【天皇賞春2017レース展望】予想に役立つ出走馬情報!

公開日: : 最終更新日:2017/04/30 広告・おしらせ , ,

管理人です。

free33

春の最強馬決定戦、天皇賞(春)が今週末いよいよ京都競馬場で発走となります。是非とも予想を的中させたいレースとはなりますが、予想オッズからも注目を集めるのはサトノダイヤモンドとキタサンブラックの再戦ということになりそうです。この2頭を中心に展開されそうな今年の天皇賞(春)ですが、一角崩しはあるのでしょうか?

  • サトノダイヤモンド ルメール
    前哨戦の阪神大賞典をきっちりと勝って迎える春の天皇賞。昨年の有馬記念でキタサンブラックを負かしたサトノダイヤモンドが、菊花賞を勝った舞台となる京都で再度の長距離G1制覇へ虎視眈々といったところ。菊花賞時は距離云々が取り沙汰されましたが、その菊花賞を制して更に阪神大賞典も制したならばもはや距離不安については皆無と言っていいのではないでしょうか。今回は初めて58kgを背負う点、そしてライバルキタサンブラックとは有馬記念時2kgあった斤量差がなくなる点。そして今年の春のG1は圧倒的な人気を背負いながら敗退したソウルスターリングの手綱もとっていた鞍上のルメール騎手の調子が今ひとつであること。このあらりは不安といえば不安ですが、充実期を迎えた今、その連勝をどこまで伸ばすかという点には注目してみたいところです。京都コースは3戦3勝と相性もいいコースだけにここも好結果を残す可能性は非常に高いと言えるでしょう。
  • キタサンブラック 武豊
    G1に昇格した大阪杯を休み明けで制してこれでG1レース5勝目。もはや殿堂入り確実とまで言われているキタサンブラックが天皇賞(春)連覇へ向けて万全の状態と言えそうです。昨年も大阪杯をステップに天皇賞(春)を制しましたが、今年も全く同じローテーション。先行しての粘り腰は健在で、マイペースでいければここは3200mというマラソンレースにはなりますがそう簡単に止まるとは考え難いところです。連覇の可能性も十分に秘めていると言えそうですが、弱点を突くとなればやはり母父サクラバクシンオーという血統からも3200mはさすがに長すぎるという可能性はあるでしょう。昨年とてカレンミロティックをなんとか交わしての勝利であったことを考えれば、今回は楽に逃げるなりロスなく道中進むことができなければ、スタミナ切れで終いの粘りが足らずという結果になる可能性も十分にあるでしょう。とはいえ、もはやこの馬を手の内に入れている名手武豊騎手だけに、細心の注意を払って騎乗してくるでしょうから、この舞台で大きく崩れるという場面もまた考え難いところではあるでしょう。
  • ゴールドアクター 横山典
    一昨年の有馬記念勝利以来、G1制覇からは遠ざかっているゴールドアクターが昨年の雪辱を期して天皇賞(春)に駒を進めてきます。折り合いに難があり、それが理由で昨年の天皇賞(春)は大敗してしまった経緯があるだけに今回いかに落ち着いてレースに臨めるかが鍵となりそうです。驚いたのはこの大一番を前に主戦の吉田隼人騎手から横山典騎手に手替わりする点。これが良い方向にでれば、王者復活のシーンを見られる可能性もあるでしょうが、騎手が騎手だけに折り合いに専念しすぎて後方ポツンという彼特有の騎乗をして馬券を購入していたファンのひんしゅくを買う可能性もあるでしょう。先行しての安定した脚には定評がある馬ではありますが、今回について課題はやはりいかに落ち着いてレースに臨むことができるかどうかに尽きるでしょう。
  • シャケトラ 田辺
    今年の台風の目となるか、シャケトラが前走日経賞で重賞初勝利を挙げて、一気にG1タイトルを狙って天皇賞(春)出走を表明しています。キャリアはまだまだ6戦と底を見せておらず、日経賞では今回、天皇賞(春)に駒を進めてくるライバルを一蹴して鋭い末脚を見せての勝利はかなり評価していいレース内容でした。迎えるG1戦、鞍上は前走でシャケトラに勝利をもたらした田辺騎手が引き続き騎乗し、騎乗2回目になるならばレース振りにも良化が見られるでしょうし注目したいところです。3000m以上の競馬を経験していない点は不安といえば不安でしょうが、デビュー時から長い距離を選んで出走してきているように長距離戦はお手のものといったところでしょうし、距離の不安はそこまでする必要はなさそうです。それよりもやはり、今年誕生した新星がどこまで歴戦のG1戦士と渡り合うことができるかに注目しておきたいところですね。
  • シュヴァルグラン 福永
    阪神大賞典ではサトノダイヤモンドに敗れましたが、昨年の天皇賞(春)の3着馬。巻き返しを期しての天皇賞出走となりそうですが、コース適性もありスタミナもあると判断していい馬と言えそうです。これまで天皇賞(春)の3着だけでなくジャパンカップでも3着とG1制覇まであと一押し足りない悔しい競馬が続いているだけにその鬱憤をここで晴らすことができるかどうかにも注目しておきたいところです。今年はヴィブロスがドバイターフを制したことで話題になっているハマの大魔神の愛馬だけに勢いがあることも確か。今度の天皇賞(春)でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか注目しておきたいですね。
  • レインボーライン デムーロ
    今年、G1仕事人のデムーロ騎手が騎乗するのがレインボーライン。休み明けの日経賞は4着という結果にはなりましたが、元々使われながらに調子を上げていく叩き良化型タイプ。この中間も元気一杯の動きを見せており、菊花賞でサトノダイヤモンドの2着、そして続くジャパンカップは6着でもシュヴァルグランやゴールドアクターとは接戦を演じているだけに力量差はそこまでない馬であることも確か。それこそ菊花賞では9番人気という低評価の中で2着好走して波乱の立役者になりましたが、今回は同じ京都の舞台の長丁場。仕事人デムーロ騎手に導かれて菊花賞に続く低評価での激走なるかには注目しておきたいところです。
  • 天皇賞春2017その他の注目馬
    それ以外にも長距離戦には絶対的な自信をもつアルバートであったり、皐月賞馬ディーマジェスティとて相変わらず距離不安説が主流とはなっていますが、こなしてしまえば逆転の目も十分にあるだけに注目しておきたいところですし、G1馬ということならばダービー馬ワンアンドオンリーも近走不振続きにはなっていますが、ダービー馬の意地を見せてもらいたいところですね。人気の中心はサトノダイヤモンドとキタサンブラックで間違いのないところでしょうが、3頭目となればまさに大激戦といった様相なだけに全ての馬をしっかりとチェックしておいた方がよさそうですね。

