【フィリーズレビュー2017】出走予定馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2017/03/08 重賞展望 , ,

フィリーズレビュー2017:予想のポイント

2017/3/12(日) 阪神11R フィリーズレビュー G2 芝1400m 3歳牝馬 馬齢戦

上位3頭に桜花賞への優先出走権が与えられる。

持ち賞金が1000万円を切る馬にとっては、必死の闘いとなる。
正直、レベルはそんなに高くない。

フィリーズレビュー2017:出走予定馬短評

フィリーズレビュー/出走予定馬[アズールムーン]

・ 2戦目、3戦目の1400m芝で逃げ切り連勝、続く園田のダート戦は5着。
・ これで、芝のスピード競馬が合うことを認識したはず。
・ 今回は初めての阪神、久々のレースだけに、直線の坂が応えなければ。

フィリーズレビュー/出走予定馬[カラクレナイ]

・ 初戦こそ4着だったが、続く2戦は共に追い込みを決めて連勝。
・ 前回が阪神の1400mだったので、今回と同じ条件下での競馬となる。
・ 末脚に自信を持っているので、前さえ速くなってくれれば…

フィリーズレビュー/出走予定馬[クインズサリナ]

・ デビューからの1200mで連勝しているが、その後の4戦が凡走。
・ 前走の阪神JFは1600mとはいえ、15着で完全なバテ状態。
・ 距離は1ハロン短くなるが、直線の坂が応えなければいいが。

フィリーズレビュー/出走予定馬[ゴールドケープ]

・ 新潟と京都の1600mで2勝を挙げている。
・ 前走の阪神JFは頑張ったが6着。
・ スピードで押すタイプだけに、1ハロン短くなる1400mなら粘れるかも。
・ とにかく、3着までに入り、権利がほしいところ。

フィリーズレビュー/出走予定馬[ジューヌエコール]

・ デビュー戦からデイリー杯2歳Sまで3連勝。
・ 意気揚々と挑んだ阪神JFが、ムキになったこともあり予想外の11着。
・ 距離が応えたとは思えず、もしかすると直線の坂が災いしたのかも?
・ 今回は実績を残している1400mなので、改めて期待をかけてみる手か。

フィリーズレビュー/出走予定馬[タガノカトレア]

・ デビューから2連勝。ただし、1400mのダート戦で。
・ 小柄な牝馬だが、パワーとパンチ力を備えている。
・ 父の血が濃ければダート向きだが、それも今回でハッキリするだろう。

フィリーズレビュー/出走予定馬[ビーカーリー]

・ 1200mで2勝。1400mの紅梅Sでは、直線でカットされる不利があり3着。
・ 前走の1600mは展開不向きとはいえ、7着の凡走に終わっている。
・ 少なくとも1600mは長く、1400mはギリギリの距離とみるのが妥当。

フィリーズレビュー/出走予定馬[ベルカプリ]

・ 8戦目の京都1400m芝のヤヤ重で、クビ差ながら2勝目をマーク。
・ 先行粘り込みのタイプだけに、同型との兼ね合いが鍵になる。
・ 阪神は1600mで2着があるので心配はないが。

フィリーズレビュー/出走予定馬[レーヌミノル]

・ 阪神JFは差しに回って3着、前走のクイーンCは逃げて4着。
・ 京王杯2歳Sでは2着があるので、1400mまでの距離は得意とみていいだろう。
・ 今回の顔ぶれで勝ち負けできないようでは、桜は遠のいてしまうばかり…
・ もしかすると、桜花賞より、ここを目標にしているとも考えられる。

【波乱重賞】 シルクロードS(G3)京都競馬徹底攻略予想!←絶賛公開中

【東京開幕】 砂の強豪終結!今週の注目『根岸S(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

札幌競馬場ダート

【2015エルムステークス(G3)】1週前出走予定馬動向をチェック!

札幌 来週はエルムステークス! 真夏の札幌に著名なダート馬が集結します。 函館戦

記事を読む

中山競馬場2

【12/27(日)中山9R ホープフルステークス(G2)】馬券分析・予想

中山 ホープフルS・馬券分析! JRAはホープフルSを G2に格上げした。 これは、

記事を読む

kawata_tuika22_960_720

ファルコンステークス2017予想・馬券分析

ファルコンステークス2017:馬券分析 2017/3/18(土) 中京11R ファルコンステー

記事を読む

中山競馬場2

【3/26(土)中山11R 日経賞(G2)】馬券分析・予想

土  中山  日経賞・馬券分析! 1着馬に天皇賞の優先出走権が与えられる。 そのことからも、

記事を読む

race

チャレンジカップ2017/出走予定馬短評と予想のポイント

チャレンジカップ/予想のポイント 2017/12/2(土)開催 阪神11R チャレンジカップ

記事を読む