに、しっかりとした情報を元に馬券は購入したいものです。
安田記念直前ナマ情報入手はコチラから

レース直前の関係者ナマ情報

そんな安田記念において独自取材を進め、陣営の手応え・馬のコンディション・当日の馬場状態や流れを踏まえてのいわゆる「ナマ情報」を提供してくれるスポーツ紙やメディアはなかなかありません。そんな中、安田記念に関する根拠ある極秘情報を緊急公開するとプレスリリースしたことで、競馬関係者からも注目を浴びているのが このサイト です。

それこそ、『競馬界の文春』とまで言われることがあるほど、スッパ抜き情報を惜しげもなく公開しており、競馬初心者から競馬玄人まで幅広い競馬ファンに支持を広げており、そのナマ情報が公開されるや否や対象馬のオッズがグンと下がるという現象も起こるほどというので衝撃的です。

そんなナマ情報が安田記念で発生しているということなのですから、今すぐに確認しておいたほうがよさそうですね。

【 安田記念の極秘ナマ情報公開はコチラから 】

free22

それでは、安田記念をしっかりと的中させて最高の週末となりますようお祈りしております!

【船橋競馬】 ☆クイーン賞(Jpn3)南関東競馬で週末の資金稼ぎ$したい方へ☆

【阪神G1】 朝日杯FS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

小倉

【マイラーズカップ2018予想オッズ人気上位馬は買いか消しか?】

管理人です。 安田記念へ向けて有力マイラーが出走してくるマイラーズカップが今週の京都競馬場で発

記事を読む

S__4595721

【七夕賞2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 七夕賞へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。12頭立ての少

記事を読む

競馬1

【ラジオNIKKEI賞2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 早くも目指すは秋の菊花賞。この夏に実績を残して秋の飛躍を狙う素質溢れる3

記事を読む

ダート

【みやこステークス2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 12月のG1レース、チャンピオンズカップへ向けて注目の1戦みやこステークスが今週

記事を読む

【菊花賞2018出走馬・騎乗騎手徹底分析】

いよいよ今週末はクラシック3冠の最終戦、菊花賞が京都競馬場で発走となります。出走全馬が初めて挑戦

記事を読む