皐月賞2017予想/出走予定馬徹底分析[2]~カデナ他

公開日: : 最終更新日:2017/04/13 重賞展望 , ,

race

皐月賞2017徹底分析[2]

2017/4/16(日) 中山11R 皐月賞(G1)

3歳オープン 2000m (芝) 牡57kg 牝55kg 定量戦

牝馬ファンディーナのエントリーで、昨年以上の盛り上がり。
実力拮抗の牡馬が、意地を見せる走りを披露します。
馬券的には、どの馬からでも狙えそうで、実に難解?

出走馬のすべてを、4回に分けて紹介していきます。

皐月賞2017/出走予定馬のポイント

皐月賞2017/カデナ

デビュー戦から2戦目までは武豊騎手が跨り、その後は福永騎手とコンビを組んでいる。
これまで5戦して2着以下はなく、京都2歳Sと弥生賞の重賞勝ちがある。
レースでは常に最速の脚でゴールに迫っており、安定感では群をぬいている存在。
弥生賞でコースも距離も経験し、内容的にも手応えは掴んだはず。
皐月賞は叩き2走目になるので、弥生賞より動けてもいい勘定が成り立つ。
ただ、相手強化は否定できないので、要は力関係ひとつにかかっている。

皐月賞2017/キングズラッシュ

連勝して意気揚々挑んだ前走が予想外の4着。正直、内容は物足りなかった。
その後、休養して立て直しを図り、ここは本番を見据えての調整。
他馬と比べると、きつい条件下での皐月賞となる。

皐月賞2017/クリンチャー

初戦は道悪に泣いたが、そこから連勝して、クラシック戦線乗ることができた。
戦法はハナを切るか2番手からの競馬。いずれにせよ前々での競馬。
モマれ込んだレースをしていないので、今回に関しては、キャリアの浅さが心配。
前走の圧勝は7頭立て、今回は18頭立て。しかも相手は強力。
これまでにない、厳しい競馬が待っている。

皐月賞2017/コマノインパルス

京成杯を勝ち、3戦2勝でトライアルの弥生賞に出走した。
シャドーロールを装着し、見た目は馬体も仕上がっていた。
ただ、持ち賞金があるので、レース内容はお粗末。
向こう流しで一気に脚を使い上がって行き、4角ではカデナが後ろから来るのを待っていた。
結果云々より、田辺騎手はライバルの感触を掴もうとしていた。
皐月賞ではキッチリ変わり身を見せるだろうが、
切れの点でカデナに叶わないことは、身を持って分かったはず。
その田辺騎手は別の馬に騎乗し、今回は江田照騎手が跨る。

皐月賞2017/サトノアレス

休み明けの500万戦を勝利して挑んだ朝日杯FSで、見事な連勝劇を演じている。
人気薄の代役で騎乗した四位騎手は、気楽な競馬ができたのは大きかった。
スプリングSは皐月賞を意識しての競馬だったが、ゲートで後手を踏み、4着がやっと。
この馬はマイラーかも知れず、距離の2000mには不安を感じてしまう。
せめて、レース前はイレ込まず、ドッシリ構えていてほしいところ。

3に続く…

皐月賞2017予想/出走予定馬徹底分析[1]~アウトライアーズ他

皐月賞2017予想/出走予定馬徹底分析[3]~スワーヴリチャード他

皐月賞2017予想/出走予定馬徹底分析[4]~プラチナヴォイス他

皐月賞2017予想/馬券分析

【大井競馬】 ※黒潮盃(S2)徹底分析予想はこちらから"

【盛岡競馬】 ※クラスターカップ(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【札幌記念】 札幌記念(G2)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

【小倉競馬】 九州スプリント王決定戦『北九州記念(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

札幌競馬場1

【2015クイーンステークス(G3)】出走馬短評とレース展望

札幌 クイーンステークス! 恒例の札幌牝馬戦 G3 レース。 ここ数年は1番人気の馬

記事を読む

kawata_tuika21_960_720

高松宮記念2018出走予定馬徹底分析[1]~セイウンセイコウ他

高松宮記念2018徹底分析 2018/3/25(日) 中京11R 高松宮記念(GI) 4歳以

記事を読む

sion_stakes

【2016 紫苑S(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

9月10日の中山は紫苑Sです! 紫苑S 3歳牝馬 2000m芝 G3戦 昨年はク

記事を読む

デンコウアンジュ

【阪神ジュベナイルフィリーズ2015】1週前出走馬動向をチェック!

来週は2歳のG I 阪神JF(G1)です! 来春を占う意味からも、大事な 2歳 G I 戦、阪

記事を読む

ダート2

クイーンステークス 2017 データ から傾向を分析!

クイーンステークス・データからの傾向! 2017/7/30(日)開催 札幌11R クイーンステ

記事を読む