【NHKマイルカップ2017レース展望】予想に役立つ出走馬情報!

管理人です。
free21
GWの最終日にあたる5/7(日)に東京競馬場で開催されるのがNHKマイルカップ。3歳馬のマイル王決定戦となりますが、昨年はメジャーエンブレムが圧倒的な人気を集めて勝利しましたが今年は一転して大混戦模様。桜花賞4着のカラクレナイや朝日杯FS2着のモンドキャンノも出走してはきますが、どの馬にもチャンスがあると言えるでしょう。

今年のNHKマイルカップは展開が鍵を握る!?

実力伯仲のメンバーでのレースということになれば、やはり枠順・展開が大きく着順を左右する可能性は高いと言えそうです。それだけにどのような展開になるのか、そしてその展開で浮上してくる馬、逆に泣く馬はどの馬なのか、出走馬の特性をしっかりとチェックしておく必要があると言えるでしょう。

末脚勝負で大外一気を狙う~カラクレナイ・モンドキャンノ

桜花賞4着のカラクレナイ。これまでの戦績からもデムーロ騎手騎乗という点でもこの馬が人気の中心となる可能性が高そうですが、これまでのレース振りからは後方待機の直線勝負型。前へ行ったレーヌミノルが残る展開であった桜花賞では末脚届かずという結果で展開にも泣く結果となりました。今回もいくら直線が長い東京コースだからといって、スローペースに流れてしまえば桜花賞同様に前を行く馬を捉えきれない可能性は十分に考えられます。

同様に、桜花賞同様に横山典騎手騎乗のアエロリットが後方ポツンを決め込んでの末脚勝負に徹した場合は、カラクレナイを交わせたとしても前を捉えきれずに敗戦ということになる可能性が大。更に言えば牡馬で人気にもなるであろうモンドキャンノも折り合いに専念するならば後方待機策をとると思われますが、折り合いという面からもスローペースでは引っ掛かる可能性もあるだけにある程度ペースが流れての末脚勝負になることが前提となると言えそうです。同様に今回は脚を溜める作戦に出てきそうな皐月賞からの巻き返しを狙うアウトライアーズ。そして、穴っぽいところではタイムトリップは前走ニュージーランドトロフィーは前残りの展開を果敢に追い込んでの5着でメンバー最速の上がりを記録しているだけに、今回差し馬向きの展開になるのであれば一発あっておかしくない存在となることでしょう。

いずれにせよ、差し・追い込みタイプの馬にとっては前半から淡々とペースが流れて、前が直線坂上では苦しくなるような展開が理想と言えるでしょう。

スローの流れを作り出せば前残りに警戒~ボンセルヴィーソ・ディバインコード

予想オッズからも人気上位は後方待機馬が多くを占めそうですが、その中にいてニュージーランドトロフィー3着からの参戦となる堅実駆けのボンセルヴィーソは前に行くタイプ。他に逃げる馬がいなければ朝日杯FS(3着)で見せたような逃げの手に出る可能性もありますが、うまくペースを落としてしまえば粘りきってしまう可能性は十分にあると言えそうです。東京コースが初となる点がどうかですが、重賞でこれまでとにかく崩れない走りをしてきている馬で今回もそこまで相手強化と言えない顔ぶれとなれば警戒が必要でしょう。

そしてこのボンセルヴィーソがこの馬にハナを譲ったならば警戒したいのがトラスト。皐月賞13着で完全に評価を下げることが想定されますが、皐月賞時に陣営はハナを狙う宣言をしたものの、アダムバローズに絡まれて前半のペースがかなり速くなってしまったことが敗因。札幌2歳ステークスを逃げ切っているようにマイペースならばあっと驚く逃走劇があるかもしれないだけに、前を行く馬が喧嘩をせずにスンナリ隊列を決めてしまった際には大駆けがあるかもしれません。4年前に10番人気で勝利したマイネルホウオウは記憶に新しいところですが、オーナーはそのマイネル軍団総帥の岡田オーナー。歴史は繰り返すのか・・・警戒しておきたいところです。

そして、前に有利な展開になった際にマークしておきたいのはディバインコードも同様。これまで3着以下なしの安定したレース振りで、崩れを知らない堅実な脚が魅力な馬。どんなペースになろうとも結果を残してきた馬ではあるだけに、今回は前走の橘ステークスと比較すればメンバーはかなり強化されますが、相手なりに走るタイプとも思えるだけにマークしておく必要はあるでしょう。

