【平安ステークス2017予想オッズ/データ分析】グレンツェント巻き返しなるか…

公開日: : 最終更新日:2017/05/21 広告・おしらせ , , ,

管理人です。

ダート

今週は京都競馬場にダートの強豪が集結!1900mの距離で平安ステークスが発走となります。古馬ダート戦線は6月に帝王賞を控え、秋にはJBCクラシック・チャンピオンズカップとビッグレースが待ちますが、出走するのも難しいほど強豪がひしめいているだけにここに出走してくる馬の目標は当然賞金加算ということになるでしょう。

平安ステークス2017/予想オッズからの注目馬

  • クリソライト

    古豪健在、7歳を迎えたクリソライトですが、休み明けの前走ダイオライト記念を圧勝し春の大目標帝王賞前の1戦として平安ステークスに駒を進めてきます。昨年も参戦して3着でしたが、京都ダートコースは3戦して3着以下なしと安定した成績を収めているコース。地方交流重賞の常連といったイメージで中央場所では厳しいと人気が落ちるようなことがあっても警戒すべき実力を備えている1頭と言えるでしょう。

  • クリノスターオー

    クリソライトと同じ7歳馬ですがこちらは8ヶ月の休み明けとなります。1月に帰厩して一旦調教を再開したものの再度休養を挟んだあたり、順調さを欠いているのは明らかでその影響がどうかというところはありますが、自分のペースで先行できるととにかく終いの粘りが脅威的な馬だけに、その闘争心があるかないかが今回のポイントとなるのではないでしょうか。中間坂路の動きも悪くなく、これまでの実績からしてみても軽視禁物な1頭であることは間違いないでしょう。

  • グレンツェント

    年明けの東海ステークスを制した際には今年のダート界はこの馬が賑わすかとも思われたグレンツェントですが、迎えた前走アンタレスステークスは案外な競馬で6着敗退。デビュー以来はじめて掲示板を外すという結果になりました。騎乗していたルメール騎手が「動きが重かった」とコメントを残していますが馬体的には6kg減であったことを考えると調整不十分で中身ができていなかったとも考えられます。今回、再度の関西圏遠征となる関東馬だけにいかに馬体を立て直して輸送もうまくこなせるかが鍵となりそうですが、力を出し切れれば前走のようなことはないはずで再度見直したい1頭と言えそうです。

  • ケイティブレイブ

    明け4歳で今後の活躍が期待されるケイティブレイブでしたが、G1に挑戦した川崎記念では5着、続くフェブラリーSで6着と古馬ダートの厚い壁にぶちあたった感もありました。しかしながら前走名古屋大賞典で復活を遂げる勝利を手にしてこれで重賞4勝目。着実に力をつけている感があります。ただ未だに逃げてなんぼといった感は拭えませんが、それでもフェブラリーS6着はメンバー中最先着でもあり、ハナさえ切れればここも一目散の逃げ切りの可能性も十分にあると捉えておいて良さそうです。

  • アスカノロマン

    昨年春の勢いまでとはいかないものの、常に見せ場を作るレースはしているアスカノロマン。年明けからでも東海S・フェブラリーS・マーチS・アンタレスSと休みなく中央場所の重賞を走り続けているだけにそろそろ疲れも心配ではありますが、常に激戦で揉まれ力をつけているのも確かでしょう。昨年はこの平安ステークスを逃げ切りで勝利しており連覇のかかる1戦とはなりますが、昨年のチャンピオンズC3着という実績もあるだけに流れ一つではチャンスも十分にある1頭と言えそうです。

  • グレイトパール

    今年の平安ステークスで台風の目となりそうなのがグレイトパール。ダート転向から負けなしの4連勝で重賞挑戦となりますが、4勝のうち3勝が今回と同じ京都1900mでのもの。コース適性もあるならば一気に5連勝で重賞制覇を果たし古馬ダート路線の新星誕生の可能性も十分にあると言えそうな1頭です。とはいえ今回は相手関係が一気に強化し時計もかなり詰めることが要求されるレースとなるだけにここが試金石の1戦であることも確か。極度に人気になるならば、壁にブチあたると予測してみるのも面白いのかもしれません。

  • その他の注目馬

    他にも前走アンタレスステークス好走のロンドンタウンやロワジャルダン。重賞制覇まであと1押しあればの近走成績安定株ピオネロであったり、ダート2戦目のラストインパクトの参戦など注目馬は多数。G3戦ながらに有力馬がひしめきあう激戦が期待できそうなだけにこのレースからは目が離せません!

平安ステークス2017データ分析からの注目馬

平安ステークスの過去10年からのデータを分析してみましょう。以外な馬が「消し」なんてことになるかもしれません。下記の3つのポイントをしっかりと頭に入れて馬券検討をしてみてくださいね。

前走アンタレスステークス組に注目!

平安ステークス開催時期がこの時期に移動してから4年。馬券に絡んだ12頭中8頭までもが前走アンタレスステークス組。毎年2頭が馬券に絡んでいるだけにこのレースをステップとしている馬に最注目でしょう。ちなみに今年は前走アンタレスS2~6着のロンドンタウン・ロワジャルダン・リーゼントロック・アスカノロマン・グレンツェントあたりが有力候補と言えるのではないでしょうか。

クリノスターオーが3年連続連対中!

今年もエントリーしてきているクリノスターオーがなんと2014年から1.2.2着と3年連続で連対を果たしています。今年は8ヶ月ぶりのレースとはなりますがこの重賞との相性は抜群。3度あることは4度ある?休み明けでも注目しておくべき1頭となりそうです。

極度の穴狙いは禁物!

過去10年をみても2桁人気の馬が馬券に絡んだのはこれまで2度のみ。穴を狙うにしても6.7番人気くらいまでの馬にしておきたいところです。極度の波乱というよりも中波乱程度を見越しての馬券の組み立てを要求される1戦となりそうです。

マークカード

それでは今週末もしっかりと馬券を的中させて最高の週末を迎えましょう!

 

【状態絶好】 札幌記念(G2)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【徹底予想】 ※北九州記念で大波乱を巻き起こす穴馬が気になる方はクリック

【札幌競馬】 夏競馬頂上決戦!今週の注目は『札幌記念(GⅡ)』徹底攻略情報

【小倉競馬】 ★北九州記念(G3)荒れるハンデ重賞を制するのはこの馬・・・(必見です)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

JBCレディスクラシック

【JBCレディスクラシック2016】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 今年の砂の女王はどの馬に?例年になく大混戦模様のJBCレディスクラシックが 1

記事を読む

free05

【日本ダービー2017予想オッズ/データ分析】世代最強馬を決する1戦

管理人です。 2014年生まれのサラブレッドの頂点を決める一戦、東京優駿日本ダービーが

記事を読む

阪神競馬

【自信アリ】阪神9Rアザレア賞☆予想☆関係者裏情報

管理人です。 久々に重賞のない土曜日の競馬となりますが、注目すべきレースは多々あります。 そ

記事を読む

京都競馬場7

★京都大賞典 2016 予想オッズ★キタサンブラックVSラブリーデイ!

管理人です。 開幕週の京都競馬場では早くもG1馬の激突! 秋の天皇賞・ジャパンカップへ向けて

記事を読む

no image

【日経新春杯2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 日経新春杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 サトノダ

記事を読む