【青葉賞2017追い切り予想】ダービーへの優先出走権を手にするのはこの3頭!

公開日: : 最終更新日:2017/05/04 管理人おしらせ , ,

管理人です。

free07

青葉賞へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。ダービーへ向けて意地でも3着以内に入り優先出走権を手にしたいところではありますが、陣営の仕上げには判断がわかれ、全力で権利を獲りにいく馬があれば、ダービーを見据えて余力残しの馬もおり、そういった仕上がりの差がレースに行ってどうでるのか、しっかりと判断しておく必要があるでしょう。

  • アドマイヤウイナー
    栗東CW 82.6 65.9 51.3 37.9 12.5 馬なり 併せ遅れ
    3頭併せで内の馬を交わせずにゴールという最終追い切りでしたが、併せ馬で遅れることはよくあることであり、時計的には十分と言える程動けており1週前には坂路で53.5とこの馬にとっては速い時計が出ているように仕上がりに不安なしといったところでしょう。気性的に難があり力を出し切れない競馬が続いていましたが前走コンビを組んだ秋山騎手との相性が抜群なのか、青葉賞と好相性の大寒桜賞を制しての参戦だけに注目の存在となることは間違いないでしょう。
  • アドミラブル
    栗東坂路 53.2 39.4 26.2 13.0 馬なり 併せ併入
    前走アザレア賞からも間隔が詰まっていることや輸送も考慮して調整は控えめ。それだけに目立つ動きは見せていませんが動きは活気があり、力の出せる仕上がりであるとはいえるでしょう。とはいえ陣営からもコメントが出ているようにあくまでもダービーを見据えた仕上げ。ここで権利を逃せばそれも意味のないものとはなってしまいますが、権利を獲るためには十分な仕上がりであるという陣営の判断でしょうか。それだけ能力の高い馬なのか、それとも重賞を甘く見すぎているのか。やってみないと解らない部分はありますが、少なくとも青葉賞でメイチの勝負ということはなさそうです。
  • イブキ
    美浦南W 66.5 51.6 37.0 12.6 馬なり 併せ併入
    前走の水仙賞同様に終始馬なり調整でも馬の状態的には更に上積みが感じられる動き。時計的にもコースで5F自己ベストタイムとなる66.5をマークしているあたり、馬自身パワーアップも感じられます。前走は逃げて勝利を手にしましたが、控えても大丈夫なタイプでもあり、ここはダービーの権利獲りへ必死のレースをしてくることが予想されるだけに注目しておきたい1頭と言えるでしょう。
  • ダノンキングダム
    栗東坂路 54.6 40.1 26.1 12.8 馬なり
    直前の追い切りは坂路で軽めのものでしたが、圧巻だったのが1週前のコースでの追い切り。6F64秒台の破格の時計をマークして終いも12.3と最後までしっかりと伸びての豪快な動きは目を引くものでした。2月のゆりかもめ賞以来のレースとはなりますが態勢は万全と言えそうで、その前走のゆりかもめ賞は東京2400m。青葉賞と同じ舞台での勝利はここでもアドバンテージとなりそうで、稽古の良さを活かしてダービーの権利獲りなるかには注目しておきたい1頭となりそうです。
  • トリコロールブルー
    栗東CW 85.6 69.5 53.9 39.1 12.7 馬なり
    最終追い切りはいたって軽めの調整とはなりましたが、乗り込み量豊富で1週前には4F50.8をマークするなど元気一杯。休み明け3戦目でいよいよ走り頃といったところでしょうか。前走スプリングステークスでは5着敗退で皐月賞出走が叶わなかっただけに大目標のダービー出走へ向けてここはなんとしても3着以内が欲しいレースになりますが、それが可能であると思わせる好仕上がりであると判断して良さそうです。未だに左回りでは負けなしで、鞍上も2走前に快勝した戸崎騎手とのコンビとなるだけに巻き返しが期待できそうです。
  • マイネルスフェーン
    美浦坂路 54.2 39.6 26.1 13.1 馬なり
    京成杯以来の出走とはなりますが、4月上旬からしっかりと負荷をかけて乗り込まれており、走れる態勢は整っているといえる仕上がりではないでしょうか。とはいえこれがメイチかと問われれば、休み前と比較すると終いの伸びが物足りなさを感じるだけに、まだ8割程度の仕上がりにも映ります。賞金的には1750万円所持しているだけにこれでダービーの出走には問題なしと見ればここはあくまでも叩き台。重賞2.3着の実績と実力で新興勢力とどう渡り合うかがポイントとなるのではないでしょうか。

12頭という少頭数ではありますが、他にもポポカテペトルベストアプローチといったあたりも仕上がり的には問題なさそうで、それこそ少数精鋭が3つのダービーへの優先出走権を巡ってガチンコ勝負となりそうな今年の青葉賞。それこそアドミラブルが1番人気になりそうな気配ではありますが、他馬に狙いを定めるのも十分にアリ、そして高配当を狙ってみても良さそうな1戦となりそうです。

競馬新聞1

それでは、今週末あなたが高配当馬券を的中されることをお祈りしております!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ダート

【シリウスステークス2018出走馬・騎乗騎手・確定ハンデ徹底分析】

スプリンターズSの前日に阪神競馬場で発走となるシリウスステークスはダート2000mのハンデ戦。こ

記事を読む

羽田盃

★2016羽田盃(S1)★大井競馬を徹底予想!

管理人です。 中央競馬の牡馬クラシックは皐月賞のディーマジェスティ勝利で幕を開けましたが 南

記事を読む

free08

【東京新聞杯2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 東京新聞杯へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。今回注目さ

記事を読む

全日本2歳優駿

【全日本2歳優駿2016予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 先週の阪神JFや香港国際競走で思うように的中を手にできなかった競馬ファン

記事を読む

S__4595721

【朝日杯FS2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

朝日杯FSの枠順が確定し、最終追い切りを終えた各馬が臨戦態勢を整えてきています。今年は牝馬のグラ

記事を読む