最後に、ニュージーランドトロフィーを制したジョースクリトリも前走同様に前残りの展開になれば注目すべき存在であることは間違いのないところでしょう。前哨戦を勝ってもそこまで人気が出ることはなさそうな気配ですが、この馬の父、ジョーカプチーノもNHKマイルカップを制していますが、この時もファルコンSを制して、ニュージーランドトロフィー3着と好走していたにも関わらず10番人気という低評価を覆しての評価だっただけに、歴史は繰り返すのか・・・鞍上も武豊騎手ということなら軽視は禁物と言えるでしょう。

他にも、ミスエルテが桜花賞を使ってどこまで変わってくるかには注目しておく必要があるでしょうし、雨が降って重馬場にでもなれば、シンザン記念で皐月賞2着のペルシアンナイトを一蹴しての勝ち馬キョウヘイの激走にも警戒が必要となってくることは言うまでもありません。

NHKマイルカップ2017予想/レース展望

馬券的にはどう組み立てていきましょうか。言ってしまえばどの馬にもチャンスがありそうなメンバー構成で、どの馬も一長一短。自信をもって本命とすべき馬が見当たらない1戦となりそうです。ともなれば的中=高配当という図式が期待できそうなだけにボックスやフォーメーションである程度手を広げてみるという手もアリといえばアリなのでしょうが果たして・・・

あなたはもうどの馬を買うべきか結論がでましたか?

あの競馬予想の有名人こじはるさんや白石麻衣さんも参考にしていると噂されている話題の予想メソッドがコチラ

大川慶次郎

大川 慶次郎(おおかわ けいじろう、1929年2月6日 – 1999年12月21日)は日本の競馬評論家。東京府北豊嶋郡王子町15番地(現在の東京都北区王子)出身。慶應義塾大学文学部心理学科卒業。予想家としては通算4度パーフェクト予想を達成し、「競馬の神様」と呼ばれファンに親しまれた。競馬評論家の大川智絵は長女。
出典:wikipedia 大川慶次郎

大川慶次郎さんといえば、『競馬予想の神様』として多くの競馬ファンだけでなく、競馬関係者からも慕われるまさに競馬界のレジェンド的存在ではありますが、そんな大川さんが残した予想メソッドが競馬ファンに再度注目され、ネット上でも話題となっていることをご存知ですか?

・大川さんの予想、春天的中で今年のG1パーフェクト的中継続だな。まさに神予想!
・今週も大川メソッド的中キター。けど12R中10R的中だからパーフェクト的中じゃないょ(笑)
・天国の大川慶次郎様。あなたの残して予想メソッドのおかげで私は馬券で負けません。

実際に、最近の重賞レースにおいても
青葉賞(G2)3連単84.4倍的中!
フローラステークス(G2) 3連単3973.7倍的中!
をはじめ、多くの的中を記録しているだけに、今週の大川さんの予想メソッドにも当然注目が集まります。しかも、G1シーズンに限り、多くの競馬ファンに的中を手にしてもらうべく『無料』で予想を公開していることをご存知ですか?

NHKマイルカップを絶対に的中したい!

と思う人は今すぐ、無料登録を済ませてその予想を確認してみてはいかがでしょうか?

→NHKマイルカップ話題の無料予想の続きはこちらから←

競馬新聞1

馬券を的中させるのに重要なのはやはり、どれだけ情報を集めることができるかどうかに尽きるでしょう。勿論、ネット上のありふれた情報やスポーツ新聞からでも情報は入手できますが、的中に繋がる・レース結果に左右するような情報はそう簡単に入手することはできないもの。

だからこそ、そういった時はプロの予想や情報に耳を傾けるのもまた予想テクニックの一つと言えるかもしれないですね!

それでは今週末、あなたに幸運の馬券が舞い降りることをお祈りしております。

【頂上決戦】 最強馬決定戦!今週の注目『天皇賞秋(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★スワンS(G2)天皇賞秋の軍資金が欲しい人はクリック★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山大障害

★2015中山大障害(JG1)★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 有馬記念の前日に開催される障害競走のグランプリレースという位置づけの 中山大障

記事を読む

S__4595715

【クイーンステークス2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 クイーンステークスへ向けての最終追い切りが札幌・函館競馬場で実施されまし

記事を読む

エイシンヒカリ1

★2016エプソムカップ(G3)★予想オッズでも大混戦!勝つのはどの馬?

管理人です。 昨年のエプソムカップはエイシンヒカリ・サトノアラジンと今年はG1戦線で 活躍す

記事を読む

ダート

【プロキオンステークス2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 ダート短距離馬のこれからの目標といえば秋のJBCスプリントということにな

記事を読む

free06

【チューリップ賞2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 チューリップ賞へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。桜花賞へ

記事を読む