皐月賞2017予想/出走予定馬徹底分析[3]~スワーヴリチャード他

公開日: : 最終更新日:2017/04/13 重賞展望 , ,

free28

皐月賞2017徹底分析[3]

2017/4/16(日) 中山11R 皐月賞(G1)

3歳オープン 2000m (芝) 牡57kg 牝55kg 定量戦

牝馬ファンディーナのエントリーで、昨年以上の盛り上がり。
実力拮抗の牡馬が、意地を見せる走りを披露します。
馬券的には、どの馬からでも狙えそうで、実に難解?

出走馬のすべてを、4回に分けて紹介していきます。

皐月賞2017/出走予定馬のポイント

皐月賞2017/スワーヴリチャード

共同通信杯は皐月賞を想定した上での競馬をし、見事に結果を出している。
ある程度 前につけて、直線での追い出しもガマンしている。
それで、34秒2の脚を使い、2着馬に2馬身1/2をつけ完勝。
昨年のディーマジェスティはこのレースを勝ち、中間に一頓挫ありながら皐月賞馬になっている。
中間に順調な過程さえ踏めば、ローテーションに問題はないということ。
2000mの距離実績はあるが、中山コースは初めてになる。
大丈夫だとは思うが、こればかりは走ってみないことには分からない?
現時点で注文をつけるとすれば、スタート五分ではないだろうか…
出遅れると、レースの組み立てが難しくなるから。

皐月賞2017/ダンビュライト

朝日杯FSでは予想外の大敗を喫し、きさらぎ賞では伸び悩んで3着。
弥生賞では、手応え十分で4角を回ったが、エンジンのかかりが遅く3着がやっと。
勝ち馬カデナとは、決め手の差が歴然と表れてしまっている。
体も仕上がっていたので、本番での大きな変わり身は求められない。
大崩れをしない反面、勝ち負けするにはシャープさとパンチ力が足りない気がする。
武豊騎手がミラクルを起こしてくれるといいのだが…

皐月賞2017/トラスト

JRA転入して結果が出せず、シンザン記念を機に立て直しを図っていた。
そして、本番前のレースが毎日杯だったが、伸びずバテずの5着。
前で競馬はできるが、追い出して伸びてくれず、勝負根性もひと息。
今回は初コースで、距離も更に長くなり、メンバーは強力。
叩いた効果はあるとしても、大きく変われる要素が少なくて…

皐月賞2017/ファンディーナ  牝馬

デビューが今年の1月末。そこから前走のフラワーCまで3連勝。
しかも、まだ目一杯の競馬をしていない。それでいて、すべてが最速の上がり。
うるさい面はあるが、500kを超す馬体に、牝馬の線の細さはない。
相手が強くなったフラワーCの馬ナリでの5馬身差には、末恐ろしささえ覚える。
スピードはあり、ムキになる性格でないので、2000mの距離に不安はない。
敢えて上げるなら、1月デビューから3走してきた、目に見えないダメージだけが心配。
相手は強力な牡馬相手になるが、アッサリ克服してしまうかも…
それだけの能力は秘めている。

4に続く…

皐月賞2017予想/出走予定馬徹底分析[1]~アウトライアーズ他

皐月賞2017予想/出走予定馬徹底分析[2]~カデナ他

皐月賞2017予想/出走予定馬徹底分析[4]~プラチナヴォイス他

皐月賞2017予想/馬券分析

【大井競馬】 ※黒潮盃(S2)徹底分析予想はこちらから"

【盛岡競馬】 ※クラスターカップ(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【札幌記念】 札幌記念(G2)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

【小倉競馬】 九州スプリント王決定戦『北九州記念(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika17_960_720

京都新聞杯 2018 データ から傾向を分析!

京都新聞杯・データからの傾向! 2018/5/5(土)開催 京都11R 京都新聞杯(GI)

記事を読む

paddock_06

日本ダービー 2018 データ から傾向を分析!

日本ダービー・データからの傾向! 2018/5/27(日)開催 東京10R 日本ダービー(GI

記事を読む

paddock_06

【スプリングステークス2017】出走予定馬短評と予想のポイント

スプリングステークス2017:予想のポイント 2017/3/19(日) 中山11R スプリング

記事を読む

リアルスティール

【2015スプリングS(G2)】出走予定馬・レース展望

中山・スプリングS! 皐月賞トライアル戦、上位3頭に優先出走権が与えられる。 弥生賞

記事を読む

中山競馬場4

【2016ニュージーランドトロフィー(G2)】出走馬短評と予想のポイント

土  中山  ニュージーランド T! 登録は、3勝馬1頭、2勝馬が13頭、残りが1勝馬での構成

記事を読む