金鯱賞2017予想・馬券分析

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 重賞展望 ,

free37

金鯱賞2017:馬券分析

2017/3/11(土) 中京11R 金鯱賞(G2)

4歳オープン 2000m(芝) 別定戦

金鯱賞2017:予想

1着馬には大阪杯への優先出走権が与えられるレース。

日程が変更され、昨年の暮れに行われたレースが3月に。
勿論、昨年の金鯱賞がひとつの参考レースとなるが、
今回のメンバーは かなり強力。

金鯱賞2017予想[展開はどうなる?]

ロードヴァンドール、パドルウィールが前につける。
サトノノブレス、ヌーヴォレコルト、プロディガルサンは中団。
ステファノス、ヤマカツエース、ルージュバックは後方から。
平均ペースで淀みのない流れが予想され、4角まではそれが続く。
勝つには、4角で中団までにつける必要があるだろう。

金鯱賞2017予想[ここまでの結論!]

◎ 09 ステファノス 6歳

  • 宝塚記念が5着、秋の天皇賞が3着、香港カップが3着なら立派。
  • このレースをひとつの目標として調整してきており、力を出せる仕上がり。
  • 中団までに位置していれば、33秒台の末脚が生きる。
  • この馬に賭ける川田騎手の期待も大きい。

◯ 01 ルージュバック 5歳牝馬

  • ここまで闘ってきた相手は強力で、今回の相手は軽くなっている。
  • いきなりから力を出せるタイプ、2000mは許容範囲。
  • 左回りは、右回りよりスムーズな走りができる。

▲ 06 ヤマカツエース 5歳

  • 昨年の金鯱賞の勝ち馬であり、有馬記念4着は力をつけている証。
  • 今回のメンバーは昨年より骨っぽく、買い被りは避けたいところ。
  • その分、少し評価を下げた。

△ 10 サトノノブレス 7歳

  • 頼れそうで頼りない馬で、好走が続かない。
  • 鳴尾記念でステファノスを負かしているように力は持っている。
  • 中京コースでは3着以下がなく、秋山騎手の立ち回りひとつにかかっている。

× 13 ヌーヴォレコルト 6歳牝馬

  • 実力はあり、今回は叩き2走目になるが、前走の中山記念の内容が物足りない。
  • アメリカ、香港に遠征した疲れが、抜け切っていないとも受け取れる。
  • 中山牝馬Sにも登録していたように、方向性にブレがあるのは嫌気。

× 05 タッチングスピーチ 5歳牝馬

  • 休養明けだが、攻め動きには、大きく変わった印象はない。
  • これまでの戦歴からも、ルメール騎手でも好レースは望み薄。

× 12 パドルウィール 6歳

  • 金鯱賞は展開に恵まれ2着だったが、小倉大賞典では自分の競馬ができず敗退。
  • スンナリした流れは望めそうになく、2走前の再現はどうか?

× 14 ヒストリカル 8歳

  • 前走の小倉大賞典はうまく嵌ってくれた感じの2着。
  • 左回りより、右回りを得意としている。
  • エプソムC、毎日王冠からも、ルージュバックとは分が悪い。

× 02 プロディガルサン 4歳

  • 前走が12k増の馬体で2着だったが、相手はそんなに強くはなかった。
  • 4歳2勝馬だけに、決め脚勝負になるとつらくなる。

【札幌競馬】 スプリンター激突!今週の注目『キーンランドカップ(G3)』の関係者情報

【新潟競馬】 ★新潟2歳ステークス(G3)将来性◎の期待馬を一挙公開中★

【川崎競馬】 スパーキングサマーC(S3)川崎マイル決戦!予想公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

地方競馬2

フェブラリーステークス2017出走予定馬徹底分析[1]~カフジテイク他

フェブラリーステークス2017徹底分析! 2017/2/19(日) 東京11R フェブラリース

記事を読む

NHKマイルカップ2016

【2016NHKマイルカップ(G1)】出走馬徹底分析[4]メジャーエンブレム他

日  東京  NHKマイル・徹底分析!  4 今年のNHKマイルCは登録時で持ち賞金900万の

記事を読む

kawata_tuika07_960_720

天皇賞春2017予想/出走予定馬徹底分析[4]~ワンアンドオンリー他

天皇賞春2017徹底分析 2017/4/30(日) 京都11R 天皇賞春(G1) 4歳以上オ

記事を読む

アンビシャス1

【2015毎日王冠(G2)】出走馬短評とレース展望・予想[1]

東京 毎日王冠! ? さすがに、天皇賞を控える一戦だけに、この秋一番の豪華メンバー。 どの馬

記事を読む

kawata_tuika14_960_720

桜花賞2017予想/傾向と対策

【第77回】桜花賞の傾向と対策 『 今年の桜花賞は昨年より面白い!』そんな声を聞く。 そ

記事を読む