安田記念2017出走予定馬徹底分析[2]~コンテントメント他

公開日: : 最終更新日:2017/05/30 重賞展望 ,

kawata_tuika15_960_720

安田記念2017徹底分析[2]

2017/6/4(日) 東京11R 安田記念(G1)

3歳以上オープン 1600m (芝) 定量戦

日本馬VS香港馬の図式が濃厚な、今年の安田記念。
当日は是非、良馬場での闘いを望みたい。

出走予定馬の1頭1頭を、4回に分けて紹介します。

安田記念2017/出走予定馬のポイント

安田記念 出走予定馬/コンテントメント(香港) 7歳せん馬

2016年 チャンピオンズマイル(G1):2着
2016年 クイーンズシルバージュビリーカップ(G1):1着
2017年 チャンピオンズマイル(G1):1着
上記が同馬の主だった成績、ここまで29戦して10勝。
マイルの G1成績は、7戦1勝、2着1回。
今年のチャンピオンズマイルでは、ビューティーオンリーをクビ差 退けている。
左回りは昨年の安田記念の1回だけ、その時は12着の成績。
今回は日本の競馬に慣れているモレイラ騎手だけに、違った答えを導いてくれるかも。

安田記念 出走予定馬/サトノアラジン 6歳

今年の緒戦は5カ月ぶりの京王杯SC、昨年に勝利したレースだった。
ところが、道悪競馬になり 『 馬場に切れを削がれた 』( 川田騎手 ) で9着。
1400mはベスト条件だけに、好仕上がりで臨んだ一戦に陣営のショックは隠せない。
安田記念は叩き2走目になるが、1400mから距離が延びると、徐々に成績は下がってしまう。
1600mは守備範囲ではあっても、1400mほどの安定感はない。
昨年のマイルCSは5着、香港マイルではビューティーオンリーの7着に終わっている。
良馬場なら変わり身はあるだろうが、昨年の安田記念4着以上の走りはどうだろうか?

安田記念 出走予定馬/サンライズメジャー 8歳

暮れの1400mオープン特別を勝ったが、その後の重賞戦は善戦まで。
安田記念は2015年に挑戦し11着、昨年のマイルCSは15着だった。
ここまで1600mで6勝を挙げているが、華々しさは窺えない。
年齢的な衰えは隠せず、ここも大きな期待は難しいだろう。

安田記念 出走予定馬/ステファノス 6歳

2014年のセントライト記念からは重賞レースばかり使っている。
この中で勝利は富士Sだけ、他では2、3着はあっても、勝ってはいない。
国内の G1レースでは、秋の天皇賞で2着と3着、前走の大阪杯で2着がある。
このことからも、ベスト距離は2000mの中距離と推察できる。
1600mは富士Sを勝って以降は、まったく走っていない。
走るリズムは中距離のペースが身に染みついているので、
スムーズな追走ができるかどうかに疑問符が付く。

安田記念 出走予定馬/ダッシングブレイズ 5歳 (次点)

今回が休み明け3走目となる。緒戦のマイラーズCはイスラボニータの8着。
前走はこなしてもいい道悪競馬1400mだったが、伸び悩んで7着がやっと。
G1レースで勝ち負けをするには、ここまでの戦歴が物足りない。
今回で休み明け3走目になるので、デキの上積みも期待できないので…

3に続く…

安田記念2017出走予定馬徹底分析

安田記念2017出走予定馬徹底分析[1]~イスラボニータ他

【大井競馬】 ※黒潮盃(S2)徹底分析予想はこちらから"

【盛岡競馬】 ※クラスターカップ(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【札幌記念】 札幌記念(G2)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

【小倉競馬】 九州スプリント王決定戦『北九州記念(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

小倉

宝塚記念2017データから傾向を分析!

宝塚記念・データからの傾向! 2017/6/25(日)開催 阪神11R 宝塚記念(G1) 3

記事を読む

kawata_tuika24_960_720

有馬記念 2017 データ から傾向を分析!

有馬記念・データからの傾向! 2017/12/24(日)開催 中山11R 有馬記念(G1)

記事を読む

中京競馬場

【12/5(土)中京11R 金鯱賞】馬券分析・予想

中京 金鯱賞・ 馬券分析! 中京の名物レースで、名古屋ファンには馴染みが深い。 G

記事を読む

アドマイヤデウス

【2016日経新春杯(G2)】1週前出走馬動向をチェック!

☆ 1月17日京都は G2戦、2400m芝の日経新春杯! 春の天皇賞に向け、盾を目指す

記事を読む

ドゥラメンテ1

【2015日本ダービー】ドゥラメンテの二冠達成は?

ドゥラメンテの二冠達成は? 4角まで内々を追走していた馬が一気に大外へ。 そこから追

記事を読む