【毎日杯2017徹底予想】サトノアーサーの真の実力とは?

公開日: : 最終更新日:2017/04/02 広告・おしらせ , ,

管理人です。

高松宮記念の前日には阪神競馬場でクラシック戦線へ向けても注目の毎日杯が発走となります。過去にはキズナ・ディープスカイという名馬がここを勝ってから日本ダービーを制しており今年のダービー馬が出走馬の中にいるかもしれません。注目はなんといってもサトノアーサーでしょうが、果たしてこの馬は本当に大物なのでしょうか?

サトノアーサー~きさらぎ賞の雪辱を期す!
前走きさらぎ賞で圧倒的な1番人気に支持されたものの2着に敗退したサトノアーサー。それまでの前評判は早くも今年のダービー最有力候補とまで言われていた馬があっさり負けたことで競馬ファンも興ざめとなったことは記憶に新しいところではありますが、敗因はなんといっても重馬場。完全にこの馬の武器である末脚が鈍る馬場であったことを考えれば、良馬場で再度見直して当然というところでしょうか。これまで2戦2勝の阪神コースに戻って果たして大物と言われる所以をしっかりと見せつけ、ダービーへ向けて視界良好となるのかどうかには注目といったところでしょう。

クリアザトラック~クラシック血統の血が騒ぐ!
この馬の兄姉にあたるベルキャニオン・マウントシャスタ・カミノタサハラ・ラベンダーヴァレイに共通して言えることは3歳クラシック戦線に出走しているという点。かなりの高確率で3歳時から活躍している血脈だけにここで好走してクラシックへの出走権とも言える賞金を獲得するかどうかには注目してみたいところではあります。休み明けの前走500万下を多少身体に余裕がある馬体で勝利し叩き2戦目のここは当然好走を期待してみたいところではあります。

アルアイン~前走は不利が全てで巻き返し必至!
前走シンザン記念では6着に終わりましたが直線で痛恨の不利。行くところ行くところ壁になりブレーキをかけては加速の繰り返しでよく6着まで伸びることができたというのが実際のところ。まともな競馬ではなかったことを考えればここは当然見直しの手ということになるでしょう。再度休養に出てリフレッシュをはかっての休み明けの1戦にはなりますが、前走に目を瞑って、2走前のレース振りを評価するならばその末脚は要注意。サトノアーサーと同じディープインパクト産駒ではありますがこちらにも注目といったところでしょう。

毎日杯2017~その他の注目馬
今年の毎日杯はそれこそ上記3頭のディープインパクト産駒が人気の中心となりそうですが、そういった状況で黙っていないのがマイネル軍団総帥岡田オーナーが送り込むトラストでしょうか。中央転入後は重賞で勝ち切れない競馬を続けていますが、堅実な脚は評価しておく必要があるでしょうし、京成杯2着のガンサリュートであったり、札幌2歳Sで3着のアドマイヤウイナーといった重賞実績のある馬からも目が離せないといったところです。

新聞

それでは、今週末あなたにミラクル馬券的中があることをお祈りしております!

【浦和競馬】 しらさぎ賞(S3)南関東競馬必勝☆天皇賞の軍資金稼ぎはこちらから!

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free06

【日経賞2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 日経賞へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。目標は

記事を読む

調教スタンド

【京王杯2歳ステークス2016予想】追い切りも動き絶好の狙い馬は?

管理人です。 京王杯2歳ステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。

記事を読む

札幌調教

☆2016クイーンS(G3)☆追い切りから見るチェッキーノの不安とは?

管理人です。 クイーンステークスへ向けた最終追い切りが札幌競馬場・函館競馬場で 実施され、い

記事を読む

桜花賞S1

★2016桜花賞(S1)★浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ南関東競馬では春のクラシックシーズンの開幕。 桜花賞が浦和競馬場で開催

記事を読む

調教風景

★2016阪急杯(G3)追い切り★予想で抑えたい注目馬情報!

管理人です 高松宮記念へ向けての重要な一戦と位置づけられる阪急杯。 休み明けの馬も多いだけに

記事を読む