【スプリングステークス2017】出走予定馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2017/03/15 重賞展望 , , ,

paddock_06

スプリングステークス2017:予想のポイント

2017/3/19(日) 中山11R スプリングステークス G2 芝1800m 3歳 オープン 馬齢戦

上位3頭に皐月賞への優先出走権が与えられるレース

持ち賞金1000万以上の馬はともかく、900万以下の馬にとっては必死の闘いに。

スプリングステークス2017:出走予定馬短評

スプリングステークス/出走予定馬[アウトライアーズ]

・ 派手さはないが、中山の2000mと、1600mで2勝を挙げている。
・ まだ3着以下はなく、底を見せていない馬と言える。
・ セールスポイントは追い込み。この相手に通用するなら、本番が楽しみになってくるが。

スプリングステークス/出走予定馬[ウインブライト]

・ 3戦目の東京1800mで初勝利、その2戦後の中山1800mで2勝目を挙げている。
・ 追われてからの脚はしっかりしており、中山の坂はまったく苦にしない。
・ デビュー時の馬体は前走で20k以上増えており、これは成長している証。

スプリングステークス/出走予定馬[エトルディーニュ]

・ 2戦目で初勝利したが、その後の7戦で勝ち鞍はない。
・ しかし、5着以下はなく、前走の共同通信杯では2着を確保している。
・ 持ち賞金は1000万を超えているが、まだ微妙な立場だけに、ここで出走を確実にしたいところ。

スプリングステークス/出走予定馬[オールザゴー]

・ ここまで5戦2勝、2着2回の実績だが、強い相手に闘った経験はない。
・ 大崩れはしないが、今回はこれまでよりメンバーが骨っぽくなるのが気掛かり。

スプリングステークス/出走予定馬[サトノアレス]

・ 休み明けの500万戦を勝利して挑んだ朝日杯FSで、見事な連勝劇を演じている。
・ 人気薄の代役で騎乗した四位騎手は、気楽な競馬ができたのは大きかった。
・ 今回は戸崎騎手になり、皐月賞を意識しての競馬、いかに平常心で臨めるかが鍵に。
・ 距離の1800mは、前走の内容からも問題はなさそう。

スプリングステークス/出走予定馬[トリコロールブルー]

・ 3戦2勝、2着1回。すべて2000mを使っている。
・ 走った場所が、中京、京都、東京と、すべて異なり、今回は中山になる。
・ 今回は 距離短縮、トリッキーなコース、メンバー強化と、厳しい条件下での競馬になる。

スプリングステークス/出走予定馬[プラチナヴォイス]

・ 2連勝してからが、2000mで6着、道悪の1800mで4着。
・ この馬は2000mは長く、良馬場が前提になることが分かった。
・ 切れる脚はないので、先行して粘り込む競馬しかできない。

スプリングステークス/出走予定馬[モンドキャンノ]

・ ここまで4戦2勝、2着2回。京王杯2歳Sを勝ち、朝日杯FS が2着。
・ 休養明けの一戦だが、賞金はタップリあるので、今回は本番に向けての叩き台。
・ 中山コース、1800mは未知数だけに、手応えを掴む走りとなりそう。

【状態絶好】 ※ジャパンカップ(G1)で狙うべき絶好調馬の馬名公開!

【最終勝負】 ☆京阪杯(G3)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★京阪杯(G3)ジャパンカップ後のボーナス$レース予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

race

京阪杯2017/出走予定馬短評と予想のポイント

京阪杯/予想のポイント 2017/11/26(日)開催 京都12R 京阪杯(G3) 3歳以上

記事を読む

東京競馬場4

【10/17(土)東京11R 府中牝馬ステークス】出走馬短評とレース展望

東京 府中牝馬ステークス! 西は3歳牝馬の闘い、こちらは古馬の牝馬の闘いになる。 看

記事を読む

kawata_tuika02_960_720

シリウスステークス2017/出走予定馬短評と予想のポイント

シリウスステークス/予想のポイント 2017/9/30(土)阪神11R シリウスS 3歳以上

記事を読む

kawata_tuika22_960_720

NHKマイルカップ2017予想/出走予定馬徹底分析[2]~ガンサリュート他

NHKマイルカップ2017徹底分析 2017/5/7(日) 東京11R NHKマイルカップ(G

記事を読む

kawata_tuika22_960_720

オークス2017予想/馬券分析

オークス/馬券分析 2017/5/21(日) 東京11R オークス/優駿牝馬(G1) 3

記事を読む