大阪杯2017出走予定馬徹底分析[1]~キタサンブラック他

公開日: : 最終更新日:2017/03/30 重賞展望 , ,

kawata_tuika11_960_720

大阪杯2017徹底分析![1]

2017/4/2(日) 阪神11R 大阪杯(G1)

4歳以上オープン 2000m (芝) 定量戦

今年から格上げされたG1戦。これまでは前哨戦のG2レースだったのだが…
出走各馬の目指すところはどこなのか?

出走予定馬の1頭1頭を4回に分け、詳しく紹介していきます。

大阪杯2017/出走予定馬のポイント

☆ アングライフェン 5歳

今年に入り叩き4走目の闘いになるが、これまで目立つ走りは見せていない。
しかも、これまでに一線級との闘いはなく、キャリアの面でも見劣りは隠せない。
2000mでは3勝しているが、阪神コースでは2着争いがやっと。
どの角度から見ても、この馬の勝算が見つからない。

☆ アンビシャス 5歳

中山記念をひと叩きしての臨戦過程。今年も同じローテーションを踏んでいる。
昨年の大阪杯の勝ち馬で、キタサンブラックを捉えての勝利には値打ちがある。
1800mだと若干ペースが忙しいが、2000mだと余裕を持ってレースを進めている。
残念ながら馬体の成長は見られないが、無駄な肉がつかないのは、競馬にとってはいいこと。
ルメール騎手とのコンビから、福永騎手へとバトンタッチ。
福永騎手がシビアな競馬ができるかどうかで結果は決まる。

☆ キタサンブラック 5歳

菊花賞、春の天皇賞、ジャパンCのG1勝ち。年度代表馬でもある。
トータルの成績は、ダービーの14着以外は すべて3着以上。
昨年の大阪杯は、有馬記念以来のレースで、アンビシャスの2着だった。
今年の前半の青写真は、大阪杯から天皇賞、そして、宝塚記念となっている。
では、馬のピークはどこに持って行くのだろうか?
普通に考えるなら、大阪杯80%、天皇賞100%、宝塚記念90%の状態のはず?
なぜなら、昨年がそうだったし、京都コースは3戦3勝の実績があるから。
総合的な判断とすれば、今回は若干の割引が必要と考えたい。

☆ サクラアンプルール 6歳

昇級のオープン特別が2着、次の初重賞戦 中山記念が勝ち馬と3/4差の2着。
ここにきて力をつけていると認識しなければなるまい。
今回は更にメンバー強化されるので、ここで上位争いをするようなら、
堂々たるオープン馬と認めなければならないだろう。試金石の一戦。
阪神は初見参、中山の2000mでは2勝しており、直線の坂は克服できると考えたいが。

2 に続く…

大阪杯2017出走予定馬徹底分析[2]~サトノクラウン他

大阪杯2017出走予定馬徹底分析[3]~ディサイファ他

大阪杯2017出走予定馬徹底分析[4]~ミッキーロケット他

【必見情報】 ※神戸新聞杯(G2)レイデオロを負かし得る絶好の仕上げの注目馬が気になる方はクリック

【状態絶好】 オールカマー(G2)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【阪神競馬】 ダービー馬登場!今週の注目『神戸新聞杯(G2)』の出走馬情報

【中山競馬】 ★オールカマー(G2)秋の主役へ名乗りを挙げる注目出走馬情報★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free13

【シルクロードステークス2017】出走予定馬短評と予想のポイント

シルクロードステークス2017:予想のポイント 2017/1/29(日) 京都11R シルクロ

記事を読む

ブチコ2

【2015チューリップ賞(G3)】重賞展望

西・チューリップ賞! いよいよ桜花賞の甘い香りが漂ってきた。 上位3頭に優先出走権が

記事を読む

東京競馬場3

【2016京王杯スプリングカップ(G2)】出走馬短評と予想のポイント

土  東京  京王杯スプリングC! 1着馬に安田記念の優先出走権が与えられる。 持ち

記事を読む

fukushima_kinen

福島記念2016予想・馬券分析

日 福島 福島記念・馬券検討! 荒れるG3の重賞戦、ハンデが余計そうさせる。 過去の

記事を読む

2015tennoushow

天皇賞秋2016出走馬徹底分析[3]~ステファノス他

日 東京 第154回 天皇賞(秋)! 3 秋 天皇賞 3歳以上オープン 2000m芝

記事を読む