【桜花賞2017徹底予想】馬場・枠順・状態で浮上するのはこの馬!

公開日: : 最終更新日:2017/04/12 管理人おしらせ , , , ,

管理人です。

free33

桜花賞の枠順が確定しいよいよ発走が迫ってきました。気になるのは当日の馬場状態。残念ながら雨予報が出ておりパンパンの良馬場は見込めない模様となっているだけにソウルスターリングはじめ有力各馬は渋った馬場に対応できるのか?そして好枠を引いて一発を狙う馬はいるのか?追い切りの動きが絶好の馬がいるのか要チェックです!

桜花賞2017徹底予想

1枠1番 ミスエルテ

最内枠を引いたミスエルテですがこの最内枠はこの馬にとっては吉報でしょうか。前走の朝日杯FSでは外枠からロスの多い競馬を強いられての4着でしたが、2走前のファンタジーSでは最内から鋭い末脚での快勝劇を演じているだけに内目で脚をじっくり溜める競馬ができるこの馬にとっては願ったりの枠順でしょうか。後は直線いかに捌くかというところになってきそうです。過去の桜花賞のデータからは、年明け初戦で好走したのはここ10年でレッドリヴェールの2着のみというデータは心細いですが、状態面に関して言えば、直前コースで4F追いはいつも通りのメニューとなりましたが、1週前には自身のコースでの追い切り自己ベストタイムを更新し、終いの時計も11秒台を連発と好状態をアピールしているだけに状態面も好調といったところでしょう。気になる馬場への対応ですが、デビュー戦では阪神のやや重馬場で1着。多少の湿った馬場には対応可能と言えそうで、血統的にもフランケル産駒はデータ不足ですが、父の父ガリレオは日本ではどちらかと言えば力のいる馬場の方が結果が出ているだけに重馬場にも対応可能と見ていいのではないでしょうか。好枠を引いての好状態。これは注目といったところでしょう。

3枠6番 リスグラシュー

偶数枠の内枠とまさに絶好の枠を引いたリスグラシュー。阪神JFでは大外枠を引いてしまい、枠順で負けたと陣営からもコメントが出る程のロスの大きな競馬となってしまっただけにこの枠は大歓迎といったところでしょう。状態面も休み明けのチューリップ賞を1度使って確実に上昇気配。追い切りでは1週前に坂路自己ベストとなる50.8をマークし、今週の最終追い切りではこれまでマークしていなかったラスト11秒台を計時して併走相手を圧倒とまさに絶好調の仕上がりと言って良さそうです。馬場に関しては良馬場のみしか走ったことがないだけにやってみないと解らないところはありますが、血統や走法からは極端な悪馬場にならなければ対応可能と見ていいのではないでしょうか。これまでソウルスターリングには2戦2敗ですが3度目の正直で逆転なるかにも注目してみたいところです。

6枠12番 アエロリット

枠順に関しては申し分なしと陣営がコメントしているように外過ぎない偶数枠を引いたアエロリットにとっては希望の枠というところでしょうか。ここ2戦は重賞で2着が続き勝ち切れない競馬となっていますが、今回は馬場が味方となる可能性がありそうなところ。父クロフネ産駒といえばダートでの活躍が目立つパワータイプの子供が多い中で芝でも走る馬はいますが、芝では良馬場よりもやや重・重馬場の方が勝率では勝っているように馬場が渋って面白いタイプ。先行しての粘り込みを狙う脚質のアエロリットにとっても味方しそうな馬場と言えるのではないでしょうか。同様にクロフネ産駒のジューヌエコールは好枠の2枠4番を引いており、既に重馬場・やや重で結果を残しているだけにこれも注目でしょう。状態面に関しては本番を前にして前走は坂路での調整であったものをコースと併用しての内容に変えてきました。これまではコースで追っても4Fのみといった軽めの調整がメインでしたが今回は6Fからしっかりと追い切っているあたり、最終追い切りこそ輸送もあるので軽めの調整でしたが、全体的にみれば攻め強化とも見てとれる内容となっており変わり身にも期待してみていいのではないでしょうか。馬場がやや重~重にでもなれば一躍注目の存在となるのではないでしょうか。

7枠13番 ヴゼットジョリー

馬場が渋った際に注目してみたいのがヴゼットジョリー。この馬の父ローエングリンといえば、安田記念馬ロゴタイプが代表産駒となりますが、特筆すべきはその重馬場成績。良馬場での勝率が6.5%なのに対して、重馬場では13.8%と勝率が倍増するという典型的な重馬場巧者。その血を引き継いでいるヴゼットジョリーも当然重馬場での躍進には期待してみたいところではあります。実績的にも新潟2歳ステークスを制しているように力のある馬。前走は休み明けをアーリントンカップから始動しましたが、この中間は最終追い切りで新潟2歳S時以来の坂路コースを選択して終いに伸びのある動きを見せているように状態面の良化も顕著。馬場が渋れば1発あってもおかしくない馬であると言えるのではないでしょうか。

7枠14番 ソウルスターリング

外目の枠を引いてしまったソウルスターリングですが折り合いに難があるわけでもなく、寧ろスムーズにポジションをとれそうな枠は歓迎と言えるのではないでしょうか。4戦4勝という戦績で臨む1戦は枠順云々を敗因にしてはいけないというところでしょうが、1冠奪取へむけて態勢も万全といったところ。調整はいつも通りの藤沢流。特に強い負荷をかける追い切りはありませんし特筆して速い時計もありませんがいつも通り淡々と乗り込みを消化して何よりも予定通りに調整できているのが強調点。状態面に不安なしといったところではないでしょうか。気になる馬場対応については、ミスエルテの欄にて紹介した通り、父系からは馬場が渋っても対応可能と言えそうなだけに、余程の極悪馬場にならない限りは対応してくるのではないでしょうか。

7枠15番 アドマイヤミヤビ

外枠は歓迎というわけにはいきませんが、注目すべきはソウルスターリングの隣に入ったという点でしょうか。デムーロ騎手のすべきことはそれこそ、ソウルスターリングの後ろにピッタリとつけて直線で差込を狙うという競馬でしょうか。枠順云々はあるにせよ、レースは非常にしやすい枠に入ったといえるのではないでしょうか。状態に関しても前走クイーンカップ同様の調整パターンで1週前はコースで長めに。直前は坂路で終い重点という内容で直前の坂路の動きも軽快そのもの。仕上がりも良好と見て良さそうです。ただ気になるのは馬場状態でしょう。血統的にはこなしても良さそうなところではありますが、この馬の上にあたるグランアルマダは父こそ違うものの重馬場がからっきしダメな馬でした。そのあたりが兄弟で似ているとなると多少なりとも不安アリといったところでしょうか。

新聞

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

【浦和競馬】 ☆埼玉新聞栄冠賞(S3)イチオシ勝負馬を徹底分析☆

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

【東京重賞】 アルテミスS(G3)2歳牝馬路線の主役候補はこの馬…!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595717

【ファンタジーステークス2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 ファンタジーステークスへ向けての最終追い切りが栗東トレセンで実施されました。今週

記事を読む

S__4595721

【中京記念2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 中京記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。荒れ

記事を読む

S__4595715

【阪神カップ2017追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 阪神カップへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレーニングセンターで実施されました

記事を読む

S__4595716

【エルムステークス2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

エルムステークスへ向けての最終追い切りが札幌・函館競馬場で実施されました。夏の北海道競馬は滞在競

記事を読む

S__4595721

【東京新聞杯2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 東京新聞杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。安田記念へ向

記事を読む