【フラワーカップ2017徹底予想】ファンディーナは大物なのか?

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
free33
3日間開催の中央競馬。最終日3/20(祝月)は中山競馬場でフラワーカップが発走となります。桜花賞へというよりはオークスへ向けてここを使ってくる馬も多い中で今年は大物と評されるファンディーナが出走してくるとあって注目を集めています。遅れてやってきたディープインパクト産駒の牝馬は果たして評判通りに大物なのでしょうか?

ファンディーナ~遅れてやってきた大物がベールを脱ぐ!
2戦2勝と土つかずで重賞へと駒を進めてきたファンディーナ。それこそ新馬戦が9馬身差の圧勝。続くつばき賞も危なげなく快勝し、ディープインパクト産駒の遅れてやってきた大物と評されています。狙いはもはや桜花賞というよりもオークスでしょうが、そのためにもここで賞金を加算しておきたいところ。鞍上の岩田騎手がベタ惚れしているとのことですがこれまでの2勝はともに京都コースでのもの。直線に坂がありトリッキーな中山競馬場に果たして対応できるかどうか。確かにこの2戦の強さを評価してもここが試金石の1戦と言えるでしょう。

デアレガーロ~東の2戦無敗馬も負けられない!
ファンディーナが西の2戦無敗ならば東の2戦無敗はデアレガーロ。ともに中山コースで新馬・500万下と連勝しているだけにコース経験のアドバンテージはこちらにあると言えそうです。そのレース振りは新馬戦が逃げ、そして500万下では先行粘り込みという競馬内容だけに今回も前目で運んでファンディーナの末脚を封じ込めるかどうかには注目してみたいところです。

ディーパワンサ~実績だけならメンバー随一!
阪神JF4着の実績はメンバーの中では抜けた実績とも言えるディーパワンサは中京2歳S勝ちもある実績馬。ここが休み明けの1戦となりますが強敵と戦ってきた経験がここで活きれば面白い存在となりそうです。とはいえ小柄な牝馬だけに関東圏へのはじめての輸送がどうかという点は不安要素となりそうです。あと欲をいえばこの休養でもう一回り馬体が成長していれば楽しみはありそうなところと言えるのではないでしょうか。距離的にはマイルよりもこれくらいの距離の方が合いそうな感もあるだけに馬体をチェックして問題なければ当然買いの1頭でしょう。

ハナレイムーン~休み明けを1度使って上昇気配!
新馬勝ちの後の休養明けの1戦、クイーンカップで5着としたハナレイムーンですが、その決め手はここでも注目の存在と言えるでしょう。初の右回り中山コースがどうかという点はありますが、血統的にも注目したい1頭だけにここは結果を求めたい1戦ということになるのではないでしょうか。ディープインパクト産駒はファンディーナだけに非ず。といったところを見せ付けるレースができるかどうかは注目したいところです。

フラワーカップ2017その他の注目馬
牝馬限定の重賞とくればその実績だけでなく、直前の状態や気配にも注意したいところですが、まずは2勝馬のコーラルプリンセスや中山コースに戻ってのトーホウアイレスにも注目しておきたいところではあります。ここ2年は連続して2桁人気の馬が馬券に絡んできているだけにノーマークの馬の激走にも注意が必要と言えそうです。

果たしてどのように馬券を買えば的中するのか、もう結論は出ていますか?

 

新聞

それでは、今週末あなたにミラクル馬券的中があることをお祈りしております!

 

【頂上決戦】 最強馬決定戦!今週の注目『天皇賞秋(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★スワンS(G2)天皇賞秋の軍資金が欲しい人はクリック★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

調教風景

【アルゼンチン共和国杯2016追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 アルゼンチン共和国杯へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施され

記事を読む

S__4595721

【ローズステークス2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 ローズステークスへ向けての最終追い切りが栗東トレセンで実施されました。アドマイヤ

記事を読む

free30

【ニュージーランドトロフィー2017徹底予想】馬場・枠順・状態面から狙うべき馬は…

管理人です。 中山土曜のメインレース、ニュージーランドトロフィーは翌日に控えた桜花賞を

記事を読む

小倉

【札幌2歳ステークス2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 札幌2歳ステークスは来年のクラシック戦線を占う意味でも注目の重賞。ここを

記事を読む

浦和競馬1

【2016ユングフラウ賞(S2)】浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 2月に入りまだまだ寒い中での冬競馬が開催されていますが、中央競馬だけでなく 地

記事を読む