【桜花賞2017予想】浦和競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2017/04/09 管理人おしらせ , ,

管理人です。

地方競馬

南関東牝馬クラシック3冠の第1戦、桜花賞が浦和競馬場で発走となります。有力視されていた2歳女王のピンクドッグウッドが京浜盃にまわったため(2着)抜けた存在不在の混戦模様となっていますが、ここから東京プリンセス賞・関東オークスへと続く路線、まず1冠目を制するのはどの馬なのか?きっちりと予想を的中させて勢いに乗りたいですね!

桜花賞2017/注目馬

ステップオブダンス~社台グループが送る今年の刺客はこの馬!

南関東制圧を目論む社台グループが今年の牝馬クラシック戦線に送り込んできたのがこのステップオブダンス。前哨戦のユングフラウ賞で勝利を収めて一躍このレースの主役候補に名乗り出ましたが、キャリア4戦とまだまだ伸びる余地のある馬だけにこのレースで前走以上の走りを見せる可能性も十分にあると言えそうです。浦和1600mでは致命的ともいえる外めの枠を引いてしまっただけに、南関東リーディングの森泰斗騎手がいかにロスなくこの馬を導けるかが鍵を握るといえそうです。

アップトゥユー~実績最上位!1冠奪取へチャンス到来!

2歳女王決定戦の東京2歳優駿牝馬ではピンクドッグウッドの2着だったアップトゥユーですがこの馬自身、中央交流重賞のエーデルワイス賞で2着や、川崎のローレル賞勝ちがあるように実績は十分。ここ2戦は勝ち切れないレースが続いてはいますが、昨年の女王不在のここはチャンス到来の1戦と言えそうです。乗り慣れた北海道の阿部騎手に手が戻るのは好感と見たいところですが、特殊コースとも言える浦和のマイルを乗りこなせるかは疑問。枠も外めを引いてしまっただけに簡単なレースにはならなそうですが、地力の高さでどこまでやれるか注目してみたいところです。

スターインパルス~絶好枠から逃げ切り狙う!

浦和の1600mは内枠を引けただけでも圧倒的有利となりますが、3番枠と好枠を引き当てた逃げ馬スターインパルス陣営は内心ガッツポーズといったところではないでしょうか。スタートを決めればロスなくスムーズにレースが運べそうであり、後続は牽制しあうようならばまんまの逃げ切りも可能となってしまうかもしれません。地元浦和のNo.1トレーナーである小久保厩舎が送り込む馬だけに要注意と言えるでしょう。同様に小久保厩舎のアンジュジョリーについても流れ一つでチャンスはあると言えそうですが、2頭を比較すればやはり前者の方に魅力を感じるところです。

桜花賞2017その他の注目馬

前述の通り、浦和競馬場の1600mは内枠が圧倒的有利。ともなれば桃花賞の1.2着馬、シェアハッピーガロは非常に穴っぽい馬と言えますし、内でじっくり脚を溜めての末脚爆発の可能性を秘めたイクノチャンもマークしておきたいところです。堅実駆けという点ではグラスサファイヤも一考の余地はあると言えるでしょう。

地方競馬2

当日は元宝塚のトップスター愛華みれさんが来場してトークショーをするだけでなく、プレゼントイベントを実施するなどイベントも開催される浦和競馬場。レースにイベントにこれは楽しめること間違いなし!

お近くにお住まいの方、お近くでお仕事されている方は是非、浦和競馬場へ脚を運んでみてはいかがでしょうか?

そして浦和競馬でバンバン的中を手にしてしまいましょう!

【阪神G1】 朝日杯FS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

地方競馬

【サマーチャンピオン2018予想】佐賀競馬を徹底予想!

真夏の九州、佐賀競馬場で中央馬VS地方馬の激戦が予想されるサマーチャンピオンが8月14日に佐賀競

記事を読む

a1370_000218

【朝日杯FS2018予想オッズ・出走馬・騎乗騎手徹底分析】

今年の2歳馬の頂点に立つのは果たしてどの馬か、今週末は朝日杯フューチュリティステークスが発走とな

記事を読む

free30

【京成杯オータムハンデ2018出走馬・騎乗騎手・確定ハンデ徹底分析】

サマーマイルシリーズの最終戦ともなる京成杯オータムハンデが中山競馬場で発走となります。マイルチャ

記事を読む

free06

【京都新聞杯2017追い切り予想】ダービーへの最終切符を手にするのはこの馬!

管理人です。 京都新聞杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。ダー

記事を読む

S__4595721

【京都大賞典2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

京都大賞典へ向けて最終追い切りも終えて枠順も確定し発走が迫ってきました。今年はサトノダイヤモンド

記事を読む