競馬新聞1

馬券を的中させるのに重要なのはやはり、どれだけ情報を集めることができるかどうかに尽きるでしょう。勿論、ネット上のありふれた情報やスポーツ新聞からでも情報は入手できますが、的中に繋がる・レース結果に左右するような情報はそう簡単に入手することはできないもの。

だからこそ、そういった時はプロの予想や情報に耳を傾けるのもまた予想テクニックの一つと言えるかもしれないですね!

それでは今週末、あなたに幸運の馬券が舞い降りることをお祈りしております。

【盛岡競馬】 ※マーキュリーカップ(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【中京最終】 中京記念(G3)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場

★2016フローラS(G2)★予想する上で抑えておくべき注目馬はコレ!

管理人です。 いよいよ春の東京・京都競馬が開幕。来週からは連続G1開催となり 競馬が活気溢れ

記事を読む

S__4595721

【スワンステークス2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 スワンステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。マイ

記事を読む

大井競馬2

【東京ダービー2017予想】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 今週水曜日には地方競馬の最高峰、南関東の3歳チャンピオンを決する東京ダー

記事を読む

地方競馬2

【北海道スプリントカップ2017予想】門別競馬を徹底予想!

管理人です。 函館競馬がまもなく開幕しますが、その前に北海道競馬の開幕を告げる1戦、北

記事を読む

新潟競馬場3

★アイビスサマーダッシュ(G3)★予想オッズ人気上位馬に不安あり?

管理人です。 夏を告げる新潟競馬が開幕しますがその開幕週のメインは 新潟名物直線1000mで

記事を読む