桜花賞2017予想/傾向と対策

公開日: : 最終更新日:2017/04/05 重賞展望 , , ,

kawata_tuika14_960_720

【第77回】桜花賞の傾向と対策

『 今年の桜花賞は昨年より面白い!』そんな声を聞く。

そこで、いろいろ角度を変えながら、今年の桜花賞を分析してみた。

※ ここ10年の勝ち馬の枠順に目を通すと…
意外に、1番から5番枠までに勝ち馬はいない。
逆に、大外枠18番で2勝しており、9番枠も2勝。
他では、6番、7番、8番、10番、13番、15番となっている。

桜花賞2017予想/ここ10年の勝ち馬の枠順に目を通すと…

意外に、1番から5番枠までに勝ち馬はいない。
逆に、大外枠18番で2勝しており、9番枠も2勝。
他では、6番、7番、8番、10番、13番、15番となっている。

桜花賞2017予想/1番人気の成績は?

3勝、2着2回、3着0回。連対率は50%だが、勝つ確率は高くない。

桜花賞2017予想/勝ち馬の脚質をみると

逃げ切りはレッツゴードンキの1頭だけ。
好位は2頭、差しは3頭、追い込みは4頭。
明らかに、差し馬や追い込み馬に展開利が見込める。

桜花賞2017予想/対戦成績から

阪神JFは、1着ソウルスターリング、2着リスグラシュー。
チューリップ賞は、1着ソウルスターリング、2着ミスパンテール。
ここまでは、ソウルスターリングが一歩リードしていることは明らか。

ここで焦点になるのは、前走を勝利し、ソウルスターリングと対戦していない馬。
アドマイヤミヤビ、カラクレナイ、サロニカ、ライジングリーズン、
他には、路線を朝日杯FSに替えたミスエルテくらい。

順当に考えるなら、勝利に一番近いのはソウルスターリング。
だが、昨年メジャーエンブレムは1番人気に耐えられなかった。
ルメール騎手は今年も、自身との闘いになるだろう。
もし、ソウルスターリングを負かす馬がいるとすれば、
まだ手合わせしていない上記の馬ではないだろうか…

まだまだ若さが表に出ている3歳牝馬だけに、思わぬ落とし穴がある?

その点でも、昨年と違う桜花賞が待っている!と言えそう…

【天皇賞春】 天皇賞春(G1)淀の3200mを制するのはこの馬しかいない!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika21_960_720

東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 データ から傾向を分析!

東京スポーツ杯2歳ステークス・データからの傾向! 2017/11/18(土)開催 東京11R

記事を読む

asahihaiFS

朝日杯フューチュリティステークス2016出走馬徹底分析[4]~ミスエルテ他

日 阪神 朝日杯フューチュリティステークス! 4 2歳 朝日杯 FS 1600m芝 G1 馬齢

記事を読む

no image

【シルクロードステークス2017】1週前出走予定馬の動向をチェック!

1月29日の京都はシルクロードSです! 京都11R シルクロードステークス G3 芝1200m

記事を読む

kawata_tuika08_960_720

札幌記念2017/出走予定馬の1週前動向をチェック!

8月20日の札幌は札幌記念です! 2017/8/20(日) 札幌11R 札幌記念(G2) 3

記事を読む

阪神ジュべナイルフィリーズ

【阪神ジュベナイルフィリーズ2015】出走馬徹底分析[1]~アットザシーサイド他

阪神ジュベナイルF・徹底分析! 1 今年の阪神ジュベナイルフィリーズは抜けた存在の馬は

記事を読む