ヴィクトリアマイル2017結果/レース回顧|アドマイヤリードが間を割って抜け出す!

uma_01

第12回 ヴィクトリアMは アドマイヤリードが鋭く伸びる!

2017/5/14(日)開催 東京11R ヴィクトリアマイル(G1)

4歳以上オープン 1600m (芝) 牝馬限定 定量戦

土曜日に比べれば、回復はしたものの、ヤヤ重の馬場状態。
1番人気はミッキークイーン。この馬場でも人気に応えられるのか…
そんな中でゲートが切られた。

予想通りソルヴェイグがハナに立ち、外からリーサルウェポンが2番手。
前半3Fを35秒で流れて行く。
ミッキークイーンは大事を取って中団で脚を溜める作戦。
馬は行きたがったが、ガッチリ抑えてしまった。
結果的には守りの競馬が裏目に出て…

優勝したのは、阪神牝馬Sでミッキークイーンの2着だったアドマイヤリード。
パドックでは腹が上がり、決していい馬体とは言えなかったが、
レースでは何のその、道中はロスのない馬場の内目を回り、
直線では、馬場のいい外目に持ち出し、馬群を割って見事な伸び脚。
勝ち時計 ヤヤ重 1分33秒9、上がりは46.0-33.8の決着。

2着は一発に賭けたデンコウアンジュ。時として大駆けする馬。
道中は前のミッキークイーンをマークする形を取り、
直線では、蛯名騎手はミッキークイーンを内に閉じ込め、馬を走らせている。

3着はジュールポレール。この馬も腰回りが細かったが、
前々で積極的にレースを進め、最後は2着争いに加わっている。

4着は、好位の内からジリジリ伸びたスマートレイアー。
武豊騎手にすれば、チョット大事に乗り過ぎた感…

その後に、逃げたソルヴェイグが粘っている。

レッツゴードンキはマイナス体重になり、前走の馬体ではなかったし、
道中は行きたがるのを御すことができなかった。

ルージュバックには、1600mは忙しかったようだ。

クイーンズリングは、馬はよかったし、一旦 抜け出すかのシーンはあったが、
結局、馬場が不向きだったのか伸び悩んでしまった。

今年も 1番人気が、期待に応えることができなかった。

本当に競馬は難しい…

【京都GⅠ】 菊花賞(G1)淀の3000mで買うべきはコノ馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

マカヒキ弥生賞

【レース回顧】2016弥生賞(G2)~豪快にマカヒキが決める!

中山 弥生賞は豪快にマカヒキが決める! 頭数こそ少ないが、レベルの高さは話題に上がるほ

記事を読む

サトノダイヤモンドきさらぎ賞

【レース回顧】2016きさらぎ賞(G3)~サトノダイヤモンドが制して3連勝!

サトノダイヤモンドがきさらぎ賞を制して3連勝! 昨年は牝馬のルージュバックが勝利して話

記事を読む

コパノリッキー2

【レース回顧】2015JBCクラシック(Jpn1)~コパノリッキーが連覇を達成!

大井 JBCクラシックはコパノリッキーが連覇達成! 2000mで不良馬場。中央馬は6頭

記事を読む

コーリンベリー1

【レース回顧】2015JBCスプリント(Jpn1)~コーリンベリーが逃げ切る!

大井 JBCスプリントはコーリンベリーが逃げ切る! 1200mの不良馬場。中央馬は6頭

記事を読む

中京記念ガリバルディ

【レース回顧】2016 中京記念(G3)ガリバルディが久々の美酒!

中京記念はガリバルディの福永騎手が勢いそのまま! 人気は割れ、波乱含みの今年の中京記念。

記事を読む