【オークス2017追い切り予想】究極の仕上げで臨むのはこの馬!

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 広告・おしらせ , , ,

管理人です。

kawata_tuika23_1280

3歳牝馬の頂点へ。オークスへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。3歳牝馬といえば人間に例えればまだ高校生くらいの年齢。そんな若い牝馬同士の一戦だけに状態面もしっかりと確認しておく必要があることは言うまでもありません。一生に一度の夢舞台へ向けて、究極の仕上げで臨む馬はどの馬なのか?追い切りの動きをチェックしていきましょう。

  • アドマイヤミヤビ

    栗東坂路 55.0 40.4 27.1 13.6 馬なり
    桜花賞後もすぐに乗り込みを再開しコースと坂路併用でこの馬のいつも通りの調整を積んできています。桜花賞12着敗退は案外も案外の成績となりましたが、1週前にはデムーロ騎手が騎乗してコースで終い11秒台の鋭い脚を披露。これは桜花賞時以上の迫力で間隔が開いた前走を1度使って状態面は確実に上昇していると見てよさそうです。要は桜花賞大敗の精神的ダメージさえなければ、堅実な末脚を見せてくれる可能性は高い状態にあるといったところではないでしょうか。

  • ソウルスターリング

    美浦南W 68.1 52.5 38.6 12.3 馬なり 併せ併入
    桜花賞後は一旦短期放牧に出て、4月30日から再度乗り込みを再開。いつも通りに坂路とコース併用で藤沢流の馬なり調整を重ねてきています。最終追い切りはルメール騎手が騎乗してコースで行われましたが、桜花賞時同様に迫力満点の動きを見せ、この馬は走ると改めて印象付けるような走りとなりました。終いの12.3という時計はこれまでの自己ベストタイムともなり、状態面の不安は何もないといったところではないでしょうか。良馬場で改めて強いソウルスターリングの走りを見られる状態にあると言えそうです。

  • フローレスマジック

    美浦南W 80.3 65.3 51.3 38.0 12.4 一杯 併せ先着
    フローラステークス3着時は最終追い切りをコース4F追いで行いましたが、今回は戸崎騎手騎乗で長めから。残り4Fから加速すると4F51秒台をマークしてのフィニッシュはまさに絶好の動き。オークス目標にきっちりと仕上がった感の強い仕上がりと言えるのではないでしょうか。馬自身、きっちり追われて気合を注入されているだけにここ数戦の惜敗続きの競馬から脱却するならば今回といったところでしょうか。ここ一番に強いディープインパクト産駒の爆発力を存分に発揮できる仕上がりにあると見てよさそうです。

  • ブラックスビーチ

    栗東CW 86.5 69.8 53.9 39.2 12.4 馬なり 併せ遅れ
    直前の追い切りは併せ馬で僅かに遅れたものの、時計はしっかり出ており気にすることはなさそうです。北村宏騎手が美浦から駆けつけて長めからしっかり乗られての入念な調整は好感ですし、1週前にはコースの自己ベストとなる5F66.5をマークしておりこれが実質的な本追い切りとも言えるだけにきっちり仕上がっていると見てよさそうです。前走スイートピーS組はこれまでオークスで苦戦が続いていますが、久々にこの馬が割って入ってくる可能性はゼロではない。そんな一発の可能性を秘めた状態であると言えそうです。

  • モズカッチャン

    栗東坂路 54.8 40.0 25.6 12.4 一杯
    いつも通りの坂路調整は、終い一杯に追われて元気一杯の動き。元々、速い時計の出る馬ではないだけにこの馬のなりに前走フローラステークス勝利時の状態をキープと見て良さそうです。追い切りの動きからは特にイチオシということでもないものの、減点するべきところもない、そんな評価と言えそうですが、フローラステークスではインから息の長い末脚で勝利を手にしましたが、今回も同様のパフォーマンスを演じることが可能な仕上がりにあるということは間違いないのではないでしょうか。

  • ヤマカツグレース

    栗東CW 83.8 66.7 51.4 38.0 11.9 一杯
    再度東京までの輸送があることなどお構いなしに2週続けてビッシリと追われて気合注入。調教駆けする馬ではありますが、終い11秒台でスピード感十分の迫力ある走りを見せており、状態面はまさに最高潮といった感じではないでしょうか。NHKマイルカップをアエロリットで制した横山典騎手が、この春2度目のG1制覇へ向けて何かやらかしてくれるのではないか、そんな不気味なコンビとなりそうな状態と言えそうです。

  • リスグラシュー

    栗東CW 52.3 38.1 12.0 G前追う
    これまで坂路での調整を行っていたリスグラシューが大一番を前にしてコースで最終追い切りを行ってきた点には注目しておきたいところです。矢作調教師も思うところがあり決断を下したのでしょうが、その動きも時計を見れば解る通りに絶好のもの。1週前には武豊騎手騎乗の坂路で好タイムもマークしており、桜花賞時の絶好の状態をここでも維持していることは間違いなさそうです。小柄な牝馬だけに久々の東京への輸送でテンションが上がって馬体を減らしたりしないかは心配といえば心配ですが、現段階での仕上がりだけは文句なしと言えそうです。

  • レーヌミノル

    栗東CW 83.8 67.3 51.7 38.2 13.3 馬なり 併せ先着
    併走相手に楽々先着と理想通りの追い切りを消化といったところでしょうが、これまで数戦で見せていたような終い11秒台を連発するような迫力のある動きと比較すると多少物足りなさを感じます。1週前にコースで池添騎手騎乗でそれなりの時計を出してはいますが、年明け既に目一杯の競馬で3戦を消化しており今回は東京の2400mということもあるだけに意図的に時計を抑えたということも考えられますが、桜花賞勝ちは評価してもやはりメイチ勝負は桜花賞であっただけにオークスはなんとか走れる状態に仕上げてきたというような感は否めません。

新聞

今週末の競馬で的中を手にしたいと考える競馬ファンは多くいることでしょうが、スポーツ紙面やメディアが報じるありきたりの情報だけを頼りに予想しても、結局大半の競馬ファン同様にがっかりの結果となってしまうのが競馬です。

だからこそ重要なのはスポーツ紙やメディアが報じることのできないお宝情報をしっかりと掴んで馬券予想を的中させることが重要といえそうですね!

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

 

【状態絶好】 札幌記念(G2)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【徹底予想】 ※北九州記念で大波乱を巻き起こす穴馬が気になる方はクリック

【札幌競馬】 夏競馬頂上決戦!今週の注目は『札幌記念(GⅡ)』徹底攻略情報

【小倉競馬】 ★北九州記念(G3)荒れるハンデ重賞を制するのはこの馬・・・(必見です)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

地方競馬

【さきたま杯2017予想】浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の水曜、南関東は浦和競馬場の注目レースは中央交流重賞のさきたま杯。昨

記事を読む

調教風景

【金鯱賞2016追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 金鯱賞へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 リアファル

記事を読む

札幌競馬場ダート

★2016エルムステークス(G3)★予想オッズ1番人気はモンドクラッセだが…

管理人です。 北海道シリーズの砂の王者決定戦エルムステークス。 層の厚い古馬ダート戦線でタイ

記事を読む

帝王賞

★2016帝王賞(Jpn1)★大井競馬を徹底予想!

管理人です。 今週はダートの上半期王者決定戦『帝王賞』が大井競馬場で発走となります。 絶

記事を読む

栗東トレセン

★2016エプソムカップ(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 エプソムカップへ向けての最終追いきりが美浦・栗東トレセンで実施されました。 宝

記事を読む