桜花賞2017結果/レース回顧|レーヌミノルが渋太い伸び!

公開日: : 重賞回顧 , ,

kawata_tuika05_960_720

第77回 桜花賞はレーヌミノルが抜け出す!

2017/4/9(日)開催 阪神11R 桜花賞(G1)

3歳オープン 1600m (芝・外) 牝馬限定 55kg定量戦

馬場発表は 重からヤヤ重に変わったが、実質は 重馬場のまま。
明暗がクッキリ分かれた、今年の桜花賞ではなかったか…

1番人気ソウルスターリングはキッチリ体を作ってきたが、
渋化の馬場を苦にして、本来の行きっぷりはなし。
勝ちパターンで4角を回ったが、本来の切れは見られず、3着どまり。

中位グループの外から競馬を進めたレーヌミノルは、スムーズな立ち回り。
頭の高い走法だが、直線ではジリジリ脚を伸ばしゴールイン!
勝ち時計は1分34秒5とかかり、上がりも48.0-36.2と要している。
重馬場の巧拙がハッキリ出た感じが…

2着はリスグラシュー。スリムな馬体は気になるところだった。
道中はソウルスターリングをマークする形。
脚を溜めて追い出すと、下を気にせず、渋太い伸び脚。

4着はカラクレナイ。綺麗な走りをする馬だけに、この馬場はつらかった。

5着はアエロリット。体は良かったが、やはり1勝馬は1勝馬でしかなかった。

ミスエルテは休ませた効果もなくマイナス体重。

ミスパンテールは、馬体の良さは目についたが、イレ込みが気になった。
今日はキャリアの浅さと、渋化の馬場が応えたと考えたい。

アドマイヤミヤビは追走に汲々。渋い馬場でスピードがまったく乗らず。
終いも、本来の切れはなし!

馬場もあったが、
昨年同様にルメール騎手はプレッシャーに勝てなかった。

1番人気で勝利するのは、実に難しい…

【天皇賞春】 天皇賞春(G1)淀の3200mを制するのはこの馬しかいない!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

honnkonsprint

【香港スプリント2016レース回顧】日本馬は出番なし!

☆ 香港の日本馬・香港スプリント!出番なし G I 香港スプリント 1200m芝 日本か

記事を読む

yamakatuasu

【金鯱賞2016レース回顧】ヤマカツエースが追い込む!

中京 金鯱賞はヤマカツエースが追い込む! 中京 金鯱賞 2000m芝 G 2 別定戦 馬

記事を読む

スマートオーディン毎日杯

【レース回顧】2016毎日杯(G3)~スマートオーディンの楽勝!

毎日杯はスマートオーディンが楽勝! 10k減で馬体が絞れたスマートオーディン。 10

記事を読む

kawata_tuika06_960_720

プロキオンステークス2017結果/レース回顧|キングスガードが追い込む!

中京のプロキオンSはキングズガードが追い込む! 2017/7/9(日)開催 中京11R プロキ

記事を読む

free03

【弥生賞2017結果/レース回顧】カデナが大外から決める!

中山 弥生賞はカデナが大外 強襲! 2017/3/5(日)開催 中山11R 弥生賞(G2)

記事を読む